医師の診断を受けている女性の患者

口内炎はとても辛いものです。特に上顎にできる口内炎は、下顎と違って、複雑な神経が集中している部分でもあります。そのため炎症が起こりやすく、辛い症状が長引くこともあります。

また何か病気が隠れている場合もある為、含めてご紹介します。



【要チェック】上顎に口内炎が?放っておけない5大原因


1)そもそもこれは口内炎?口内炎のチェック項目とは

(1)口内炎に白い部分がある

これは「アフタ性口内炎」と言われるもので、傷に白い膜が張っている状態です。

(2)口内炎に灼熱感がある

刺激で強い痛みがあり、粘液性のある唾液が出てきて口臭を伴います。これは「カタル性口内炎」の症状です。

(3)粘膜にびらんができて出血する

ただれた口内炎に膿が溜まるもので、これは「潰瘍性口内炎」の症状です。

2)上顎に口内炎ができた場合の代表的な症状とは?

最初の見た目は、違和感のある痛みから始まります。少し歯があたるだけで痛みが走り、酸っぱいものやしょっぱいものなどの刺激物に触れると、さらに痛みが増してきます。鏡で見ると分かりにくいですが、日が経つにつれ症状が悪化した時くらいに赤く炎症を起こしていることがわかります。

口内炎の痛みは様々ですが、約一週間くらいから完治するまで一ヶ月くらいかかる人もいます。口内炎は食事をする時が一番困難で、刺激の弱い食事をするようになるため、生活に支障が出てくることもあります。また炎症が強いほど、最近が全身を駆け巡ることになるため、免疫力が低下してきます。

3)何が原因?上顎にできる口内炎の5大原因とは

上顎は下顎とは違って、鼻の神経及び脳に近い部分なので、精密な神経が密集しています。免疫力や少しの刺激で口内炎が発症しやすい環境です。

(1)自律神経の乱れ

普段慣れた生活をしていても、いつもと違う事をするだけで疲労を起こしています。この疲労の蓄積が原因で自律神経が乱れ、免疫力低下します。

(2)ストレス

人間関係やいつも時間に追われるなど、いつでも気が張っている状態が長く続けばストレスになり、免疫力低下をします。

(3)栄養不足

ジャンクフードなど片寄った食生活をすると、ビタミンやミネラル不足を招き、免疫力が弱くなります。口内炎は栄養不足のサインでもあります。

(4)睡眠不足

慢性的な寝不足が続くと、免疫力が低下し、自律神経の乱れも生じてきます。

(5)機械的刺激

歯磨きなどで歯ブラシによる強い刺激や、入れ歯などの金具などの刺激など口内炎を起こすこともあります。特に上顎は下顎とは違って、頭蓋骨の領域であるため繊細であり、上顎は口内炎ができやすいのではないかと考えられています。

4)試せる応急処置とは?症状への対処方法とは

(1)ハチミツをつける

綿棒などで少し患部につけます。ハチミツがほどよくコーティングをしてくれ、刺激物から守って、さらに殺菌作用もありますが、唾液で流れて飲む場合があります。糖分があるので注意しましょう。

(2)ココアパウダーをつける

殺菌作用と炎症を押さえる効果があります。最初は刺激がありますが、糖分があり、たくさんつけたい気持ちになりますが、気になるなら準ココアを使いましょう。

(3)梅干しの皮をつける

梅干しの皮を少し患部につけます。刺激がありますが殺菌作用があります。刺激が苦手なら使用は避けましょう。

(4)塩をつける

昔から使われている対処法で、塩で殺菌効果があり、塩を直接つけるか塩でうがいするのが良いでしょう。

(5)市販薬をつける

病院へ行くのが一番いいのですが、市販薬を使いましょう。しかし、薬品を唾液と一緒に飲み込む場合があるので、使用する際には気を付けなくてはなりません。

Women doctors are arm in arm

5)これって病気?病気かどうかのチェック項目とは

(1)歯茎に白いものや赤いできものができた場合、膿がたまっていると考えられます。衛生上清潔を保つことで完治します。少しの痛みがありますが、ほとんど感じられません。

