レントゲン写真を確認する医者

咳をするとみぞおちが痛い原因の中には、色々な種類の病気が隠れていることがあります。自分で治せてしまうものから病院受診で医者に診てもらわなければいけないものまで幅広く存在します。下記の項目から咳をするとみぞおちが痛い症状についてご紹介します。



咳をするとみぞおちが痛い?気になる4大原因と対処法とは


1)咳をするとみぞおちが痛い場合の4大原因とは

みぞおちとは、お腹の上の中央にある窪みのことをいいます。その場所は胃や十二指腸があり何らかの不調があると神経を通してみぞおちが痛みます。

(1)肋骨の骨折

肋骨に骨折が有る場合、咳をすると胸全体の筋肉が動くことで肋骨に振動が伝わり痛みを感じます。肋骨は、みぞおちにも近い場所なので関連して痛みが生じる原因になります。

(2)肋間神経

肋骨に沿って走っている神経が肋間神経といわれるものです。ストレスや自律神経の不調が起こると、この神経が過敏になってしまい痛みが出ます。こちらも、みぞおちと近い場所ですので関係性があります。

(3)消化器系疾患

逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などといわれる消化器に何らかの疾患があるとみぞおちの部分に痛みが現れてきます。また、咳をすると痛みの強さが増幅されてしまいます。

(4)悪性腫瘍

みぞおちの付近の内臓に悪性腫瘍が出来て進行してくると神経を刺激して痛みが出ます。また、咳をするたび、みぞおち付近の筋肉が動いて痛みます。更に腫瘍が大きくなって神経を強く圧迫してくると耐えられない痛みになってきます。

2)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

(1)貼り薬

市販の抗炎症作用がある貼り薬を数日、使ってみて痛みが和らぐなら良いと思います。

(2)非ステロイド性抗炎症薬

ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬の服用でみぞおちの痛みが治まることがあります。しかし、副作用として胃の粘膜を荒らすので胃薬との併用をおすすめします。

※みぞおちが単発的な痛みでは無く、継続性の痛みが続いているならば何らかの原因があると言えます。

3)症状が続く場合は注意!可能性のある4種類の病気とは

(1)肋骨の骨折

肋骨の骨折は、外部から衝撃を受けた時に起きるのが一般的です。しかし、風邪などで咳が続く場合に知らない間に折れていることもあります。レントゲンでは骨折部分が見つかりにくくCTを撮ってもらうと良いでしょう。

(2)肋間神経痛

肋間神経痛とは、背骨から肋骨にかけて出ている神経がストレスや自律神経の不調により痛みとして現れるものです。命に関わる病気では無いですが、痛みが続くので日常生活に支障を来します。

(3)胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、ピロリ菌やストレスまたは食生活の乱れが原因で粘膜に潰瘍が出来てしまう病気です。潰瘍部分は炎症を起こし、そこに胃酸が触れるので痛みを生じます。

(4)胃がん

胃がんとは胃壁に出来てしまう悪性腫瘍のことです。初期症状は、胃痛や胸焼けといった胃炎に似た症状で、進行してくると痛みの強さが増してくることや他臓器にがん細胞が転移してしまいます。早期発見、早期治療で最近では治りやすいがんの一つではありますが進行してリンパ節に転移してしまうと完治が難しくなります。

Female physician of two people that use the tablet

4)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

まずは、整形外科を受診し肋骨のレントゲンまたはCTを撮影し骨折の有無を判断します。骨折が無い場合は、内科か消化器内科へ受診となり血液検査、胃の内視鏡検査といった流れになっていきます。

(2)治療方法

肋骨の骨折の場合は、コルセットなどでの固定と痛み止めの薬で経過観察します。肋間神経痛は、ストレスや自律神経の乱れを治すために安定剤や抗うつ薬の服用、カウンセリングを取り入れて治療していきます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、胃酸抑制剤で様子をみて、重症の場合は内視鏡で手術を行います。

胃がんは、第一選択肢が手術でがんが取り切れれば治療は終了ですが、進行がんになると追加で放射線治療と抗がん剤による治療が一般的です。また、最近では保険適用外ですが免疫細胞療法という治療法が出てきています。この治療法は、自分の免疫細胞を一旦、体外に取り出し免疫細胞の数を大量に増やして、また身体に戻しがん細胞を攻撃する治療法です。

5)生活習慣から改善を!咳をするとみぞおちが痛い症状への予防習慣

(1)生水を飲まない

家庭で井戸水を使っている方や海外渡航が多い方は生水に注意が必要です。生水にはピロリ菌が潜んでいるので、飲む際には一度お湯を沸かして飲むことをおすすめします。

(2)ストレスを溜め込まない

ストレスは万病の元になりますが、肋間神経痛にも罹りやすくなってしまいます。自分の趣味を楽しむことやスポーツで身体を動かしてストレスを溜め込まない様に心掛けましょう。



今回のまとめ

1)咳をするとみぞおちが痛い場合の4大原因とは(最重要テーマ)

2)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

3)症状が続く場合は注意!可能性のある4種類の病気とは

4)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法

5)生活習慣から改善を!咳をするとみぞおちが痛い症状への予防習慣