レントゲンを確認するドクターとナース

指先にしびれを覚えた経験はありませんか。しびれ方により様々な原因が考えられますが、 時にはそれが重大な病気のサインの時もあります。例えば脳や心臓、脊髄の異常、そして 糖尿病です。

今回はそんな指先のしびれの原因や病気の可能性について紹介します。 






指先のしびれ4大原因!病気の可能性とは


1)指先のしびれの初期・中期・末期の3つの症状

指先のしびれはその種類も様々ですが、危険度の高い指先のしびれを3つの段階でご紹介します。 

(1)指先が震えるようなしびれ

正座した時の足と同じで血流の流れが悪くなると神経と言うのは正常な働きが出来なくなります。

そのため動かそうとするときに指先だけが震えるように動くしびれやピリッとし たちょっとした痛みが初期段階です。 

(2)感覚が鈍くなる・なくなる

指先はもちろんの事、血流の圧迫の更なる進行が進むと神経はドンドン働けなくなっていきます。

そのため、しびれやちょっとした痛みを超え激痛が走ったり、まるで手袋をして いる上から物を触っているような感覚になっていきます。 

(3)その他の器官の感覚の喪失

指先の神経と言うのは行ってしまえば最も脳や心臓から遠い神経であるから最初に影響が出てきます。

そのため指先のしびれに加え徐々に「ろれつが回らない」「ものが2重に見える」「足がもつれる」など徐々に他の神経にも異常が出てくるようになります。

こうなってきたら脳の異常を疑いましょう。

2)指先のしびれの3大原因

指先のしびれの原因と考えられるものは無数にありますが、今回はその中でも注意が必要なものを大きく分けた中の3つご紹介します。 

(1)血流・神経の異常 

この場合が最も多い状態です。直接指先の神経に異常がある場合は勿論、先程指先のしびれの症状のところでも紹介しましたように、血流の流れが悪くなると神経と言うのは正常な働きが出来なくなります。

肩こりなどでも起こりますし、「心臓の異常」や「糖尿病」などで起こる指先のしびれもこのタイプです。

血流が早くなるような時にしびれがおきやすいのが特徴です。 

(2)脳の異常 

神経に命令を下す部分である「脳」になんらかの異常があっても指先にしびれが起こります。

この場合指先のしびれ以外にも「めまい」「ろれつが回らない」「ものが2重に見える」と言った他の症状の併発、そして急に起こって直ぐなくなる指先のしびれが特徴です。 

(3)脊髄の異常 

中枢神経のうちの脳以外のもう一つ「脊髄」に異常があっても指先に痺れを感じます。

指先のしびれが起きる原理は脳の異常の時と一緒ですが、こちらの場合は首を前後に倒したり背中を伸ばすとしびれが強くなる特徴があります。 

3)指先のしびれへ自分できる3つの対処法

先程紹介した原因の中の脳や脊髄の以上によるしびれであるようなら医師の診断が必須です。

そこでココでは血行・神経の異常によるしびれに対する自分で出来る3つの対処法についてご紹介します。 

(1)暖める

冷えや肩こりなどで起こる血行不良には暖めることが効果的です。

血中にある脂質である「動物性脂肪」は冷えれば冷えるほど固まる性質があるので暖めると血行が良くなります。 

(2)運動量を増やす

基本的に血中の脂質が増えることで血行不良が起こるのですからエネルギー消費量を増やすことでその脂肪分を減らすのが効果的です。

運動による体温上昇で暖める効果もあります。正しこれにより指先のしびれを逆に良く感じるようになる場合は心臓に異常がある可 能性もあるので注意が必要です。 

(3)摂取する栄養に気を配る

先程とは逆にエネルギー消費を増やすのではなく、摂取量を減らすと言うほう構成でのアプローチです。脂肪や糖分の摂取を控え抗酸化力が高い「ビタミンE」などの摂取を増やす食事がオススメです。

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard 

4)指先のしびれから考えられる3種類の病気

指先の痺れと言う症状から連想される病気はいくつもあります。その中でも可能性として高いものと、命の危険が高いことから注意しておきたいものを3つご紹介します。 

(1)糖尿病 

予備軍も含めて日本人の 10 人に1人、全国に 1,000 万人以上も居ると言われていますこの 病気が原因の指先の痺れの可能性がありあます。

糖尿病に罹ると血液中の「ブドウ糖」の 数値が上昇し血糖値が上がります。これにより神経細胞がブドウ糖にさらされ神経に異常 をきたし、指先のしびれや足のしびれとして発症するのです。