(2)口の中に黒い血豆があって違和感のある症状、粘膜が内出血を起こしている状態で、痛みがほとんどありません。この原因は歯ブラシがあたってしまい内出血を起こしたと考えられます。

(3)粘膜に透明な水ぶくれのようなものができます。これは、間違って頬の内側を自分の歯で噛んでしまって起こることが多いようです。

(4)歯茎に少し固いコブのような膨らみがある場合があります。ストレスを抱えて歯を食い縛ったり、歯軋りをする人に多い症状です。

(5)痛みはなく、口内炎のような赤い膨らみ、あるいは凹みのある形状のは注意が必要です。これは痛みがなく、初期の口腔がんを疑う場合があります。

(6)口内炎が出来たと同時に発熱があると何かの病気を疑う事があるので、早めの受診が必要です。

6)症状が続く場合に可能性のある4種類の病気

(1)口腔がん

上顎下顎、歯茎などにできるのが口腔がんです。初期は口内炎のような症状で痛みがありません。原因のほとんどが喫煙と言われています。

(2)歯肉腫

女性ホルモンのバランスの乱れが原因で、良性の腫瘍ですが、骨の吸収が進み最悪の場合、歯がぐらついて抜け落ちる病です。特に上顎は柔かいため、骨の吸収が早いと言われています。

(3)イボ感染

感染ルートは様々ですが、指にできたイボが影響することでも感染症を起こしてしまいます。これは口腔内なら上顎下顎関係なく、唇の裏などにもイボができます。

(4)ベーチェット病

口内炎だけにとどまらず、腸や血管や皮膚などにも炎症が現れる疾患です。全身に症状が出てきた場合、この病気を疑う事が多いようです。

7)症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

一般的な普通の口内炎の場合、歯科で受診ができます。しかし、重大な病気の可能性が隠れている場合があるため、体のだるさ、微熱など少しでも症状がおかしいと感じたら内科を受診し、血液検査など行います。

(2)治療方法

一般的な口内炎は症状が軽い場合、何もせずに2週間ほどで完治しますが、アフタゾロン入りなどのステロイドの入った軟膏を塗ったり、貼るタイプの物、スプレータイプの薬が処方されます。

またウィルス性の物、病気が原因の物に関しては、レーザー治療や飲み薬で対応していきます。レーザー治療に関しては、保険適用でききませんが、費用は1,000円程度です。それと初診料などが加算されます。

8)日常から改善を!上顎にできる口内炎への予防習慣とは

ビタミンとミネラル、食物繊維を重点とした食生活を送りましょう。そして、なるべく朝昼晩と規則正しい時間に食事を取るようにしましょう。睡眠はたっぷり8時間は取るようにすることが重要です。寝ている間には成長ホルモンの分泌が盛んになるので就寝は10時からが理想です。

ストレスをためてしまうと、自律神経が乱れ、副交感神経が興奮し血流も悪くなり、内蔵の機能も低下して免疫力が減少してしまいます。ストレス軽減を意識して過ごすことが大切になります。また軽く汗をかく程度の運動をしましょう。時間がない方は、なるべく意識して階段を使ったり、歩行数を多くしたり、心拍数を上げて血流を良くしましょう。



まとめ

1)口内炎はピーク時には赤く強い痛みがあります

2)口内炎は見た目より痛みの症状から始まります

3)特に上顎は神経に敏感な場所です

4)疑う病気は4種類あります

5)歯ブラシのしすぎや義歯があたって口内炎になる事もあります

6)普通の口内炎に見えても病気が隠れている場合があります

7)口内炎は歯科、内科で受診できます

8)口内炎は食生活、生活習慣などを見直す事で予防できます