聴診器で検査をしている女医

咳をして気管が痛い場合に、喫煙者であればまず肺炎を疑うと思います。また風邪やインフルエンザが長引いて気管に炎症を与える場合や違ったウイルスによる場合も考えられたりと呼吸器系の病気の原因は様々にあり、症状の出方も色々あるので紹介していきます。 



咳をすると気管が痛い?気になる4大原因と対処法とは


1)気管とはそもそもなに?構造や役割とは 

気管とは気道という肺胞と咽頭を結ぶ空気の通り道の一部で、左右の肺に向けて分岐するまでの対を成さない一本の管の事をいいます。また分岐する対の部分を気管支といいます。 

2)咳をすると気管が痛い場合の4大原因とは 

(1)風邪・インフルエンザ 

風邪やインフルエンザのウイルス感染による症状の1つとして咳があり、酷くなると気管がヒューヒューと鳴り呼吸や咳をすると痛くなる場合がありコレを喘鳴(ぜんめい)といいます。 

(2)乾燥 

喉が乾燥していると咳を誘発して、さらに痰も絡み吐き出しづらくなるため気管など呼吸器にも異常をきたします。 

(3)タバコ 

タバコの煙に含まれる有害物質が気管を収縮させたり粘膜を刺激し、咳や痰など様々な気管の痛みの原因となります。 

(4)花粉・PM2.5 

スギ花粉による花粉症は良く耳にしますが、最近では中国大陸からの黄砂によるPM2.5という大気汚染物質も耳にする事が多くなりました。しかもPM2.5はスギ花粉よりも粒子が細かく呼吸により肺まで到達するレベルだとされており咳込みなど呼吸器への影響を及ぼす事もあるといいます。 

3)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

(1)乾燥を避ける 

乾燥は呼吸器系の症状を悪化させるので、加湿をして喉に潤いを与える事は気管の痛みに対する適切な対処といえます。 

(2)マスクを着用 

花粉やPM2.5、風邪にインフルエンザなどのウイルスへの対処としてマスクを着用すると効果的です。 

(3)禁煙 

喫煙により喉や気管、肺に刺激を与えますから、咳が続き気管が痛い時には応急処置的に禁煙するだけでもだいぶ症状が楽になる可能性があります。また可能であれば完全禁煙する事が気管など呼吸器系の病気への1番の対処となります。 

(4)喉を温める 

温かい飲み物を飲む事で喉が温まり、さらに潤いも与えるため乾燥による咳を軽減してくれます。 

※上記はあくまでも対処方法となります。症状が続く場合は、自己判断をせずに速やかに専門医へ相談をしましょう。

4)これって何かの病気?病気かどうかのチェックと判断基準とは 

咳込み気管が痛い場合に注意するべき症状をあげておきますのでチェックしてみましょう。 

・呼吸をするとヒューヒューやゼイゼイなど喘鳴の症状が数ヶ月続いている 

・咳や痰の症状が3週間以上続いている 

・タバコを吸うと喉が痛く咳込み気管が苦しい 

・風邪の症状である咳や痰、発熱が長引いている 

・花粉やPM2.5などの影響で鼻水や咳込み喘鳴が酷くなっている 

・痰に血が混じっている

Men are undergoing medical examination

5)症状が続く場合は注意!可能性のある6種類の病気とは 

(1)気管支炎 

気管支に炎症があって咳や痰などの呼吸器症状を引きおこす病気の総称であり、大まかに2つに分類されます。 

・急性気管支炎

風邪やインフルエンザなどのウイルス感染によって発症する気管支炎の事で咳や痰、発熱の症状が現れウイルスがいなくなるのに伴い治る場合が殆どで、3週間以上症状が続く場合には違う原因が疑われます。 

・慢性気管支炎

3週間を越え数ヶ月に渡り咳や痰が続く慢性化した気管支炎の事をいい、結核や非結核性抗酸菌の感染のほか、加齢やアレルギーなど身体的要素や、喫煙や大気汚染による環境的要素により発症します。 

