画像を確認する医者と女医

脂質異常症とは生活習慣病の1つで、高脂血症という名称から名前がかわりました。

身体の中にどのような変化がおこるのか、また原因やそのまま放置をしておくとどのような合併症を起こすか、検査法や治療また予防法などについて見ていきます。



脂質異常症の2つの原因!合併症の危険性


1)脂質異常症とはどんな病気か

(1)脂質異常とは

脂質異常は血液中の脂質が必要以上になり、血管壁にコレステロールが溜まり、血管の内腔が狭くなる疾患です

過食や運動不足による肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足といった生活習慣を見直すことが大切です。

(2)脂質異常の発見

基本的には特別な症状がなく、自覚症状がない為に治療の必要性を感じない方も多いようです。実際には健康診断の結果で発見されるというケースも少なくありません。

2)脂質異常の2つの症状

(1)脂質異常

自覚症状はほとんどない為に、血液検査で症状がわかるという事がほとんどです。

症状が進行していくと“アキレス腱肥厚”で厚みが1㎝以上あって、血中コレステロール値の高い場合は脂質異常の可能性があります。

“腱黄色種” “眼瞼黄色種”“角膜輪”が見られることがあります。

(2)その他の疾患

甲状腺ホルモンが不足することによっても、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪の量は多くなります。

甲状腺が腫れるなどの甲状腺疾患の症状がある場合にも注意が必要です。

3)脂質異常症の2つの代表的な原因

(1)生活習慣

高カロリー食、高脂肪食といった食事が脂質異常を引き起こします。必要なエネルギー摂取量を把握する事や、バランスの良い栄養を摂取することが大切になります。

特に、食物繊維は、脂質の吸収を抑制してくれる効果がありますので積極的に摂取をするようにします。

また、消費エネルギーを増やすことにより、脂質異常は改善される傾向にありまり、有酸素運動を30分以上、週に3回行うと効果が期待されます。

(2)遺伝因子

家族性高コレステロール血症は日本人では500人に1人と高い頻度でみられる遺伝性の疾患でもあります。

それ以外に、家族性複合型高脂血症、家族性Ⅲ型高脂血症などの遺伝性高脂血症がある他に、低HDLコレステロール血症を起こす場合もあります。

group of doctors meeting at hospital office

4)脂質異常症の2つの合併症

(1)高コレステロール血症の合併症

高コレステロール血症の場合、動脈硬化性疾患に注意をしなければいけません。血液中に余分なコレステロールが多い為、血管壁に付着して動脈硬化を促進させます。

(2)高中性脂肪の合併症

中性脂肪が多い人には、肥満傾向にあります。摂取カロリーのオーバーや運動不足などが大きく関与している事がほとんどです。

高中性脂肪症と共に合併しやすいのが糖尿病・痛風・急性膵炎を起こす可能性があります。

5)脂質異常症の2つの検査方法

(1)血液検査

内科の血液検査で血中のコレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロールの測定をします。朝食摂取前の空腹時に採血します。

(2)尿検査

脂質異常でコレステロールの値が高い場合には、尿にも異常が表れます。尿糖が出ていれば脂質異常が疑われますので、尿検査も実施します。

6)脂質異常症の3つの判断基準

(1)高コレステロール血症

LDL(悪玉)コレステロール≧140mg/dlの場合には高コレステロール血症だと判断されます。

(2)低HDLコレステロール血症

HDL(善玉)コレステロール<40mg/dlの場合には低HDLコレステロール血症だと判断されます。

(3)高TG血症

トリグリセリドが≧150mg/dlの場合には高トリグリセリド血症だと判断されます。

7)脂質異常症への医療機関でできる3つの治療法

(1)食事療法

動脈硬化の予防というのが持奥的になります。多くは生活習慣なので、その改善を目的とします。食事療法としては、糖尿病や高血圧、肥満を目的とします。

1日の総エネルギーを計算し、摂取エネルギーをコントロールします医師や栄養士に食事療法の仕方について相談するのが良いでしょう。

(2)運動療法

適正体重の維持は重要で、BMI=体重㎏×身長2(m)=22が標準と言われています。

また、腹囲の適正化という事で男性85㎝未満、女性90㎝未満を維持できるように、消費エネルギーを増やします。ウォーキング等の有酸素運動を週に3回、1日30分~60分程度実施します。

(3)薬物療法

薬については様々な種類がありますが、コレステロールの合成を抑制する薬が最も多く処方されます。

それ以外には。コレステロールの吸収阻害薬などが処方されることもあります。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

