女性患者の診察を行う医者

鈍痛が続く・急に激痛がはしる・呼吸や咳をすると痛むなど、胸の痛みで悩んでいませんか?胸の真ん中あたりに痛みを感じたら、それは病気のサインかもしれません。今回は胸の真ん中が痛い場合の、様々な病気や原因を紹介していきたいと思います。



胸の真ん中が痛いのはなぜ?考えられる3大原因と治療方法


 1)どんな症状が現れる?胸の真ん中が痛い場合の症状とは

(1)鈍痛

ズンズンと痛む・じんわりと痛む・胸が重苦しい・漠然とした痛みなど、胸に違和感があり、痛みが長く続く状態です。耐えられないほどの痛みではないため、我慢して放っておく人も多いです。

(2)激しい痛み

針が差し込むような痛み・電気がはしったような痛みなど、耐え難い痛みが起こります。症状が進むと、冷や汗が出る・背中まで痛みを感じるなど、全身への影響も見られます。

(3)圧迫感

締め付けられる感じ・息苦しいなどの症状がみられると、心臓や肺の病気が潜んでいる可能性があります。

(4)咳が止まらない

胸の痛みと併せて咳がひどい場合は、骨や筋肉、神経などが痛みを起こしている可能性があります。

 2)なぜ痛みが・・?胸の真ん中が痛い場合の3大原因

(1)疾患

胸の真ん中には消化器系の臓器が集まっています。食道や胃などが炎症を起こすと、胸の痛みや胸焼けを感じるようになります。また、心臓や肺機能の異常、神経の痛みなどでも胸の真ん中に痛みを感じることがあります。

(2)骨折

事故や何らかの衝撃で胸を強く打つなどして肋骨や胸骨にヒビが入ったり骨折したりすると、深呼吸や触るだけで痛みを感じるようになります。ヒビや骨折の場所によっては、呼吸や咳・くしゃみ、重い荷物を持つだけでも激痛が走るようになります。

(3)ストレス

精神的ストレスや過労が溜まると、人間は無意識に呼吸が浅くなり、肩で呼吸をするようになります。この緊張状態が続くと、背中や肩の筋肉、神経などが収縮して体に負担をかけることとなり、肋間神経にも影響を及ぼして胸が痛くなる原因となってしまいます。

3)痛みが続く場合は注意!考えられる7つ種類の病気とは

(1)狭心症

コレステロールによって動脈硬化が起こり、心筋への酸素供給低下が原因で起こる病気です。胸の鈍痛に加え動悸を伴います。悪化すると急性心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

(2)心筋炎

ウイルスなどが原因で心筋が炎症を起こす病気です。胸の痛みに加え、熱・咳など風邪に似た症状を伴います。

(3)心臓神経症

ストレスや過労、不安感が原因で起こる病気です。心臓に異常はないのに胸の鈍痛や動悸のほか、めまいや息切れなどの症状も見られます。

(4)大動脈解離

大動脈と呼ばれる大きな血管が裂けてしまって起こる病気です。胸の激痛や背中の痛みを感じることが多く、手足が麻痺してしまう人もいます。発症後の死亡率も高く、放置するのは大変危険です。

(5)逆流性食道炎

胃酸が食道へ逆流し、炎症を起こす病気です。胸の痛みや胸焼けなどの症状を感じます。

(6)肺気腫

呼吸細気管支と肺胞が拡張し破壊されていく、肺の重大な病気の1つです。息切れや息苦しさなどの呼吸障害や咳・痰がよく出るなどの症状がみられます。喫煙者の発症が多く、別名タバコ病とも呼ばれています。

(7)気胸

肺に穴が開いて空気を取り込めない状態になる病気です。突然胸に痛みを感じ、正常な呼吸運動が困難になってしまいます。突発性に起こることが多く、身長が高い痩せ型の青年男子によく見られる傾向があります。

Doctor listening to patient

4)試せる応急処置はある?試したい対処方法とは

(1)安静にする

椅子に腰掛けてゆっくりと深呼吸を行いましょう。痛みが落ち着いたら病院に行きましょう。左側を下に寝ると、胃への負担が軽くなり楽になります。できるだけ横になってゆっくり休みましょう。

