病院で診察を受ける男性の患者

舌に出来ものの経験は、誰でも一度はあることでしょう。通常は数日もすると治ってしまいますが、長期で続く場合には、こわい病気の可能性もあります。

今回は舌のできものの原因・症状・対処方法・病気の可能性などをお伝えします。 






舌のできものの7大原因!症状・対処方法とは


1)舌のできものの3つの種類 

(1)アフタ性口内炎 

下にできる出来ものの中で一番多いのが口内炎ですが、その中でもアフタ性口内炎が最も多くみられる疾患です。 

(2)カタル性口内炎 

舌を噛んでしまって、その傷から細菌感染することによって起こる口内炎です。 

(3)舌がん 

舌にできるがんによって、できものが見られる場合です。 

2)舌のできものの7大原因 

(1)ストレス 

ストレスによって、免疫機能が低下していると口内炎になりやすくなります。 

(2)過労 

慢性的な疲労や過労によって、免疫機能が低下していると口内炎になりやすくなります。 

(3)寝不足 

寝不足によって、免疫機能が低下していると口内炎になりやすくなります。 

(4)栄養不足 

偏った食生活でビタミンなどが不足していると、口内炎になりやすくなります。 

(5)外傷 

噛み合わせが悪くて舌を噛んでしまったり、義歯があっていない場合などに、口内炎になりやすくなります。 

(6)歯磨き剤 

歯磨き剤の成分が合わない時に、口内炎になりやすくなります。 

(7)口内環境 

歯磨きをちゃんとしなかったり、喫煙習慣があったりして口内環境を不潔にしていると、口内炎になりやすくなります。 

3)舌のできものへの対処方法 

(1)うがいをする 

刺激の少なくて殺菌効果の高いうがい薬などを用いてうがいをすることで、口内環境を清潔に保つことで、舌の出来ものの消失を早めます。 

(2)ゆっくりやすむ 

疲労や睡眠不足、ストレスなども口内炎の原因となるので、体を休めてしっかりと睡眠を取り、免疫機能を向上させることで症状の改善を図ります。 

(3)食事の見直し 

ビタミンを多く含む果物や、フレッシュな野菜をたくさん取ることで、体調を整えるようにしましょう。 

口内炎は通常、1,2週間もすれば治ってしまいますが、それ以上の期間を経過しても治らない場合には、専門の医療機関を受診した方が良いでしょう。 

doctor with male patient

4)舌のできものが続く場合に考えられる病気 

(1)舌がん 

舌のできものが続く場合に考えられる「病気」ということであれば舌がんが考えられるでしょう。口内炎は普通、病気とは認識されていません。 

舌がんは口腔内に発生するがんの90%を占め、50代後半の人のよく見られますが、若年層にも時々見られます。男女比は2:1と男性の方が多いようです。 

ハッキリとした原因は分かっていませんが、飲酒や喫煙の習慣などの科学的な慢性刺激や、義歯が合わずに歯に触れてしまうなどの、機械的な慢性刺激がその要因に挙げられています。 

症状は、物を飲み込みづらくなったり、舌が回らずに発音が不明瞭になったり、味覚が鈍磨するなどが挙げられています。 

5)舌のできものが気になる場合への4つの検査方法 

(1)視診 

舌がんはほかの部分と比べて特徴的に真っ白になるので、視診で容易に判別することが可能です。 

(2)触診 

触診でガンの様子を確認します。 

(3)病理検査 

組織を切り取って、類似の疾患と間違わないように検査します。 

(4)画像検査 

CT検査やMRI検査、超音波エコーなどの画像検査をすることで、病変の広がりや、根の深さを確認します。 

舌がんが疑われる場合には、通常は口腔外科を受診します。3割負担の場合、通常の検診は1000円以下で済むことが多いようです。 

病理検査をする場合には、6000円程度、エコー検査の場合は3000円程度、CT検査は10000円程度かかるようですが、病院によってもまちまちなので、担当のお医者様に相談するとよいでしょう。 

Stethoscope in hands

6)舌のできものが気になる場合への治療方法 

(1)手術療法 

手術によって、病巣を取り除く方法です。切り取る範囲は、症状の進行度合いによります。初期の舌がんの場合なら、90%以上は後遺症を残さずに治療できるようです。 

(2)放射線治療 

ガン細胞を放射線で死滅させる方法です。口内炎や口腔の痛み、味覚障害などが生じる可能性があります。 

舌がんが疑われる場合や、実際の治療は通常、口腔外科で行うことになります。治療期間や費用に関しては、病院や症状によっても異なるので、担当のお医者様に相談するとよいでしょう。 

7)舌のできものへの3つの予防ポイント 

(1)食事の見直し 

アルコールや脂肪分の多い食事を避け、ビタミンやミネラルを多く含む食品を摂るようにしましょう。 

(2)生活習慣の見直し 

ストレスや睡眠不足、疲労はすべての病気の原因となり得ます。睡眠週間やライフスタイルを見直しましょう。 

(3)定期健診 

舌がんは早期発見すれば後遺症もなく処置できます。そのためにも、定期的に健康診断や歯科検診などを受けると良いでしょう。 






今回のまとめ 

1)舌のできものの3つの種類 

2)舌のできものの7大原因 

3)舌のできものへの3つの対処方法 

4)舌のできものが続く場合に考えられる病気 

5) 舌のできものが気になる場合への4つの検査方法 

6) 舌のできものが気になる場合への2つの治療方法 

7)舌のできものへの3つの予防ポイント