患者の診察を行う男性医師

日常で物をつかむときや握る時に手の甲に痛みが発症し、何かの病気でないかと気になったことはありませんか。

今回の記事では、手の甲の痛みの原因や手の甲の痛みが続く場合に考えられる病気、未然にできる予防ポイントなどについて紹介していきます。



手の甲の痛みの3大原因!病気の可能性とは


1)手の甲の痛みの3大原因

 症状として手の甲に痛みがある方は、動作により痛みを発症する場合がほとんどでしょう。「つかむと痛む」ケースや「握ると痛む」場合が考えられます。

(1) 骨折

手の甲には中手骨という骨があります。中手骨が骨折することで腫れを発症し指が動かしづらい、痛みが出る場合があります。

専門家である整形外科にて診察を受けましょう。

(2) 腱鞘炎

指の曲げ伸ばしにより、手の甲にある腱鞘が炎症を起こすことで腱鞘炎を発症することがあります。腱鞘炎を発症すると、腫れはあまりなく何もしていなければ痛みを発症することは少ないようです。

ただし、物をつかむや手を動かす時には痛みを発症することがあるようです。

(3) 病気

ガングリオンやリンパ浮腫の病気を発症すると、手の甲などの皮膚の下で腫れることで、神経が圧迫されて痛みを発症することがあるようです。

また、足にできることが多い痛風が手にできることで、症状として手に激痛が出ることがあります。

2)手の甲の痛みへの対処法

(1) 病院へ

手の甲が痛い状態が続く場合に、骨折など原因が本人にも分かっている時であっても病院の専門家に診察してもらい痛みに対してどのように対処すれば良いのか医師の指示を仰ぎましょう。

手の甲の痛みが続くのに放置していると、痛みがいつまでたっても治まらない、後遺症が出てしまうなどの可能性があります。

また、手の甲の痛みはガングリオンや痛風などの病気である可能性もあるので専門家である医師の診察を受けて適切な対処をするようにしましょう。

(2) 安静

医師の診断のもと手指の動作による炎症や女性ホルモンによるものであれば、医師から痛み止めなど症状にあった薬を処方してもらい安静にといわれることもあります。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

3) 手の甲の痛みが続く場合に考えられる3種類の病気

(1) ガングリオン

皮膚の下にがんができる病気です。症状は、痛みを発症することは少ないようですが、神経のそばにがんができて神経を圧迫することで手の甲に痛みが発症することがあるようです。

(2) リンパ浮腫

リンパの圧迫や狭窄により、リンパ管の中身が外に染み出てくる病気です。症状は、リンパ管の内容物が染み出ることで皮膚の腫れやむくみといった症状が出ます。

リンパ浮腫は原因不明の一次性と子宮がんなどの手術後に発見される二次性がありますが、発症者は二次性のほうが多いようなので若い女性に多いといわれています。

放置していると、像皮症になる可能性があるのでがんの手術後などにこのような症状が見られたら内科に早めに相談に行きましょう。

(3) 痛風

尿酸の結晶が、関節などに付着することで炎症を起こし発症する病気といわれています。症状は、強い痛みと患部の腫れ、発熱などを発症するといわれています。

発症する人の9割は、活動的であり肉やアルコールを大量に摂取することの多い男性にみられるようです。

4)手の甲の痛みが気になる場合の検査方法

手の甲の痛みが気になる時は、内科か皮膚科、整形外科にて診察を受けましょう。

(1) 診察

診察では、医師による問診や腫れや痛みの確認のための触診を行なうことがあります。

(2) 画像検査

触診だけで診断ができない場合には、レントゲンやCT、MRI検査を行なうことがあります。画像検査では骨の異常などを検査します。

(3) 血液検査

リウマチ関節炎の可能性を排除するために、血液検査を行なう時があります。

Medical doctor woman looking in clipboard

5)手の甲の痛みが続く場合にすべき5つの治療方法

(1) 安静

手の甲の痛みが腱鞘炎の場合、炎症を治めるために安静にする必要があります。シップなどを貼り様子を見ることもあります。

(2) ギブスによる固定

骨折の場合、整形外科にて治療のためにギブスで固定することがあります。骨折で適切な治療を行わなかった場合、指の動作に支障が出るなどの後遺症が出ることがあります。

(3) 手術

骨折で適切に対処を行わなかった場合、手術による治療が必要になる場合もあります。また、ガングリオンの場合も治療しても再発が続くようなら、袋を取り除く手術が行われることがあります。

(4) 穿刺治療

ガングリオンであれば、患部に注射器を刺して吸引するという方法をとる場合があります。

(5) レーザー治療

ガングリオンであれば、患部にレーザーを当てて除去することで治療する場合があります。

6) 手の甲の痛みへ未然にできる予防ポイント

(1) 専門医への相談

手の甲の痛みは、さまざまな病気の可能性があるので早めに専門家である医師に相談することが手の甲の痛みの重症化や後遺症を予防するポイントです。

(2) 生活習慣

姿勢が猫背のPC作業だと、手指などの使われている筋肉や関節への負担が大きくなり腱鞘炎を発症する可能性があります。

筋肉や関節への負担を解消できるように体をリラックスさせる生活スタイルを送ることが手の甲の痛みへの予防になります。

(3) 運動習慣

日常生活の中で溜まった筋肉や関節の疲労を解消できるように、日課としてストレッチを行なうことは痛みへの予防になります。



今回のまとめ

1)手の甲の痛みの3大原因

2)手の甲の痛みの2つの対処法

3) 手の甲の痛みが続く場合に考えられる3種類の病気

4)手の甲の痛みが気になる場合の3つの検査方法

5)手の甲の痛みが続く場合にすべき5つの治療方法

6) 手の甲の痛みへの未然にできる3つの予防ポイント