(2)タオルを胸に当て圧迫する

ひびや骨折による痛みには、痛みを感じる部分に厚手のタオルを当て、軽く圧迫することで痛みを軽減することができます。

(3)衣服を緩める

胸の痛みと伴に息苦しさを感じるようであれば、ボタンや下着を外すなど呼吸が苦しくならないように楽にしてあげる必要があります。

(4)水を飲む

キューっと痛みを感じる時に水分を摂ると緊張が緩んで楽になることがあります。ただし、無理に飲む必要はありません。また、痛みを感じる時に物を食べるのは大変危険なので、水分を少し口に含む程度にしておきましょう。

(5)救急車を呼ぶ

激しい胸の痛みに冷や汗・めまい・呼吸困難・手足のしびれなどの症状がみられる場合は、すぐに119番通報しましょう。

5)気になる場合は早期に専門家へ!試したい検査方法とは

呼吸困難などの症状がみられる場合は呼吸器内科、それ以外は循環器内科を受診しましょう。痛みの原因がはっきりしない場合、まずは総合病院などで検査を受けましょう。検査費用は初診で5000円~8000円程の費用がかかってきます。

(1)胸部X線検査

心臓の大きさ・形・大血管・肺などの状態を調べることができます。特に肺の病気はこのX線画像の色の濃淡で診断しやすいため、よく行われる検査方法です。

(2)心電図検査

心電図は心臓の電気活動をグラフで見ることができる装置です。電極を体に貼り付け、心電計に記録されるグラフを見て、不整脈が見られないかを調べます。

(3)血液検査

血液中の成分から心臓の病気やその他の病気のリスクが潜んでいないかを調べます。

(4)胸部CT

心臓の大きさ・形・冠動脈の異常や狭窄などを見ることができます。病気の発見や診断・病状の把握・治療方針の決定などを判断する際の重要な検査となります。

empty nurses station

 6)病院で試される可能性のある治療方法とは?

患者さんの症状・年齢・合併症の有無などを医師が判断し、治療法を選択していきます。

(1)薬物療法

内服薬を用いて症状の緩和や発作が起こるのを予防します。糖尿病や高血圧などの持病がある方は並行して治療を行っていくので、医師に指示された用法・用量を正しく守りましょう。

(2)ブロック注射

痛みが神経からくるもので痛みが長引いている場合、局部麻酔による神経ブロック注射やステロイド注射などを行い痛みを和らげる方法があります。

(3)手術

症状が酷い場合や薬物療法でも効果が見られない場合には手術が必要になることもあります。手術は体への負担が大きいため、薬物療法などを優先的に行いますが、症状によっては緊急に手術が行われることもあります。治療にかかる費用は治療の内容や入院期間、かかりつけの医療機関などによって異なります。

7)日常生活から改善を!胸の痛みへの6つの予防ポイント

(1)肥満の解消

肥満は生活習慣病や心臓病の原因となります。暴飲暴食をせずに1日のエネルギー摂取量を守るようにしましょう。さらに運動することで血行が良くなり、心臓病の予防にも繋がります。

(2)禁煙

タバコに含まれるニコチンは血圧や脈拍を上昇させ、心臓への負担を強めてしまいます。禁煙すると心臓病による死亡率が1年で半分にまで下がるというデータもあるので、今からでも遅くはありません。タバコは止めましょう。

(3)ストレスの解消

ストレスが溜まると心臓に栄養をおくる冠動脈が動脈硬化を起こしやすくなります。がんばり過ぎない。考えすぎない。心身がリラックスできる方法を見つけましょう。

(4)塩分を控えた食事

塩分を控えることで、胸の痛みに繋がる高血圧などの疾患を予防することができます。厚生労働省によると、男性で9g未満/日、女性で7.5g未満/日の塩分摂取を勧めています。

(5)糖分を控える

糖分の過剰摂取は、肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因となってしまいます。砂糖の1日の摂取量の目安は5gで、お菓子類からの摂取は20~30gまでに抑えるのが望ましいとされています。

(6)アルコールを控える

アルコールは逆流性食道炎や食道がんなどを引き起こすリスクがあります。飲酒後はすぐに横になることを避け、過剰摂取には気をつけるようにしましょう。



今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?胸の真ん中が痛い場合の症状とは

2)なぜ痛みが・・?胸の真ん中が痛い場合の3大原因

3)痛みが続く場合は注意!考えられる7つ種類の病気とは

4)試せる応急処置はある?試したい対処方法とは

5)気になる場合は早期に専門家へ!試したい検査方法とは

6)病院で試される可能性のある治療方法とは?

7)日常生活から改善を!胸の痛みへの6つの予防ポイント