(2)気管支喘息 

そもそも喘息とはアレルギーと気道過敏症の他、自律神経失調、精神的な刺激、細菌やウイルス感染、気管支の機能低下による呼吸困難の症状の総称の事で気管支喘息は発作的に咳や喘鳴を伴い呼吸困難に陥る症状をいい、慢性気管支炎の延長に位置する病気の1つです。 

(3)百日咳 

特有のけいれん性の咳発作を特徴とする急性気道感染症の事で、DPT三種混合ワクチン接種(ジフテリア・百日咳・破傷風)は世界各国で実施されているほどよく知られている感染症の1つです。小児を中心に発症し、生後6か月未満の乳児に至っては死亡率も高くなります。 

(4)肺炎 

アレルギー性や風邪を拗らせた肺炎のように免疫力低下によるものは感染しにくいといわれ、肺炎球菌やインフルエンザ、SARS、マイコプラズマなどによる肺炎は人にうつりやすいといいます。さらに死亡原因の3番目に位置し肺炎で亡くなる人の約90%は65歳以上の高齢者だとされます。 

(5)肺気腫 

肺気腫は、気管支の先にある肺胞が壊れる病気の事で、呼吸器機能の低下により酸素を取り入れる事が困難になり、結果的に咳や痰、喘鳴が酷くなります。 

(6)肺がん 

咳、呼吸困難、体重減少、痰、血痰(けったん)、胸の痛みなどの症状が特徴ですが、早期症状では他の呼吸器系の病気とだぶり気づかないで放置している事も少なくありません。代表的な原因として喫煙があり、その他にもヒ素やアスベストなども原因となります。 

6)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法 

(1)検査方法 

検査は症状に合わせて行われますが、酷い症状や肺がんなどの不安があればコレらの検査を行い病気の特定をしていきます。 

・X線検査 

・CT検査 

・喀痰細胞診、 

・血液検査(腫瘍マーカー) 

(2)治療方法 

・気管支炎

急性気管支炎の場合には主に抗生物質による治療が行われ、2~3週間以内に完治します。慢性気管支炎においては酷い時には肺炎の可能性も出てくるので、抗生剤による治療や場合によっては入院治療となります。 

・気管支喘息

慢性気管支炎とほぼ同様に抗生剤の投与や点滴などを行い、さらに気管支拡張薬を用い安静を約束され時には入院となります。 

・肺炎

肺炎の原因となる病原体に合わせた抗生物質による治療を行います。65歳未満であれば自然治癒も可能で入院の必要も無い場合がありますが、身体が弱っていたり65歳以上であれば入院となる場合もあります。また抗生物質を使用すると3日程で効果が現れます。 

・肺気腫

肺気腫の生存率は、発症してから5年後で40~50%といわれ、初期症状では気管支拡張薬や、気道のクリーニングのために痰を切れやすくする薬を内服して治療します。また禁煙する事で生存率が上がるようです。 

・肺がん

放射線治療、抗ガン剤など薬物療法、手術など症状に合わせて治療法が変わります。 

7)生活習慣から改善を!咳をすると気管が痛い症状への予防習慣 

(1)うがい手洗い 

うがいや手洗いを習慣づける事で気管の炎症の原因となる風邪やインフルエンザを予防してくれます。 

(2)加湿 

加湿器などを用いて部屋を乾燥させずに適度な湿度を保つようにする事で、喉への負担を軽減し気管など呼吸器機能低下を予防します。 

(3)禁煙 

呼吸器の病気に大きく関わる喫煙を経つ事は何よりの予防になります。しかし禁煙はなかなか簡単に出来る事では無いので焦らずゆっくりと禁煙外来などを利用しながらマイペースで行いましょう。 

(4)寝る前に温かい飲み物を 

寝ている時に咳込むような場合には、寝る前に温かい飲み物を飲んで寝る事で咳込みの予防や快適な睡眠効果も得られる可能性もあります。



今回のまとめ 

1)気管とはそもそもなに?構造や役割とは 

2)咳をすると気管が痛い場合の4大原因とは 

3)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは 

4)これって何かの病気?病気かどうかのチェックと判断基準とは 

5)症状が続く場合は注意!可能性のある6種類の病気とは 

6)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法 

7)生活習慣から改善を!咳をすると気管が痛い症状への予防習慣