デスクの医者

大半の人が体にできる発疹の症状を経験したことがあると思います。痒みや痛みがあるものから、何も感じないものまで様々です。また、発疹の場所も頭から足の先まで場合によって様々な場所にできます。今回は手のひらにできたぶつぶつで場合に考えられる症状を説明します。



手のひらのぶつぶつはなに?3つの病気のリスクと対処法


1)症状チェック!手のひらのぶつぶつの3つの種類と症状の違い

(1)赤くなる

手の平に赤みを帯びた発疹が広がる場合があります。見ただけで症状がわかり、痒みや痛みを伴う場合があります。

(2)白いかさぶた

手の平にできるブツブツが白くかさぶたのようで、触ると固いです。この症状の場合は細菌感染が原因の場合が高くなります。

(3)水泡

水ぶくれのようなぶつぶつが手にでき、外部からの刺激により破れることによって汁がでて、痒みを伴います。

2)何が原因?てのひらがぶつぶつしてしまう3大原因とは

(1)アレルギー

植物や動物などに対するアレルギー反応により蕁麻疹のような痒みのあるブツブツが手にできる場合があります。該当する動植物に触れることで肌の防衛機能が反応し、湿疹を伴います。

(2)虫さされ

ムカデやダニ、蚊や蜂などの虫に刺されるまたは触れることで痒みや痛みを伴う湿疹が手のひらにできる場合があります。この場合はすぐに病院を受診する必要があります。

(3)細菌

手の平に切り傷などがある場合にそこから細菌が入り、炎症を起こし、痒みや痛みを伴う湿疹を起こす場合があります。

3)応急処置はある?痛みへの対処方法

以下は応急処置であり、根本的になおすためには早い段階で病院(皮膚科)で診察をしてもらうことが必須です。

(1)保湿

乾燥すると痒みや痛みの症状が強くなる場合があります。なるべく保湿クリームなどで乾燥をしないようにしましょう。

(2)清潔にする

手のひらの湿疹により炎症や傷などができるとさらに細菌などの侵入がしやすくなります。そのため、石鹸でこまめに手を洗い清潔を保ちましょう。

(3)手袋を着用

手袋を着用することで外部からのダメージや刺激をなるべく最小限にするようにしましょう。

Woman Having Chemotherapy With Nurse Using Digital Tablet

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

(1)異汗性湿疹

手のひらに沢山の水泡ができるのがこの病気の特徴です。かゆみはあまりありませんが、指の側面に沢山の水泡ができ違和感を覚えます。水泡は小さいものがほとんどですが、くっつき大きくなる場合があります。自然と水泡が無くなる場合がありますが再発の可能性も高い病気です。

(2)アレルギー性接触皮膚炎

金属や動植物、革製品に対するアレルギー反応として赤斑が広がります。痒みを伴い水泡になる場合もあります。症状が治ったあとも色が残る場合が多いです。

(3)掌蹠膿疱症

足にできる水虫とよく似た症状で小さな水ぶくれが先にでき、そのあと膿泡に変化します。はじめにかゆくなりますが時間がたつと痒みはおさまります。治ってもまた再発する可能性が高い病気と考えられています。

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

(1)顕微鏡検査

手の平の組織を採取し、顕微鏡で原因となる菌を調べます。水虫の症状と似ている場合がこの検査で調べることができます。

(2)バッチ検査

アレルギーによる症状の場合はこの検査を実施します。2日間ほど検査用絆創膏を貼り、皮膚が赤くなれば陽性となります。検査費用は5000円ほどです。

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

(1)薬物投与

アレルギーの症状である反応を抑えるため抗ヒスタミン剤を服用することで症状を抑えます。症状により服用期間は異なりますが、費用は1万円以下で治療できるのが一般的です。

(2)ステロイド塗り薬

痒みや痛みの症状が強い場合は効き目の強いステロイド軟膏を使用し、症状が和らいでくると弱い軟膏に変更して治療を行います。症状によって期間や使用する軟膏も異なります。

7)生活習慣から予防を!手のひらの疾患への予防習慣

(1)清潔にする

手には何千というウィルスや細菌が存在するといわれています。日ごろの生活の中でドアの取手やエレベーターのボタンなどから他の人からも沢山の細菌が移動します。トイレはもちろん、帰宅のさいには石鹸を泡立てて手を洗うようにし、旅行時には手の消毒液などを携帯するようにしましょう。頻繁にさわる携帯やPCのキーボードをキレイにしておくのも重要です。

(2)動植物にはじかに触れない

動植物や虫には自分を外敵から守るために毒をもつものが多くいます。そのため、珍しい植物でも直に触ることはせず手袋をして触るようにしましょう。家庭農園や畑いじりをする際も手袋は必ずするようにしましょう。

(3)免疫力を下げない

手のひらも含めて肌の湿疹などの異常は免疫力に関係します。免疫力を下げないように睡眠は6時間以上、運動不足にならないようにジョギングやヨガなど、また湯舟や温泉にいくことで体を温めることを日常的に行うようにしましょう。



今回のまとめ

1)症状チェック!てのひらのぶつぶつの3つの種類と症状の違い

2)何が原因?てのひらがぶつぶつしてしまう3大原因とは

3)応急処置はある?痛みへの対処方法

4)症状が続く場合に・・考えられる3種類の病気とは

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

7)生活習慣から予防を!手のひらの疾患への予防習慣