歯の模型と新緑の背景

強く噛むと歯が痛いという経験はありませんか。歯が痛いというとすぐに虫歯だと思ってしまいますが、実は他の原因でも歯の痛みが発生する場合があります。

強く噛むと歯が痛い症状が出たときにはどうしたらよいでしょう。そうならないための予防方法を紹介します。



【3大原因】強く噛むと歯が痛い?要チェックの原因を解説


1)歯が痛い場合に考えられる3大原因とは?

強く噛むと歯が痛いといったとき、ズキズキと痛みが続く場合や噛んだときだけ痛みを感じるといった場合、偏頭痛を伴う場合などがあります。それぞれ原因によって異なる症状が現れます。

(1)虫歯菌

食後の歯磨きなどが不十分な場合、口の中の虫歯菌が繁殖して虫歯を引き起こしてしまいます。虫歯になると歯の根っこの骨の中に膿が溜まり死刑が腫れることによって歯の痛みが発生します。

(2)歯にひびが入った

歯を強くかみしめるクセがある人の場合、その習慣が長く続くと歯にひびが入ることがあります。一旦、歯にひびが入って割れてしまうと噛むたびにひびが広がって、痛みを感じるようになります。

(3)歯の回りの炎症

体の中の歯回りの部分が炎症を起こす他結果、歯に痛みを感じる場合があります。この場合、痛みを取り除くためには炎症を起こした箇所を治す必要があります。

また偏頭痛が続いた結果。痛みの範囲が広がり歯が痛くなるというケースもあります。

2)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

強く噛むと歯が痛む場合、原因にかかわらず早めに病院に行くべきです。ただし、夜間など病院が開いていない時間帯の場合には、一時的に症状を和らげるために鎮痛剤を服用します。

その場合、翌日に病院へ行った際には症状と共に飲んだ鎮痛剤のことも医師に伝えてください。どの症状であってもそのまま放置して治ると言うことはありませんので、悪化する前に診察してください。

3)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

冷たいものや暖かいものがしみて歯が痛いという場合、虫歯が進行している可能性があります。またズキズキとした痛みが続く場合には、虫歯が進行している可能性が高いため、すぐに歯医者さんに行って治療を始めてください。

また歯以外の体の部位が原因で歯が痛む場合、例えば副鼻腔炎を発症したときなどは、歯医者さんでは治療できないため、他の病院との連携が必要になりますので、症状はできるだけ正確に伝えるようにしてください。

Doctor to write to the medical record

4)病気の可能性とは?考えられる3種類の病気

(1)虫歯

歯が痛む原因として真っ先に考えられるのが虫歯です。虫歯が原因である場合には強く噛んだ場合だけでは無く、ズキズキとした痛みがずっと続き、強く噛むと歯に激痛が走るようになります。

(2)歯根膜炎

歯根膜炎とは、歯の周辺に存在する膜が炎症を起こした結果痛みを起こすものです。歯根膜炎は虫歯菌に侵されることや、歯に強い力が掛かりひびが入った場所が最近に感染することが原因で発症します。

(3)副鼻腔炎

副鼻腔炎は上の歯の根に接している副鼻腔が炎症を起こす病気です。副鼻腔炎を発症すると歯痛が起きます。また歯だけでは無く、偏頭痛を伴うことがあります。

5)症状が続く場合に試される可能性のある検査・治療方法

(1)検査方法

歯が痛いという場合、最初は歯医者さんに行くと思います。歯医者さんでは、痛みの原因を特定するためレントゲン撮影や歯周病の検査のために歯周ポケットの深さを調べるといった検査を行います。

(2)治療方法

虫歯の場合、歯の根っこの治療を行います。場合によっては細菌に感染した歯の神経を取り除き消毒します。歯根膜炎や副鼻腔炎の場合、炎症を取り除くために抗生物質の投薬を行います。

また歯周病の治療のためにプラークや歯石を除去し、歯のぐらつきを止めるため再生治療を行う場合もあります。それぞれの治療によって期間は異なってきますが概ね1週間から2週間掛けて治療を行います。

治療費用は虫歯などの進行具合によりますが、一回の診療で2000円から5000円程度掛かります。

6)日常から改善を!強く噛むと歯が痛い症状への予防習慣とは

強く噛むと歯が痛いという症状にならないためには日常から改善すべき習慣があります。まずは毎食後必ず歯を磨き、歯と歯茎を清潔に保つようにしましょう。

そして、歯に不要な負担を掛けないために、できるだけ歯をくいしばらないようにしましょう。もしスポーツなどをやっていて歯を食いしばる必要がある場合には、マウスピースを作って歯に掛かる負担を軽減しましょう。



今回のまとめ

1)考えられる3大原因とは

2)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

3)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

4)病気の可能性とは?考えられる3種類の病気

5)症状が続く場合に試される可能性のある検査・治療方法

6)日常から改善を!強く噛むと歯が痛い症状への予防習慣とは