目の検査をしている女性

目のかすみや充血、目に関する異常は誰にしも経験したことがあるとは思いますが、白目が腫れた経験をされたことはありますか。白目が腫れる症状は危険な病気のサインでもあります。そんな白目が腫れる症状・原因・治療方法をご紹介します。



白目が腫れる・・?気になる3大原因と病気の危険とは


1)どんな症状が?白目が腫れる場合の2つの種類と特徴とは

(1)ぶよぶよになる

白目の部分が腫れると同時にぶよぶよした状態になります。充血していることが多く、しわが寄りぶよぶよしたように見えます。徐々になるのではなく、急にゼリー状にぶよぶよした状態ににます。

(2)むくむ

目全体がはれ目を閉じることが難しくなります。見た目は目が飛び出したようになり、大きく腫れます。充血または涙が溜まったようになる場合もあります。

2)何が原因?白目が腫れる場合の3大原因とは

(1)疲れ

スマートフォンやパソコンで目を使うことで疲れがたまり、それが原因で白目が腫れる場合があります。慢性的に充血しているなどの症状が疲れ目の証拠となります。

(2)アレルギー

花粉症やハウスダストへのアレルギー反応により白目が腫れることがあります。季節の変わり目に起きることが多く、場所や時期により症状の有無、具合に変化があります。

(3)

目に何らかの固形物が侵入し、傷をつけることで白目が腫れる原因となります。特に子供に多く、外で遊んでいて木の破片などが目に入ることで傷が生じ、それが原因で腫れる場合があります。コンタクトレンズを着用している人はしていない人よりも目が乾燥しやすく傷がつきやすいので注意が必要です。

3)試せる応急処置はある?症状への対処方法とは

以下の対処方法は根本的な治療にはなりません。早い段階で眼科を受診するようにしましょう。

(1)冷やす

冷やすことで症状を一時的に和らげることになります。基本的に炎症が原因でおこることが多い為ですが、その他の原因の場合は冷やすことがよくない場合もあります。その為、充血などがひどい場合の対処方法となります。

(2)こすらない

こすることで炎症を進行させてしまうことになります。特に子供はかゆければむやみに強くこすってしまう傾向があるので注意をしましょう。

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

基本的に目が腫れる、白目が膨らむなどの症状は病気に起因している場合が多く、おかしいと思えばすぐに眼科を受診することをお勧めします。徹夜、または仕事が急に忙しく睡眠不足など明らかな理由がある場合は休息をとることで症状が和らぎます。また、朝目が覚めて急に白目の異常がわかればこれも病気の場合が高いので病院にいくようにしましょう。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)結膜浮腫

白目の表面を覆っている結膜の下に水が溜まることでブクブクと目が腫れた状態になります。目をむやみにこすると症状が悪化します。特にあまり目をこすることが多い子供がよく発症する病気といわれています。アレルギー性結膜炎の人には起きやすいのでこすらないように注意が必要です。

(2)結膜嚢腫

症状はすこし結膜浮腫と似ていますが、結膜下全体に水がたまることが異なります。白目の部分がゼリー状になるのですぐに気が付きます。結膜浮腫と同様、こすったりすること症状が悪化する場合があります。原因は様々ですが、不明な場合もあります。

(3)円錐角膜

角膜が薄くなり中心部が突出することで視力が低下または乱視などの症状をともないます。この病気になるのが若いほど進行も早く、思春期になりやすいといわれています。アレルギーに起因していて、かゆいからといって目をこすると症状を進行させてしまう恐れがあります。

6)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

(1)検査方法

・ウィルス検査

目に炎症がある場合、感染の有無を調べる為、目の中にウィルスや細菌がいないかを調べます。調べ方は多数ありますが、症状がひどい場合は眼球につながる血管の状態を調べる場合もあります。検査の結果がわかるのは3日ほどかかる場合があります。

・角膜形状測定装置

角膜の形状を専用の機械を使用して調べます。角膜の形状に異常がある場合はこれですぐにわかります。結果もその日中にわかる場合がほとんどです。

(2)治療方法

・目薬

炎症などの症状は定期的に目薬をさすことで症状を和らげることができます。また、症状が軽い場合は目を乾燥させないように市販ではなく医療専用の目薬を差し、潤いを保ち自然治癒を待つ場合もあります。

・手術

腫瘍などができた場合は自然治癒や目薬でなおすことができない場合があります。そのため、手術によって腫瘍を取り出します。切開手術となり負担も大きいので医師に入院期間や考えられる手術後の症状を確認しましょう。

7)日常生活から改善を!白目が腫れる症状への予防習慣

(1)休息を十分にとる

仕事や家事などで睡眠不足の場合は目の異常がでやすいです。また、最近ではスマートフォンやタブレットの使用時間が長い為、目の炎症を引き起こす場合もあります。寝る前はスマートフォンやタブレットの画面をしないことにすることと、毎日6時間以上は睡眠時間を確保することをおすすめします。少しの合間に目を10分ほどお湯や温めたタオルで暖めることで目の周辺の筋肉がほぐれ疲れがとりやすくなりますが充血しているときは温めることはしないようにしましょう。

(2)清潔にする

汚い手で目をこするまたはコンタクトを何日もつけっぱなしにするなど衛生状況が悪いと目に異常がでやすくなります。コンタクトは毎日手入れをする、汚い手で目をこすらない。花粉症の人は専用の眼鏡を着用するなど目を少しでもいたわることを意識づけましょう。



今回のまとめ

1)どんな症状が?白目が腫れる場合の2つの種類と特徴とは

2)何が原因?白目が腫れる場合の3大原因とは

3)試せる応急処置はある?症状への対処方法とは

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

6)病気の場合には?行われる可能性のある検査・治療方法

7)日常生活から改善を!白目が腫れる症状への予防習慣