8)治療後の3つの予後

(1)食事療法

食事療法は血中脂質が下がったからと言って、元の食事に戻してしまったのでは効果がありません。

高脂肪食を避け、食物繊維を多く含む食品を摂取するようにします。

(2)運動療法

有酸素運動を20~30分継続するのがお勧めです。中性脂肪が減少しHDLコレステロールが減少するという効果が3~6か月位で見られますが、日常生活に取り込むことが大切です。

(3)薬物療法

高脂血症の薬を服用についてですが、コレステロール値が安定してきたからと自己判断で服用をやめる事は危険です。

食事・運動療法を続け、医師の診断の元、徐々に薬を減らしていきます。

9)脂質異常症への効果的な栄養素3選

(1)炭水化物

炭水化物はご飯やパン、麺類で主にエネルギー源となります。男女や年齢、運動量などの消費カロリーによっても異なってきますが1日に摂取する総摂取カロリーの50~60%に留めておきます。

(2)タンパク質

タンパク質を摂取する際に気を付けなければいけないのが、脂肪です。タンパク質の多い食品を選ぶと脂肪の摂取量が増えてしまう可能性があります。

目安としては卵1個程度、豆腐は1/2丁、低脂肪のお肉であれば50~70g、魚1切れ70~100g位です。

(3)ミネラル・食物繊維

副菜に野菜を多く使ったものをお勧めします。2品程度は入れるようにすると、栄養バランスが良くなります。不足しがちな野菜は1食で100g以上取るようにします。

10)効果的な6つの食事とは

(1)キノコ類

シイタケ・舞茸・ナメコ等ざまざまですが、低カロリーで食物繊維が豊富でコレステロールを体外に排出してくれる作用があります。食物繊維には血糖値の上昇を抑える効果があります。

(2)海藻類

糖尿病に効果のある食材に昆布やワカメ、ヒジキなどの海藻類があります。ビタミンやミネラル以外にも必要な食物繊維が含まれています。

(3)野菜類

野菜は低エネルギーでビタミン・ミネラルが豊富です。低エネルギーなのでたくさん食べて満腹感を得ることが出来ます。

(4)トウモロコシ

トウモロコシもビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。胚芽部に良質なリノール酸が含まれるため、動脈硬化にも効果があります。

(5)玄米・発芽玄米、発芽米

お米を玄米、パンでいうとライ麦パンにするのがお勧めです。食物繊維だけでなく、ビタミンなどの抗酸化作用のある成分が多く含まれており、糖代謝異常の発症に関与しています。

(6)豆腐

大豆に含まれるたんぱく質は、血液中の脂肪分を低下させます。また血管に弾力やしなやかさを与え血管を強く丈夫にする働きがあります。

11)脂質異常症で避けるべき2つの食事習慣

(1)注意すべき食品

飽和脂肪酸を含む食品はコレステロールを上げるだけではなくカロリーも高いので肥満の原因になります。食品としては、卵、・レバー・砂肝・シシャモ・いくら・ケーキなどです。

(2)アルコール

アルコールを摂取すると、中性脂肪やHDLコレステロールが増加する為、高脂血症の場合に避けた方が良いでしょう。

12)日常生活からできる脂質異常症への2つの予防ポイント

(1)食事療法

動物性たんぱく質を多く摂取していると発症が増える傾向にあります。植物性たんぱく質を多く接収している方が減る傾向にあります

肉や魚ではなく、大豆製品などを中心としたタンパク質を多めに摂取するように心がけます。また、炭水化物も糖として吸収されてしまう為、控えめにします。

1日3食、腹7分目くらいに時間をかけて就寝3時間前までに食事を行います。野菜は食物繊維が含まれているので、積極的に摂取します。

(2)運動療法

身体に負担をかけないようにするために、無理のない程度にウォーキング等を実施します。1日30分程度の散歩を毎日することで血糖値が正常に戻ったという事例もあります。

低強度の運動で長く続けられるようにしてください。



今回のまとめ

1)脂質異常症とはどんな病気か

2)脂質異常の2つの症状とは

3)脂質異常症の2つの代表的な原因とは

4)脂質異常症の2つの合併症とは

5)脂質異常症の2つの検査方法とは

6)脂質異常症の3つの判断基準とは

7)脂質異常症への医療機関でできる3つの治療法とは

8)治療後の3つの予後とは

9)脂質異常症への効果的な栄養素3選

10)効果的な6つの食事とは

11)脂質異常症で避けるべき2つの食事習慣とは

12)日常生活からできる脂質異常症への2つの予防ポイント