パソコンを確認するドクター

今回は、舌が荒れることにより考えられる原因と症状の種類別の処置方法の違いについてご紹介させていただきます。舌が荒れることは様々な疾患の表れと言われていますので、生活習慣からの改善と対策が重要となっておりますので、注目することをオススメします。



舌が荒れるのはなぜ?考えられる3大原因と処置方法とは


1)症状の違いとは?舌が荒れる3つの種類と症状の違い

(1)舌苔

この症状は舌の表面に細菌や食べかすが付着し、放置されてしまうと出てくるものとなっております。しかし、歯磨きをしていたとしても見落としがちになってしまう点となっているため意識をして手入れを行うことをオススメします。放置しておくと虫歯の原因となることがありますので、ご注意ください。

(2)白斑症

この症状は、皮膚病の一種となっており舌に白い斑点が出現するものとなっております。症状の特徴として、白い斑点のようなできものが多数舌に出現するという点があります。後天性の皮膚疾患とされており、不衛生な入れ歯や矯正器具の刺激により舌に斑点状の症状が現れます。痛みやかゆみを伴うことがないため、自覚症状がほとんどない上に放っておいても問題はないため、気になるときだけ歯科を受診することをオススメします。

(3)白板症

この症状は、白斑症同様白い斑点が舌の上にできるものとなっており、相違点としては舌全体に膜状になって発生します。この症状は、前癌病変という可能性がありますので経過観察を行うために一部が隆起しているなどがありましたら、歯科医院への受診をオススメします。

2)どうして痛むの?舌が荒れしてしまう3大原因とは

(1)内臓疾患の影響

舌の状態は、内臓の状態を映し出しているといわれるほど重要なカギとなっております。特に年末年始になると飲み会などで飲食の量やペースが盛大に乱れることが多いので胃腸を始めとする消化器系の臓器が荒れることで、舌に症状となって傷つくことがあります。

(2)ストレス

過剰なストレスや疲労により自律神経が乱れることで、舌に粒状のできものができることがあり、原因として挙げられます。この原因によりできる舌の荒れは、春などの環境が劇的に変化する季節に多くできるとされており、最近睡眠が摂れていない、疲れが完全に抜けきっておらず体力が落ちたと実感された方は早急にその要因を解消することをオススメします。

(3)口腔内の汚染

歯磨きを怠ったり、外出先から帰宅後のうがいをする習慣がない方は、舌が荒れやすくなっていることがあります。先述したとおり、舌の荒れの原因には口腔内の汚れや刺激が挙げられるため日常的に清潔を保つことを心がけることをオススメします。

ティッシュを持っている女性

3)応急処置を試そう!痛みへの対処方法とは?

(1)口腔内を清潔にする

舌の荒れを対処する一番良い方法としては口腔内を清潔に保つことが大切なこととなっております。飲食により細菌の増殖が起こってしまうため、舌が荒れてしまい清潔感が乱れることで負の連鎖となり舌の荒れが進行することがあります。歯磨きやうがいで清潔に保つことを心がけましょう。

(2)サプリメント

市販薬には舌の荒れを抑える種類のものや、口内炎の症状を抑えるものが存在しますので、それらのサプリメントで様子を見ることをオススメします。また、ビタミン剤などでビタミンを補給して栄養状態を整えることもオススメとなっております。

4)症状が続く場合に・・可能性のある3種類の病気とは

(1)舌痛症

この病気は、舌が火傷をしたかのようなしびれる感覚が数週間から半年近くまで症状が続いて出てくるものとなっております。症状としては、我慢できて見逃しやすいレベルの火傷のような感覚がある上に、特徴的なことが赤い粒状のできものができるため発見が遅れてしまうため、火傷のような感覚が長く続くようであれば歯科医院への受診をオススメします。

(2)口腔扁平苔癬

この病気は、口の粘膜全体に現れる白い線のようなただれることが症状となっております。また、歯茎や頬の裏、舌全体に及ぶ口全体の病気となっておりますので、白い線状でただれたような感覚を口腔内に感じたら病院への受診をオススメします。

(3)舌癌

この病気は、舌が急に赤や白への変色が起こる皮膚癌の一種となっております。この他に、舌が以前より硬直したり口内炎と思っていたものが癌特有のしこりであるという何気ない症状が多数出てくるためこの病気も気付きづらい舌の病気となっております。また舌癌や虫歯を放っておくことで、口腔内の細胞組織が異常を起こして口腔癌という重大な病気を引き起こすことがありますので、舌に異常を感じたり、虫歯を放置しているという方は早急に歯科医院への受診をオススメします。

Doctor and patient are discussing something, just hands at the table

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

(1)唾液検査

この検査方法は、歯科医院を始めとする口腔系の診療をしている病院であれば受けられるものとなっております。手順としては、唾液を採取し専用の機械で血液検査などと同様成分を検査するものとなっております。唾液は口腔内の状態を見ることに適していることもあり、細菌を検出することで今後なると考えられる病気を予測して、予防することができる高度な検査方法となっております。

(2)血液検査

この検査方法は、一般的に行われている検査方法となっており血液から組織の異常の有無を観察することができるものとなっております。赤血球や全身の体調維持を行う亜鉛の分量を調べて、口腔内の問題に発展する要因を調べることができ、摂取すべき栄養素を判断し、食事習慣を整えることで舌の荒れを改善していく見通しを立てることのできる検査となっております。

(3)視診

この検査方法は、舌の荒れ具合やできものの具合を医師が直接観察するものとなっており、医師の目線と患者自身の感じ方を総合して治療選択を行います。また、舌癌などの舌が異常な変化を起こしているときには第三者目線により早期発見することができるため効率的な治療を行うことができるため、舌への異常を感じた場合には早急に歯科医院を始めとする口腔を診てもらうことをオススメします。

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

(1)薬物療法

先述したとおり、サプリメントを始めとする栄養素の補給と精神的な疲れからくる舌の荒れを解消する抗うつ剤による改善が可能となっております。また、口腔内から始まる消化器系の調子を整えることで舌の荒れを解決する一歩となりますので、医師との相談により薬物療法を試すことをオススメします。

(2)口腔環境の整備

舌の荒れ具合を整えるためには日々の口腔内の環境整備が必要となります。食後の歯磨きや市販の洗浄薬を使用しての手入れを始めとする整備方法や、舌を掃除することのできるブラシで優しく手入れを継続的に行うことで荒れを抑えることがオススメとなっております。

7)生活習慣から改善を!舌の疾患への予防習慣

(1)食習慣

食習慣では、舌の荒れ具合を抑えるためにバランスの良い食事を摂ることをオススメします。舌の荒れ具合に関わってくるビタミンや亜鉛を豊富に摂ることのできる野菜を中心にフルーツや肉と野菜をバランスよくできた献立を続けることをオススメします。

(2)睡眠習慣

睡眠習慣では、自身の身体の中で生理バランスを整えて人間の自己修復能力を高めることで舌の荒れを治療することができます。まずは、睡眠による免疫力を高めることが舌の異常を始めとする様々な身体の不調を改善することができるため、継続的に6~8時間の睡眠を摂ることをオススメします。



まとめ

1)症状の違いとは?舌が荒れる3つの種類と症状の違い

2)どうして痛むの?舌が荒れしてしまう3大原因とは

3)応急処置を試そう!痛みへの対処方法とは

4)症状が続く場合に・・可能性のある3種類の病気とは

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

7)生活習慣から改善を!舌の疾患への予防習慣