女性の口元を検査する男性の医者

みなさん、舌が痺れたりして食べ物の味がわからなくなったり、食べ物の味が感じずらくなったりしたことありませんか。痺れが一時的な方もいれば痺れが続いて悩んでいる方がいると思います。

今回は、舌がしびれる原因や潜む病気などご紹介します。






舌のしびれの6大原因!種類の違い・症状・対処方法とは


1) 種類の解説!舌のしびれの5つの種類

(1) 乾燥による痺れ

口内が乾燥することにより、舌が痺れることがあります。運動に夢中になりすぎて終わった後に、口の中に違和感や舌が痺れたような感覚になることがあります。

(2) 薬物の副作用

薬物などによって一時的に、苦みから舌の痺れが出ることなどがあります。

(3) 神経障害

脳の中にある神経などによって、持続的に舌の痺れが続くことがあります。病気の初期症状のこともあります。

(4) 術後後遺症

脳の手術や神経系の手術をして、術後の後遺症として舌の痺れが出ることがあります。

(5) 初期症状

様々な病気の発症サインとして、舌の痺れが出ることがあります。痺れと共に痛みが出ることもあります。

2)何が原因?舌のしびれで考えられる6つの原因

(1) タバコ

タバコを吸うことによって舌の痺れがでることがあります。メンソールなど吸ってる方に多いです。

(2) ストレス

ストレスがかかりすぎなどによって、舌の痺れが出ることがあります。

(3)

身体の症状に合わせ、複数の薬を飲んでいる方などで舌の痺れで悩まされる方もいます。睡眠導入剤の「アモバン ルネスタ」も服用後、口の中に違和感や舌の痺れが出ることがあります。

(4) 食べ物

山椒や生姜など刺激物を食べた時などに舌が痺れて、なかなか治まらないということなどがあります。

(5) 栄養不足

栄養が偏ったり、栄養不足によって舌の痺れがでることがあります。無理なダイエットで断食してる方などが舌の痺れを感じたりすることがあるようです。

(6) 病的原因

病気の初期症状や進行した場合などに、舌の痺れが出ることがあります。口内の病気、脳の病気、精神的な病気、合併症からくるものと様々な病気から下の痺れが出ることがあります。

3) 応急処置を!舌のしびれへの対処方法とは?

(1) 水分摂取

口内が乾燥して舌が痺れたりした場合は適度に水分を摂取し様子を見てみましょう。夢中に運動した後などに口内がネバネバしたり、起床時に口内がネバネバした感じがするのは、水分が足りなくなっている兆候であります。水分を摂取することによって、舌の痺れが軽減されるでしょう。

(2) マッサージ

顎の下の唾液腺をマッサージすることで、唾液の分泌が促進され分泌されやすくなります。唾液が出づらい方にお勧めです。食べる前などに行ってみましょう。唾液の分泌が少なくなることで、口内の乾燥などにもつながりますので上記の方法をご紹介しました。

(3) サプリメント

栄養が偏ったり不足したりすることにより、舌の痺れがでることがあります。「ビタミン、亜鉛、鉄分」この3種類の栄養素が不足すると、舌が痺れたりします。そして栄養不足ということになりますので、免疫力も低下し病気になりやすくなります。忙しく時間がなかなかない方などにはサプリメントなどを服用して様子を見ることをお勧めします。

(4) 刺激物による痺れ

山椒やカレーなど刺激物を食べて、舌の痺れが出た場合にコーヒーやヨーグルトなど乳製品を摂取すると治まることがあります。人によります。一時的なものですが、治まるまでに時間がかかることがあるのでご紹介します。

(5) 医師と相談

複数の薬を処方している方や舌が痺れる副作用を持つ薬を服用している方は、医師と相談し同じ系統の薬に変えてもらうなどできることがあるので、相談することをお勧めします。

group of happy doctors meeting at hospital office

4) 舌のしびれが続く・・考えられる6種類の病気とは?

(1) 糖尿病

病的に血糖値が上昇し、神経障害や意識障害など数々の合併症を引き起こしていく現代病です。

トイレの回数が増えたり、尿量が多くなるといった症状などがありますが舌の痺れや手足の痺れの症状が出たりして進行すると細胞壊死などによって最悪、部位切断という結果になることもある危険な病気です。

(2) 脳梗塞

脳の血管が詰まることによって、脳の組織などが壊死したりする病気です。それによって、身体に様々な神経障害などを起こし、場合によっては詰まった血管が破裂し出血するなど命に関わる危険な病気でもあります。

出血など微量の場合などでも、神経症状として足の裏が痺れたりする場合などがあります。

(3) 脳腫瘍

脳内に腫瘍ができてしまい、腫瘍が神経を圧迫することにより神経障害などが出る病気です。初期症状としては、頭痛などですが進行するにつれて手足の麻痺から舌の痺れや顔面の痺れなどが出てきます。

(4) うつ病・双極性障害

うつ病は、気分が沈んだ状態が続く精神疾患です。やる気が起きない、興味なども湧かなくなり趣味などもしなくなり、外出などもおっくうになり自殺願望などまでも出てきてしまう病気です。

双極性障害「躁鬱病」は、気分が上がりすぎて不眠不休で遊んだり、アイデアが次々と湧いたり、大きい買い物をして借金したりなど躁状態が続く状態を躁状態と呼び、またその活動が落ち着いたと思いきや上記の鬱状態が続くという躁状態、鬱状態を交互に繰り返す病気です。

