Sleeping pills

突然胸が苦しいと感じたり、動悸がしたりすることありませんか。特に理由がないとストレスや疲労で片付けがちですが、思ってもみない隠れた病気の可能性も考えられます。今回の記事ではそんな胸が苦しい原因と病気の可能性についてお伝えします。 



胸が苦しいのはなぜ?注意したい4大原因と病気とは


1)なぜ痛みが?胸が苦しい場合に考えられる4大原因とは? 

胸が苦しい場合、一般的に代表的な症状としては、一瞬の動悸・ 安静時に持続する動悸・胸が締め付けられるような圧迫感・動作に伴う動悸や息切れなどの違和感が現れます。 

(1)心疾患  

心臓になんらかの問題がある場合、血液の循環が滞ったり、通常通り流れないことにより、胸が苦しくなったりチクッとした痛みを感じたりします。  

(2)ストレス  

 過度のストレスにより胸か苦しいという症状が表れます。これは自律神経の働きがアンバランスになる(交感神経が優位になる過ぎる)ことでおこります。心配事などもきっかけの一つになりえます。 

(3)運動 

急な運動により心臓への血流が一時的に増すことにより起こります。通常の場合は問題ありませんが、少しの運動でも症状が出るような場合は要注意です。 

(4)高血圧 

血圧が高くなると、強い力で心臓が血液を送り出そうとするので、心臓に負担がかかり、動悸を感じることがあります。 

2)症状が続く場合は注意?考えられる5種類の病気とは 

(1)心臓病  

心臓になんらかの問題がある場合、血液の循環が滞ったり、通常通り流れないことにより、胸が苦しくなったりチクッとした痛みを感じたりします。狭心症、心筋梗塞、心筋炎、不整脈、心不全などさまざまな疾患があります。 

(2)自律神経失調症  

過度のストレスにより胸か苦しいという症状が表れます。自律神経は交感神経と副交感神経からなっており、この働きがアンバランスになる(交感神経が優位になりすぎる)と症状の一つとしてこの症状が表れます。 

(3)うつ病 

自律神経の働きが慢性的にバランスを失ってくると、初期にはイライラや興奮状態が訪れ、やがて無気力や食欲不振、不眠などといった症状が表れてきます。 

(4)パニック障害 

突然の動悸や呼吸困難といったパニック発作が特徴です。通常は20~30分で収まりますが、また起きるかもという不安(予期不安)も抱えてしまいます。 

(5)その他の内科系疾患 

呼吸器系や、血管系、消化器系の疾患でも起こることがあります。 

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

3)試せる処置はある?胸が苦しい場合への対処方法とは 

明らかに自覚している場合はその症状に合った対処をします。たとえばパニック障害の場合は、発作が起きるのを楽な姿勢で待ったり、狭心症の場合は携行しているを飲んだりします。 ただ、あくまでもこれらはその場しのぎの方法でしかありません。重大な疾患につながるケースも多いので、異常を感じたら自己判断せずに直ちに専門の病院を受診することが大事です。 

4)気になる場合は専門医へ!試したい検査方法とは 

(1)心臓超音波検査 

心エコーとも言います。心臓がちゃんと動いているか、心臓の弁がきちんと開閉しているかどうかなどをリアルタイムで観察します。3割負担で3,000円弱のところが多いようです。 

(2)CTスキャン 

冠動脈という血管に異常がないかどうか調べる検査です。狭心症や心筋梗塞に効力を発揮します。費用は3割負担で10,000円程度のところが多いようです。 その他、心電図やカテーテル検査、心臓電気生理学検査などがあります。心臓の疾患の場合はまずは内科に行ってから循環器科に回されることが多いようです。 

(3)血液検査 

うつ病をはじめとする診療内科系のの検査の場合は、血液検査を行なうことがあります。リン酸エタノールアミンという物質で判断できるようになってきています。通常は心療内科で行なわれます。保険適用外で13,000円~14,000円というところが多いようです。 

5)どんな治療方法がある?行われる可能性のある治療方法とは 

(1)投薬治療 

狭心症や心筋梗塞の発作の際には、有名なニトログリセリンを舌下投与します。また平常時には血管を拡張する薬や、交感神経の働きを抑える薬を服用します。 また、うつ病の場合は、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠剤などを飲みながら、諸往生の緩解をはかります。 

(2)手術 

症状の程度が進んだ場合は、冠動脈形成術や冠動脈バイパス術などの手術を行い、心臓にかかる負担を減らします。心臓病の手術は100万円を超える高額なものですが、高額療養費制度があるので、全額を払わなければいけないわけではありません。 

(3)カウンセリング 

心療内科によっては薬物療法は離脱に時間がかかるため、カウンセリングを自費で行っている病院もあります。メリットは体にかかる負担が少ないことですが、一日に診られる数が限られてくるため、メジャーとはいえません。また保険適用外なので実費の治療となります。お値段は病院によって違うので、問い合わせたりホームページから確認するとよいでしょう。

Mature Lady doctor shows a patient test results 

6)日常生活から改善を!胸が苦しい症状への予防ポイント 

(1)生活習慣 

うつの人の場合、治療法として朝日を浴びるというものがあります。体内時計は24時間設定になっていないので、朝の貸与王を浴びることでサーカディアンリズム(概日周期)を整える効果があります。 これは他の病気についても同じことで、夜になったらお風呂に入ってリラックスして、質の高い睡眠をとることに勝る休養はありません。 

(2)食生活 

特に高血圧の方の場合は、塩分や脂肪分の摂取を控え、血管や内臓にかかる負担を減らす必要があります。また、なるべく21時以降は飲食しないことも大事です。 

(3)運動 

適度な運動は血行を促進し、心臓にかかる負担を減らします。ただし、くれぐれも「ゼーゼーハーハー」というハードな運動はしないようにしてください。 

(4)目を休める 

パソコンやスマホの見すぎは交感神経を昂ぶらせるもとです。夜になったら明かりを少し落として、寝る直前までパソコンやスマホ、テレビなどを見ないようにしましょう。 



今回のまとめ 

1)なぜ痛みが?胸が苦しい場合に考えられる4大原因とは?

2)症状が続く場合は注意?考えられる5種類の病気とは 

3)試せる処置はある?胸が苦しい場合への対処方法とは 

4)気になる場合は専門医へ!試したい検査方法とは 

5)どんな治療方法がある?行われる可能性のある治療方法とは 

6)日常生活から改善を!胸が苦しい症状への予防ポイント