ナースに問診を受ける男性と女性の患者

仕事中や冠婚葬祭の行事中にしゃっくりがでてしまい困ったことはありませんか。しゃっくりが出てもすぐになおるだろうとあまり気にしない人は多いと思いますが、思わぬ病気の可能性だってあります。

今回はしゃっくりが続く場合、よく出る原因や病気の可能性、対処方法をお伝えします。






しゃっくりがよく出る・・!考えられる原因と3つの対処方法とは


1)知っておきたい・・しゃっくりの2つの種類と症状の違い

(1)呼吸によるしゃっくり

呼吸をつかさどる肺や横隔膜の働きに異常がでるとしゃっくりがでます。急激に息をすいこむようなしゃっくりがでます。

(2)神経によるしゃっくり

酔っぱらった人がしゃっくりをしているのを見たことがあると思いますが、それは神経への刺激からくるしゃっくりです。

2)どうして出るの?しゃっくりがよく出る場合の2つの原因

(1)横隔膜の痙攣

しゃっくりは横隔膜が痙攣することによって起きる呼吸の異常といわれています。横隔膜は肺の下にある筋肉のことをいい、その筋肉が上下に動くことで肺が膨らみまたは縮み呼吸をします。

その筋肉がなんらかの刺激をうけることで痙攣がおき、その度に肺に急に息が吸い込まれるよういなります。この痙攣が脳から信号を出させ、声帯の筋肉が収縮し、狭くなった声帯に息が通るときに特有の音が喉からでます。

(2)神経への刺激

横隔膜の痙攣以外のしゃっくりには神経への刺激があげられます。ここで対象となる神経は中枢性神経と抹消性神経です。

前者は神経が集中している部分であり、アルコールを大量に摂取した場合や脳に異常がある場合に起きる場合があります。後者は中枢神経の奥にある神経で肺や喘息などによって引き起こされる場合があります。

3)しゃっくりを止めるためには・・?3つの対処方法

(1)深呼吸をする

息を目一杯吸うことで横隔膜は下にさがり、そこで息をとめると横隔膜の動きが止まります。その後はゆっくりと息を吐きます。急に息を吐かないように気を付けないと横隔膜は痙攣してし悪化する場合があります。

(2)耳に指を入れる

耳の奥にある鼓膜にはしゃっくりと関係のある神経があるため、指を入れたり抜いたりすることで気圧が変化し、神経が刺激されしゃっくりが止まる場合があります。

(3)舌を引っ張る

耳に指を入れるのとどうように舌の奥にしゃっくりに関連する神経があります。そのため、舌をゆっくり、優しく10秒ほど引っ張ることで止まる場合があります。

Women are receiving medical attention

4)それでもしゃっくりが続く・・考えられる4種類の病気

(1)横隔膜腫瘍

横隔膜に何らかの原因で腫瘍ができます。しゃっくりが長く続く他に発熱、悪感、背中に放散痛や風邪、インフルエンザに似たような症状が出る場合があります。

(2)肝臓がん

肝臓は異常があっても無症状な場合が多く「沈黙の臓器」と呼ばれています。初期症状とは疲れが取れないやだるいなどといった症状がありますが、中期になると食欲不振や腹痛といったわかりやすい症状も出る場合があります。

(3)脳梗塞

1週間以上しゃっくりが止まらない場合は脳梗塞の前兆の恐れがあります。脳にある中枢神経が阻害されしゃっくりが起きる場合があります。脳梗塞は血管に血栓が詰まって血流をとめることで脳が壊死する声明に関わる病気です。

(4)肺炎

横隔膜が刺激される原因として肺の炎症があげられる場合があります。肺炎になると咳が慢性的に起こるため、風邪を間違いやすいですが、肺炎球菌等の細菌が肺に侵入することが原因の為、薬の服用などがないと治る可能性は低い病気です。咳以外には呼吸困難や胸の痛みなどがあります。

5)気になる場合は専門家へ!3つの検査方法とは?

(1)血液検査

血液の成分をみて体の臓器にある炎症の有無と具合を調べます。検査自体は3、000~5、000円ほどです。結果は1週間以内ででるところが通常です。

(2)X線レントゲン検査

肺や胃などの消化器官の異常を調べる場合はX線を通して体内を調べます。以上がある場合は白く影のように映りこみます。3、000円ほどかかり結果はすぐにでます。

(3)MRI/MRA

X線ではなく磁気と電磁波を使用して体内を調べます。MRAは磁気を利用して血液を立体画像化します。脳梗塞を疑う場合は2つの検査を同時に行う場合が多いです。費用は8、000円~10、000円ほどかかります。

Female doctor holding a stethoscope in his hand, two doctors and patient are on the background

6)病気の場合に行われる治療方法とは?

(1)薬物治療

臓器の炎症や腫瘍が原因となる場合は抗菌剤を使用する場合があります。最近では優れた抗菌剤も沢山あり、薬物治療のみで治療を完了することができます。症状により、使用する薬物は異なるので医師に費用や期間を相談しましょう。

(2)手術

脳梗塞など緊急度が高い場合は部位によっては手術を行う場合があります。この場合も医師に入院期間、費用は確認するようにしましょう。

7)生活習慣の改善!しゃっくりを予防する3つの心がけ

(1)食事はゆっくり、適量を食べる

しゃっくりの原因は横隔膜の痙攣という話をしましたが、ご飯を早く食べるまたは多く食べることで胃がふくらみしゃっくり横隔膜痙攣の原因となることがあります。食事は落ち着いて臓器に負担をかけないように腹八分目を心がけましょう。

(2)横隔膜を刺激しやすいものを控える

横隔膜を刺激しやすいもの食べものがあります。そのため、それらの食べ物を控えることでしゃっくりを予防することができます。刺激しやすい代表的なものは七味、炭酸飲料水、アルコールなどです。特にアルコールの摂取量が多いと他の臓器にも負担になることがあるので適量を心がけましょう。

(3)ストレスをためない

ストレスを溜めると体の免疫機能を下げるだけでなく、臓器への影響を与えます。そのため、しゃっくりと原因となる場合も少なくありません。仕事とプライベートは切り替えることでストレスを引きずらないように心がけましょう。






今回のまとめ

1)知っておきたい・・しゃっくりの2つの種類と症状の違い

2)どうして出るの?しゃっくりがよく出る場合の2つの原因

3)しゃっくりを止めるためには・・?3つの対処方法

4)それでもしゃっくりが続く・・考えられる4種類の病気

5)気になる場合は専門家へ!3つの検査方法とは?

6)病気の場合に行われる治療方法とは?

7)生活習慣の改善!しゃっくりを予防する3つの心がけ