2代精神疾患の1つです。症状が重いと舌の痺れが出ます。向精神薬によっても出ることがあります。

(5) 三叉神経痛

三叉神経という脳の大きな神経の1つの三叉神経が血管が膨らみ圧迫されることによって、顔面痛が生じたり痺れを生じたりする病気です。

三叉神経は感覚を司る神経なので、このような症状が出ます。

(6) 舌がん

舌にできる悪性腫瘍「癌」です。初期の状態でも、口腔内の痛みを感じたり違和感を感じたりするので、発見されやすい病気ですが、人によっては口内炎かななど見過ごす方がいたりします。

進行すると痛みや痺れがひどくなる病気です。リンパなどへの転移などの確立は低いと言われている癌でもあります。

5)専門家での検査を!しびれる症状への検査方法

(1) 血液検査

血液を取り、血液中の成分を調べる検査です。炎症など疑われたりした場合や糖尿病など血糖値などを見る為に行われることがあります。診療所などでも行われますが、幅広い病気が潜んでいる可能性がある為、総合病院の口腔内科お勧めします。

(2) 尿検査

健康診断などでも行う検査です。検尿することにより、細菌や尿糖や血尿など数々の病気の兆候があるかないかを調べることができる検査です。糖尿病予備軍や糖尿病など見つかることがあります。診療所でも行われますが、総合病院などお勧めします。

(3) CT検査

脳血管障害や舌や口腔内の病気などが疑われた場合などに行われます。X線にて頭部を撮影し、撮影した画像を輪切りにして、処理された画像を見て病変箇所などを特定していきます。

造影剤など注入することにより脳血管障害なども特定できるようになります。円状の検査機の中に入る為、閉所恐怖症の方は事前に説明し対応してもらうことをお勧めします。総合病院の口腔内科を受診することをお勧めします。

(4) MRI検査

頭部や口腔内を見ます。CT検査よりも、鮮明な画像処理により、いろんな角度から検査箇所を見ることができる検査です。病変や病気がはっきりと映し出される為、医師も診断しやすい検査です。X線検査とは違い、微量の被ばくもなく安心ですが、固定され狭い円状の空間に入る為閉所恐怖症の方は説明しましょう。

強力な磁石などが使用されている為、事前説明にてネックレスや装飾品など外してくださいなどがあります。浴衣のような検査着に着替える為、検査中寒く感じることがあります。総合病院の口腔内科受診をお勧めします。

(5) 心理検査

心療内科や精神科などで行われる検査です。IQテストやロールシャッハというインクを垂らした画像を見せ、染みの部分が何に見えるなど指摘していく検査です。

その時時間を計り、表情なども見られ、性格診断や病気の傾向などを診断することがあります。専門の臨床心理士が行い、結果を医師に説明します。心療内科や精神科に受診することをお勧めします。「身体検査を行い病変箇所がなく異常ないと診断された場合」

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)病気の場合には・・3つの治療方法の解説

(1) 薬物療法

精神疾患などには、抗うつ剤や向精神薬が処方されます。脳梗塞には、血液の流れを良くしたり詰まらないようにする薬が処方されます。

三叉神経痛には抗てんかん薬など治療薬として使用されることがあります。糖尿病には血糖値を下げる薬や血糖値が上がるのを抑える薬、インスリン注入があります。その他症状に合わせ処方されていきます。用法容量を守り服用しましょう。副作用や改善が見られない場合はすぐに受診して医師と相談しながら治療していきましょう。

(2) 認知行動療法

精神的な分野で広く使われている療法です。考え方に重点を置き、もののとらえ方から生まれる考えそして行動。その中の考え方を変えていく療法です。パニック障害や精神疾患を患っている方などに行われる心理的なリハビリでもあります。

(3) 手術

脳梗塞ではバイパス術という、詰まった血管とは別のルートを人工血管にて作り血流をよくする術式など、出血がある場合などは、血腫を取り除く術式などがあります。脳腫瘍では腫瘍を取り除く手術が行われます。舌がんでは、術後の舌の神経なども考慮しながら切除する術式を取られます。術後の後遺症もありますが、医師や家族と相談し決断しましょう。

7) 生活習慣の改善を!舌のしびれへの4つの予防ポイント

(1) 刺激物摂取控える

食べ物で、刺激があるものによって痺れがでることがあるので控えるようにしましょう。特に身体には問題はないですが、刺激物を摂取することが原因でもありますので、予防としてご紹介します。

(2) ストレス発散

ストレスにより、精神状態が不安定になるだけではなく、身体に様々な身体症状として現れることなどがあります。

自分の趣味に使える時間を作ったり、ストレス発散できる環境を作りましょう。悩みや相談など専門的に話を聴いてくれたり、アドバイスをくれるカウンセラーなどに頼るのも1つの予防でもあります。

(3) 食事

野菜中心に食事をとるなど3食食べるようにするよう工夫してみましょう。

暴飲暴食することによって、今問題視されている糖尿病予備軍や糖尿病でも舌の痺れや手足の痺れが起こる為、食事にも気を配るようにしましょう。

(4) 薬服用

処方された薬をしっかり飲みましょう。再発の予防で処方されることもあり、維持療法の為「糖尿病など」進行を抑える薬も飲み忘れに気を付け服用しましょう。






今回のまとめ

1) 舌のしびれの5つの種類

2) 舌のしびれの6大原因

3) 舌のしびれへの対処方法

4) 舌のしびれが続く場合に考えられる6種類の病気

5) 舌のしびれが気になる場合への検査方法

6) 舌のしびれが気になる場合への3つの治療方法

7) 舌のしびれへの4つの予防ポイント