聴診器を持って腕組みをするドクター

みなさん、食べ物や飲み物を飲み込む時に喉が痛く感じることがあると思います。喉は敏感な器官でもありますので、それは病気のサインで症状かもしれません。今回は飲み込むと喉が痛い原因や考えられる病気、治療方法などをご紹介します。






飲み込むと喉が痛い6大原因!症状・治療方法とは


1) 飲み込むと喉が痛い場合の代表的な症状とは

飲み込んだ時に喉に痛みが出る場合、痛みと共に他の症状も出ることがあります。そこで、代表的な症状をご紹介します。

(1) 違和感

喉に何かがあるような感じやイガイガするなど違和感が出ることがあります。

(2) 熱発

微熱から、38~40度といった高熱まで熱発することがあります。

(3) 痛み

飲み込む時の痛み以外に「胃の痛み・腹痛・頭痛」といった他の痛みが出ることがあります。

(4) 下痢

水のような水様便が出ることがあります。何度もトイレに行くことになる場合もあります。

(5) 嘔吐

飲んだ物や食べた物を吐いてしまうことがあります。ひどい場合は脱水にもなりかねないので、受診することをお勧めします。

(6) 寒気

身体が震えるほどの寒気が出ることがあります。温めるなど対処が必要になります。

2)飲み込むと喉が痛い場合の6大原因

飲み込むと喉が痛いということは、症状が出る前に原因があります。そこで1部ですが考えられる大原因をご紹介します。

(1) 感染

病院や身内などで、感染症を持っている方に接触することによって、自分も感染してしまうことがあります。

(2)細菌

空気中には、たくさんの細菌があり吸い込んでいますが免疫力によって守られています。しかし、免疫力が低下したりすることによって、細菌が体内で増殖してしまい症状が出てしまうことがあります。

(3) ウィルス

ウィルス感染やウィルスの入った飲食物を摂取することによって、症状が出ることがあります。強い感染力を持っているので対策が必要になります。

(4) 花粉

花粉の時期になると、くしゃみ、鼻水から喉の痛みが出ることがありますので上記の対処法を心がけましょう。

(5) 大気汚染

汚れた空気を吸うことによって、喉が刺激され痛みが出ることがあります。上記の対処法をお試しください。タバコの煙も原因でもあります。

(6)病的原因

下記項目でご説明をします。

Woman with cough

3)飲み込むと喉が痛い症状への対処方法とは

飲み込むと喉が痛くても夜間の場合、病院に行けないことがあります。そこで痛みを緩和させる一時的な対処法をご紹介します。

(1) 湯気を吸う

喉が乾燥して、喉に痛みが出ていることもありますので湯気や加湿器などで喉を潤してあげましょう。痛みが緩和されることもあります。

(2) ホットミルク

喉は粘膜でできている為、乾燥や病気に敏感です。少し暖かいホットミルクを飲んでみましょう。ミルクは粘膜を保護する効果もあり、胃にも優しいです。

(3) マスク

感染する可能性もある為、マスクを着けましょう。また加湿効果もあるので喉を守る為に着け、早めに受診しましょう。

(4) うがい

ぬるま湯でうがいをしましょう。乾燥からくる痛みの場合には効果があります。またイソジンなどうがい用の物があるなら使用することをお勧めします。そして早めに受診しましょう。

(5) 市販薬

忙しく時間がない場合や夜間に症状が出た時の一時的な対処法として、ドラッグストアに売っている、風邪薬を服薬して様子をみましょう。薬剤師に相談し決めましょう。受診した際、市販薬を飲んだことも医師に説明するようにしましょう。

(6)受診

※上記の対処方法はあくまでも瞬間的な対処方法となります。痛みや違和感が続く場合は、速やかに専門医で検査を受けましょう

4)喉が痛い症状が続く場合に考えられる6つの病気

飲み込むと喉が痛い原因や対処法がわかったと思いますが、もしかしたら病気ではないかと思われている方もいると思います。喉の痛みが出る病気をご紹介しますので、参考として早期受診をお勧めいたします。

(1) 風邪

季節によって症状は違います。そして細菌性のものやウィルス性のものがあります。上記の症状がほとんど当てはまりますが、早期受診することをお勧めします。

(2)咽頭炎

咽頭という喉が炎症を起こすことによって、喉に強い痛みや飲み込む時の痛みなどが生じる病気です。ウィル性のものから刺激によって起こる慢性的なものなど酒類があります。

(3)ウィルス性胃腸炎

季節的に流行る、ウィルス性の胃腸炎があります。冬などにインフルエンザのように流行り病院でも予防のパンフレットが貼られていることがあります。冬に流行る「ノロウィルス」などはウィルス性のもで、ウィルスに感染することにより症状がでます。感染力が強く、人から人へと感染が広まることがあり危険です。急性胃腸炎とも言われております。

(4)花粉症

花粉症の症状による鼻水やクシャミなどが特徴で、ひどくなると痰や喉の痛みが出ることがあります。花粉の時期は辛いですが、服薬をして、外出の際はマスクを着用したりして過ごしましょう。耳鼻科へ受診することお勧めします。