徐々にしびれる箇所が体中 満遍なく広がってきたらこの病気の危険サインです。 

(2)脳梗塞

血行不良が最終的にこれを起こすことが考えられます。

「動脈硬化」で脳内の血管が詰まることで脳細胞に血液が送られなくなり、その部分の脳細胞が壊死することによって指先の神経がしっかり働かなくなるのです。

指先と同時に口に痺れが起こること、そして急に起 こって直ぐなくなる指先のしびれが特徴です。 

(3)冠動脈疾患

血行不良で起こる指先のしびれが原因であれば心臓での動脈硬化が進み、この病気に至っている恐れがあります。

胸が激しい痛みに襲われることに加えて指先にしびれが起こる前に運動など「心臓に負担がかかったときにしびれる」かどうかが判断基準になります。 

5)指先のしびれが続く場合にすべき4つの検査方法

指先のしびれの種類は多く、一体何の原因であるかを見極めることがまず必要です。その ためここで3つの指先のしびれが続くときのための検査をご紹介します。

上記の指先のし びれの3大原因のところと合わせて参考にして下さい。 

(1)血液検査

最初に異常があることに気がついたならこの検査といってもいいぐらいの検査です。

血流 の以上に関して、糖尿病や特定の栄養素の不足などが原因である指先のしびれであればこの検査で原因の特定が出来ます。

どちらの病院でも 3500~6000 円と安く受けられる検査で す。 

(2)心電図

冠動脈疾患である「心筋梗塞」や「狭心症発作」のときには、心臓の筋肉「心筋」の電気 的活動にも異常が生じるので、心電図と言う検査が効果的です。

循環器系内科で2000 円から3000円で受けることが出来るのもポイントです。 

(3)MRI

脳の異常や脊髄の異常、心電図で「異常とだけ」分かったならばこの検査を受けることをオススメします。

コチラの費用は病院、撮影枚数などによって費用の差が幅広く3000 円から1万円ほどかかります。

場合によっては早い対応が必要な可能性があるものもあり、 そのまま専門医に見てもらえる総合病院で受けることをオススメします。 

MRI machine is ready to research in a hospital

6)指先のしびれが続く場合にすべき4つの治療法

検査により指先のしびれの原因がハッキリしたら以下のような治療法が必要です。

(1)食事療法 

前述の指先のしびれへ「自分できる3つの対処法とは」の「摂取する栄養に気を配る」でご紹介した内容と同じです。

とくに糖尿病であると診断されたら糖尿病専門医の診断を受けて判断を仰いで下さい。 

(2)運動療法 

こちらもも前述の指先のしびれへ「自分できる3つの対処法とは」の「運動量を増やす」でご紹介した内容と同じです。

とくに糖尿病であると診断されたら糖尿病専門医の診断を受け、判断を仰いで下さい。 

(3)薬物療法 

血流や神経の異常の治療の最終段階、心臓や脳の異常での指先のしびれの治療にはこの方法になります。安い糖尿病で1万5000円ほど、一番高い脳となってくると更に倍の費 用が平均でかかります。

念のため検査した病院でそれぞれ専門医による再度の診断を受け た後に治療を行って下さい。 

(4)ブロック注射 

脊髄の以上による指先のしびれであればこうした治療が必要です。費用は平均の額は 6000円程。神経の異常ですので脳神経外科での治療をオススメします。 

7)治療後の2つの予後とは

指先のしびれで治療をした後のそれぞれの注意点です。

(1)食事・運動療法又はブロック注射の予後

基本的に原因となるようなことを繰り返さないように心がけるだけがポイント。

比較的軽い治療ですんだとは言え、逆に言うと元の生活に戻れば同じ事を繰り返すので、今後の生活の注意点を治療後医師に必ず相談するようにして下さい。 

(2)薬物療法を受けた予後

基本的に上記の予後と同じことが言えますが、糖尿病でのインスリン治療を受けた後や脳梗塞で体に後遺症が残った場合、何もしないでいると障害を受けた機能はさらに衰えてしまいますので継続的な医師の診断を続けるようにして下さい。 

8)指先のしびれへ未然にできる3つの予防ポイント

(1)生活習慣の改善 

糖尿病や動脈硬化などの血行不良が問題の場合に生活習慣が大きく関ってきます。

食事・ 運動の内容や量、睡眠時間に注意を払うこと。飲酒や喫煙などの悪習慣をやめることをオススメします。 

(2)自身の体に合わせた運動や労働

年齢、体質でそれぞれの体への耐えられる負荷は変わってきます。

高齢者の重量物の運搬、普段運動をしない方の急激なスポーツで脊髄を傷めるケースもありますのでもし普段と違うことをするとき、労働など継続的に負荷がかかる場合は定期的な医師への相談をオススメします。 

(3)軽度な症状を放置しない

肩こりや寝不足、長時間の活動による疲れなどを放置すると指先のしびれという症状へと繋がる原因になりかねますので、放置しないで出直すようにすることが予防になります。 






今回のまとめ

1)指先のしびれの初期・中期・末期の3つの症状

2)指先のしびれの3大原因

3)指先のしびれへ自分できる3つの対処法とは

4)指先のしびれから考えられる3種類の病気

5)指先のしびれが続く場合にすべき4つの検査方法

6)指先のしびれが続く場合にすべき4つの治療法

7)治療後の2つの予後とは

8)指先のしびれへ未然にできる3つの予防ポイント