話し合いをしているドクター

あなたは日常生活の中で、いつの間にか自分の背中にぶつぶつができていて気になったことはありませんか。

今回の記事では、背中のぶつぶつで気になる症状やぶつぶつができる原因、自分でできる背中のぶつぶつへの対処方法などについて紹介していきます。



背中のぶつぶつが気になる!5大原因と対処方法とは?


1)気になる症状・・・背中のぶつぶつの3つの種類と特徴

(1)背中のニキビ

マラセチア真菌による背中ニキビのぶつぶつの場合、症状として背中に赤いぶつぶつが見られます。また、かゆみを伴い広く分布して発生します。

(2)粉瘤

粉瘤によるぶつぶつの場合、症状として半球状に盛り上がったしこりができます。また、角質や皮脂が溜まることで時間とともに大きくなる特徴があります。粉瘤は細菌感染することで、赤くなり痛みを伴うことがあります。

(3)毛孔性苔癬

毛孔性苔癬によるぶつぶつの場合、症状として小さな丘疹が群生して発症します。また、毛孔性苔癬のある皮膚は赤みをおびたものから色のないものまであります。かゆみおよび痛みは、ほとんどの場合無いといわれています。

2)要チェック!背中のぶつぶつの5大原因

(1)虫刺され

夏などの時期は、蚊やアブ、ダニ、ムカデなどに背中を刺されることで、かゆみとともにぶつぶつができる原因になることがあります。

(2)乾燥

空気が乾燥していると、皮膚の水分が失われて服のこすれなどの刺激により、かゆみがあらわれます。かくことは皮膚が荒れて、背中のぶつぶつが目立ちやすくなる原因になります。

(3)日焼け

日焼けは太陽からの刺激によって、皮膚が炎症を起こすのでぶつぶつの原因となることがあります。

(4)あせも

黄色ブドウ球菌が、汗によって増殖すると免疫反応により炎症を発症し、赤いぶつぶつができることがあります。

(5)病気によって

皮膚に菌が増殖することや内臓疾患、ガンができることで背中にぶつぶつができる原因になることがあるようです。

smiling senior woman and doctor meeting

3)自分でできることは?背中の炎症への対処方法

(1)原因となる外部環境から離れる

乾燥している空間にいることなどは、かゆみを招きぶつぶつの原因になります。ぶつぶつの原因となる環境から離れることは、かゆみおよび皮膚の炎症を防ぐことにつながりぶつぶつへの対処になります。

(2)保湿クリーム

皮膚の乾燥がぶつぶつの原因になっているのであれば、保湿クリームを使用することで皮膚の乾燥を防ぐことができぶつぶつの対処になります。

(3)薬の使用

ぶつぶつの原因によっては、自然回復しないこともあります。背中のぶつぶつで皮膚科を受診し、処方された薬で治療することは対処になります。

4)症状が治まらない・・考えられる4種類の病気とは?

(1)ニキビ

背中にできるニキビによるぶつぶつでは、マラセチア真菌が背中の皮脂によって増殖し遊離脂肪酸といわれる刺激物質を生成することで炎症を発症してぶつぶつの原因になることがあります。

(2)じんましん

寒冷や機械的な刺激、食物・薬物アレルギーなどが原因となり、皮膚組織内からヒスタミンが分泌されることで強いかゆみを発症します。症状として、かゆみの他に腫れや赤い湿疹がたくさんできます。また、時間をおいて症状が出たり消えたりするといった特徴が見られます。

(3)アトピー性皮膚炎

体質で皮膚が乾燥しやすい、ハウスダスト・カビなどが皮膚を刺激することが原因となって慢性の皮膚炎が発症します。症状は、かゆみと湿疹があらわれ四肢および顔周りに多く出やすいです。また、全身に出ることもあります。

(4)皮脂欠乏性皮膚炎

男性ホルモンである皮脂の分泌量を増やす機能を持つアンドロゲンの分泌が、少ないことが原因となって発症します。症状は、高齢者に多く見られます。皮膚が乾燥し丘疹といわれるぶつぶつやひびがみられ、強いかゆみも伴います。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

5)気になる場合は専門家へ!専門家で行う検査方法とは

背中のニキビであるマラセチア毛包炎であれば、皮膚科を受診しましょう。

(1)問診

背中のぶつぶつの症状の他にどのような症状があるのかなど質問されます。

(2)膿の検査

背中のぶつぶつである、丘疹の中に含まれている膿を採取して顕微鏡にて検査を行ないます。膿を顕微鏡で見ることにより、原因がマラセチア毛包炎であれば胞子をたくさん確認することができます。また、ズームブルーを使用することで菌が染色されて、診断をより分かりやすくすることができます。

6)病気と診断されたら?行われる治療方法とは

マラセチア毛包炎の場合の治療方法を紹介します。

(1)薬物治療

マラセチア毛包炎であると皮膚科で診断されれば、抗真菌薬が処方されます。薬を患部に1~2ヶ月塗っていることで症状は改善されるようです。また、薬を塗っていても治りが悪い場合は内服薬を処方されることもあるようです。

(2)皮膚のターンオーバー

背中のぶつぶつを早く治療するために、ケミカルピーリングやカーボンピーリングなどの治療法によって肌の新陳代謝を促すこともあるようです。

7)毎日の生活で改善を!背中の炎症への3つの予防習慣

(1)食習慣

偏った食事や油が多い食事は、体内に脂肪が溜まりやすくなり背中のぶつぶつ予防に良くありません。腸内環境を整えて体内の循環を良くするためにも、食事は栄養をバランス良く摂取し規則正しく摂取することがぶつぶつの予防になります。

(2)生活習慣

背中が清潔でないことは、ぶつぶつの原因となる菌の繁殖を招くなどぶつぶつ予防に良くありません。生活では汗をかいたら清潔なタオルで拭き取り、背中を清潔に保つことがぶつぶつの予防になります。皮膚の乾燥も皮脂を過剰分泌させることにつながるので、ぶつぶつ予防に良くありません。冬の時期などの肌が乾燥しやすい時には、背中ニキビ用のケア用品で保湿することは背中ブツブツの予防になるといわれています。

(3)睡眠習慣

生活の中で、睡眠不足は皮脂の分泌過剰や免疫力低下などを招くので、すでにあるぶつぶつの悪化や新しいぶつぶつの発生につながり背中ぶつぶつの予防に良くありません。睡眠は質の良い睡眠をきちんととり、ぶつぶつができる原因を作らないようにしましょう。



今回のまとめ

1)気になる症状・・・背中のぶつぶつの3つの種類と特徴

2)要チェック!背中のぶつぶつの5大原因

3)自分でできることは?背中のぶつぶつへの対処方法

4)症状が治まらない・・考えられる4種類の病気とは?

5)気になる場合に・・専門家でできる査方法

6)病気と診断されたら?行われる治療方法

7)毎日の生活で改善を!背中のぶつぶつへの3つの予防習慣とは