手のかゆみ

虫に刺されたり、傷テープや葉っぱでかぶれたりして、手のひらがかゆくなることって、誰でも一度や二度は経験があると思います。

意外な原因が潜んでいることもあります。今回は手のひらのかゆみの原因・考えられる病気の可能性・対処方法などを紹介します。 






手のひらのかゆみの6大原因!対処方法とは


1)手のひらのかゆみの5つの種類と特徴 

(1)手のひらが赤くなってかゆくなる 

なんらかの原因によって、手のひらに炎症を起こしてかゆくなるケースです。 

(2)手のひらが固くなってかゆくなる 

湿疹などが原因でかゆくなっているケースで、掻くことを繰り返すことにより、手の皮膚が厚くなってきます。 

(3)手のひらがカサカサになってかゆくなる 

洗剤や化学的物質などの物理的な原因によって、手のひらから水分が奪われて乾燥し、かゆくなるケースです。 

(4)水疱が破裂してかゆくなる 

原因不明の水疱が出来て、それが破れることによってかゆくなるケースです。 

(5)白いかさぶたのようなものが出来てかゆくなる 

手のひらが細菌感染することによってかゆくなるケースです。 

2)手のひらのかゆみの6大原因 

(1)洗剤 

水をよく使う職業や主婦、手を頻繁にあ会う癖のある人の場合、手のひらから水分が奪われて、かゆくなるケースが見られます。 

(2)細菌 

手のひらが細菌感染を起こすことによって、かゆくなるケースが見られます。 

(3)虫さされ 

蚊やノミなどの昆虫に刺されることによって、かゆくなるケースが見られます。 

(4)貼付剤 

傷テープやその他の貼付剤によってかぶれた時に、かゆくなるケースが見られます。 

(5)ストレス 

原因不明な手のひらのかゆみがある場合に、ストレスの可能性が疑われることがあります。 

(6)アレルギー 

やはり、原因不明な手のひらのかゆみがある場合に、アレルギーの可能性が疑われることがあります。 

診察を受ける女性の患者

3)手のひらのかゆみへの4つの対処方法 

(1)保湿 

手のひらの乾燥がかゆみにつながっている場合には、保湿クリームなどを用いて乾燥しないように気をつけます。 

(2)手袋 

薄い生地でできた手袋などをすることによって、手のひらへの刺激を避けるようにします。 

(3)休養 

体力が落ちてくると免疫力も低下してしまうので、睡眠と栄養をしっかりとって休むようにします。 

(4)かゆみどめ 

虫さされやかぶれによるかゆみには、市販のかゆみ止めを一時的に使うとよいでしょう。 

手のひらのかゆみが一時的なものでしばらくすると治まってしまう場合は心配しなくてよいですが、あまりにも長く続いたりたびたび繰り返す場合には、専門家の意見を聞くようにしましょう。 

4)手のひらのかゆみが続く場合に考えられる5種類の病気 

(1)手湿疹 

飲食業のキッチンなど水をよく使う職業の人や、家事を担当している専業主婦の人などによく見られるのがこの手湿疹です。 

いわゆるところの「手荒れ」というやつで、手のひらのから水分が奪われることによって乾燥し、角質がはがれおちれしまいます。 

そうして皮脂の奪われた手のひらは、外部からの刺激に弱くなってしまい、炎症を起こしてかゆみが出てしまいます。 

(2)異汗性湿疹 

夏の間によく起こる湿疹で、現在のところ原因が分かっていません。手のひらや指の腹に水疱が出来て、それが破れることによってかゆみにつながります。 

(3)掌蹠のう胞症 

手のひらや足の裏に小さな水疱やのう胞が出来る疾患で、現在の所原因は分かっていません。アレルギーや細菌感染がその原因ではないかといわれています。 

(4)手白癬 

手にできる水虫のことです。水仕事を行う人が比較的なりやすいですが、かゆみ自体はそれほど強くはありません。 

(5)慢性湿疹 

手のひらが局所的にかゆくなる疾患です。やはり原因はよく分かっていませんが、慢性的なストレスがその要因ではないかといわれています。 

Doctor listening to patient

5)気になる場合にすべき3つの検査方法 

手のひらがかゆくなった場合には、一般的には皮膚科を受診します。皮膚テストに関しては、検査材料によって費用が異なってきますので、心配な方は事前にお医者様に相談するとよいでしょう。  

(1)視診 

通常の湿疹であれば、視診である程度は容体が判別できます。 

(2)血液検査 

アレルギーが疑われる場合に行われる検査です。検査をする病院によって費用はまちまちです。 

(3)顕微鏡検査 

手白癬が疑われる場合には、細菌感染の有無を調べます。 

6)気になる場合にすべき2つの治療方法 

(1)塗り薬 

ステロイド製剤などの薬を塗って治療します。 

(2)飲み薬 

抗ヒスタミン剤などを内服することによって治療します。 

7)手のひらのかゆみへの予防ポイント 

手のひらのかゆみは病気とまで言えるほどのものではないですが、物理的な原因の他にストレスの関与も指摘されることが多いです。 

症状が続く場合には、手を休めるだけでなく、睡眠や食事などの生活習慣を見直すことも大事になってきます。 






今回のまとめ 

1)手のひらのかゆみの5つの種類と特徴 

2)手のひらのかゆみの6大原因 

3)手のひらのかゆみへの4つの対処方法 

4)手のひらのかゆみが続く場合に考えられる5種類の病気 

5) 気になる場合にすべき3つの検査方法 

6) 気になる場合にすべき2つの治療方法 

7)手のひらのかゆみの予防ポイント