(5)扁桃腺炎

扁桃腺に細菌が入り、炎症を起こし腫れて喉に痛みが出る病気です。喉の風邪といわれていますが、早期受診し治療しましょう。

(6)咽頭癌

咽頭、喉の奥にできる悪性腫瘍です。発症率は少なく、耳鼻咽喉科や診療所で稀に発見される癌です。喉の痛みや声がかすれ枯れたり痛み、違和感と症状があります。喫煙や飲酒や刺激物が原因としてあげられています。

5)症状が続く場合にすべき検査方法とは

上記のような病気があるということはお分かりいただけたと思います。ですが、どのような検査があるのか不安になる方もいると思います。上記の病気が疑われた際に行われる検査をご紹介します。

(1)触診

問診の次に医師が喉の周辺を触り、痛みや腫れがあるか診ます。それによって次の検査や処置が判断されます。どの病院でも行われます。

(2)血液検査

健康診断などで行われる検査です。採血し血中の成分を調べると共に炎症反応やウィルス反応も調べます。炎症反応やウィルス陽性が出た場合、それによって治療方針などが判断されます。診療所で検査可能です。

(3)検便

便を採取しウィルスや血液が混じってないかなど調べる検査です。綿棒のような俸につけ容器に入れるだけなので簡単にできます。診療所などで行われます。

(4)レントゲン検査

X線撮影することによって、肺炎を併発してないかなど調べることがあります。微量に被ばくする為妊婦は、相談することをお勧めします。

(5)内視鏡検査

鼻を麻酔し鼻腔からファイバースコープと言われる器具を挿入して、腫瘍があるかないかを検査します。性能がよく小さい癌も発見できます。耳鼻咽喉科や総合合病院をお勧めします。

(6)CT検査

喉の部位を撮影し画像処理した断面図を見て、腫瘍があるかないか広がりなど、癌の転移など見つかり診断されることがあります。円状の中に入るため、閉所恐怖症の人などは事前に説明することと、総合病院や大きい病院へ受診することをお勧めします。

Medical doctor woman looking in clipboard

6)症状が続く場合にすべき治療方法とは

病気と診断されると医師の判断により治療方針が決まっていきますが、どのような治療が行われるのか気になり不安な方もいると思います。上記の病気に行われる治療をご紹介します。

(1)薬物療法

問診にて、薬服用で様子見れると判断された場合に、症状や状態に合わせたが処方されます。抗生物質や痛み止めなどです。通院することになりますが、医師と相談しながら調整してもらうようにしましょう。またしっかり服用し、副作用が出た場合すぐに受診しましょう。抗がん剤は副作用が強い為、看護師や医師に伝え辛いですが、治療に専念しましょう。

(2)点滴

問診や検査にて、処置が必要と判断された場合に行われます。抗生剤や脱水には水分栄養剤などの点滴を行うことがあります。滴下によっては時間がかかります。

(3)放射線治療

癌を消滅させたり増殖を抑えることができる療法です。放射線を患部に当て行います。経過観察をしながら行われますが、副作用も出るので医師や家族と相談して決断しましょう。

(4)手術

咽頭がんでは、進行している場合は、咽頭も切除しなければいけなくなることがあります。術後は、声が出なくなるなど、生活に苦しみます。しかし、内視鏡を使って腫瘍を切除する術式もあります。医師や家族と相談して決めましょう。

7)飲み込むと喉が痛い症状への6つの予防習慣

飲み込むと喉が痛い症状は、日頃の生活から予防することが可能です。日頃から予防をしていても、病気になる時はありますが、予防し健康管理することが大切です。そこで簡単にできる予防方法をご紹介します。お試しいただけたらと思います。

(1) 外出時マスク

外出時などマスクを着用することにより100%とは言えませんが、風邪を予防できたり花粉や汚染された空気を吸うことを抑えることができます。また加湿効果もありますので、喉の乾燥を防ぐことがあります。

(2) 消毒

手指消毒を心がけましょう。またアルコールにて消毒することもお勧めします。ノロウィルスの場合は、次亜塩素酸の消毒が国から認められていますので、薄めて使用しましょう。

(3)入浴

シャワーで済まされる方が多いと思われますが、湯船に浸かり身体を温めましょう。また、湯気によって喉が潤されますので、喉の乾燥や病気の予防に効果があります。

(4)加湿

部屋の湿度に気をつけ、加湿器を使用して乾燥を防ぎましょう。湿らしたタオルを、置いとくだけでも加湿効果が出るので、加湿器がない方などお勧めです。

(5)温める

身体を温めるように心がけましょう。夏は暑いですが、寝る前にエアコンで冷やして毛布かけずに寝たりなどしないようにしましょう。

(6)服薬

回復し医師が大丈夫と判断されるまでは、通院ししっかり服薬して療養しましょう。決して、少し体調が良いからといって外出したりしないようにしましょう。






今回のまとめ

1)飲み込むと喉が痛い場合の6つの代表的症状

2)飲み込むと喉が痛い6大原因

3)飲み込むと喉が痛い症状への対処方法とは

4)喉が痛い症状が続く場合に考えられる6つの病気

5)症状が続く場合にすべき検査方法とは

6)症状が続く場合にすべき治療方法とは

7)飲み込むと喉が痛い症状への6つの予防習慣