病院で診察を受ける女性の患者

指の関節が脹れている、関節の腫れに加えて痛みが生じている、指の関節が変形するように腫れている、などの症状がある方は放置せず、病院受診をした方がよいかもしれません。

気がつかない間に病気を発症しているかもしれないので、注意が必要です。指の関節の腫れの原因や対処法をお伝えします。






指の関節の腫れの3大原因!病気の可能性とは


1)指の関節の腫れの代表的症状

(1)手でボールを受けるような球技で、捕球に失敗した後に痛みをともなって指の関節が腫れる 

(2)指にこわばりがあり、指がうまく開かない状態で関節が腫れる

(3)指の関節に慢性的な痛みをともなって関節が腫れる

(4)指の第1関節だけが曲った状態で腫れる

2)指の関節の腫れの3大原因

(1)つき指

手でボールを受けるようなときに、ボールキャッチに失敗し指でボールを突いてしまうような状態になった後に、痛みをともなって指の関節が腫れてきます。

(2)加齢・指の使い過ぎによる指関節の変化や異常

加齢や指の使い過ぎなどで、指の関節部分の軟骨がすり減ったりすると痛みをともなう指の関節の腫れの原因になります。

(3)病気

指の関節系の病気が原因で、指の関節が腫れている可能性があります。

3)指の関節の腫れへの3つの対処法

(1)冷やす

指の関節の腫れが、つき指などの外傷に起因する場合は冷やすのが有効な対処法です。ただし、他の事が原因だと考えられる場合は、素人判断で指の関節を冷やすのはやめてください。

指の関節を冷やしたために症状が悪化する危険性があるので注意が必要です。

(2)温める

指の関節の腫れが、明らかに外傷以外の場合であれば温めることが有効な対処法です。手浴、使い捨てカイロ、湯たんぽなどを使用して指の関節を温めると

指の関節の腫れがやわらぐ場合があります。

(3)指を動かす体操をする

指の関節の腫れが、明らかに外傷以外の場合、または指の軟骨がすり減っている以外の場合は指を動かす体操をすることで指の関節の腫れがやわらぐ場合があります。

ただし原因不明の場合は症状を悪化させる危険性があるので、医師や専門職の指示を仰ぎ行うことをお勧めします。

Doctor and patient are discussing something, just hands at the table

4)指の関節の腫れの続く場合に考えられる3種類の病気

(1)関節リウマチ

関節にこわばり、腫れ、痛みなどをともなう病気です。指の関節に症状が出る方も多くいます。30~50代の女性が発症することが多いと

言われています。原因はハッキリとはわかっていませんが、免疫の異常により症状が関節に出現するのではないかと考えられています。

免疫異常なので、体内で自分で自分を攻撃している病気と例えられることがあります。

(2)変形性手関節症

変形性関節症が手や手の指に出現する病気です。指の関節部分の軟骨がすり減って腫れや痛みをともないます。加齢や指の使いすぎが原因だと考えられています。

(3)へバーデン結節

指の第1関節が腫れて曲がってしまう病気です。40代以降の女性が発症することが多いと言われています。原因は今のところ不明です。

5)痛みが気になる場合にすべき検査方法

診療科目は整形外科を選ぶようにしましょう。初診は近隣のクリニックでもかまいませんが、症状によっては大きな総合病院への紹介状が発行される場合があります。

(1)レントゲン(X線)撮影検査

指の関節にX線をあててレントゲン撮影をする検査です。関節の異常を発見するのに適している検査です。

(2)血液検査

指の痛みで関節リウマチが疑われる場合は、血液検査が用いられます。血液検査で関節リウマチ因子の数値を知ることができたり、炎症反応の数値などから関節リウマチと診断することができます。

Doctor and surgeon reading notes

6)痛みが続く場合にすべき治療方法

(1)薬物療法

内服薬や外用薬を用いて、痛みの軽減を図る治療方法です。痛みに対して鎮痛作用だけの対処療法だけの薬もありますが、痛みの原因が関節リウマチの場合は、抗リウマチ薬という種類の薬があります。

関節リウマチの原因と考えられている免疫異常を抑える効果がある薬です。また痛みの症状がひどい場合はステロイド系の薬が処方される場合もありますが、

副作用の心配もあるため、医師の説明を十分に聞いてから使用するようにしましょう。

(2)温熱療法

指の関節の痛みに対して温かさを加えることで、血流を良くして痛みをやわらげる治療方法です。(外傷などには逆効果になりますので注意が必要です。)

関節リウマチ、変形性手関節症、へバーデン結節などは温めることで指の関節の痛みがやわらぐことが多いようですが、関節の状態によっては温めることが逆効果になる場合もあるので医師やリハビリ専門職の指示にしたがいましょう。

医療機関ではホットパックという温める物(見た目がアイスノンのような感じで、温めてある物)を使用して治療する方法が多いです。

(3)運動療法

指の関節の可動域を広げる目的であったり、血流を良くする目的で運動療法が用いられる場合があります。ただし素人判断せずに医師やリハビリ専門職の指示にしたがい、無理のない範囲で行うようにしましょう。

(4)手術

関節リウマチがひどい場合は、手術で関節を人工関節に置きかえる治療をする場合があります。太股の付け根の痛みの原因が骨に起因する場合、その度合にもよりますが

安静を保ち、そのまま痛みが治まるのを待つ治療方法です。

7)指の関節の腫れへの2つの予防ポイント

(1)指を使わずに安静にする

指の関節の腫れの原因にもよりますが、ほとんどの場合、指を使う事をなるべく避けて生活することで指の関節の腫れの予防になります。

指を使わない生活は不便ですが、関節が腫れてかつ痛みを生じているときはなるべく指を使わないようにしましょう。

(2)食生活に気をつける

食生活を見直すことは、指の関節の腫れへの予防ポイントになります。

「関節は骨だからカルシウムを多くとればいいの?」と思う方もいるかもしれませんが、指の関節の腫れの原因によっては、カルシウム以外の食材を多く取り入れた方が予防効果が高い場合があります(例えばコラーゲンやグルコサミンなど)。

医師に相談したり、受診した医療機関に管理栄養士などがいれば管理栄養士に相談してみるのも1つの方法です。






今回のまとめ

1)指の関節の腫れの代表的症状

2)指の関節の腫れの3大原因

3)指の関節の腫れへの3つの対処法

4)指の関節の腫れの続く場合に考えられる3種類の病気

5)痛みが気になる場合にすべき検査方法

6)痛みが続く場合にすべき治療方法

7)指の関節の腫れへの2つの予防ポイント