女性患者に問診をしているナース

胸の下が痛くなった経験はありませんか。小さな痛みから激痛までと、様々な痛みがありますが、この痛みには実は大きな病気が隠されているかもしれません。その病気とはどんなものがあるでしょうか。今回は胸の下が痛い原因と治療方法についてお伝えします。






胸の下が痛い・・!考えられる原因と4種類の病気とは


1)どんな症状?胸の下が痛む場合の5大症状

痛みの症状には次のようなものがあります。

(1)呼吸するだけでシクシク痛む

(2)一度治まってもまた痛む

(3)声を上げて笑う、寝返りなどの日常の動きでの痛み

(4)突き刺さるような激痛

(5)筋肉痛と似た痛み

痛む部位は、両側が痛む場合もありますが、一般的に、片側、特に右胸が痛む場合が多いです。

痛む時間は人によって様々で、数秒、数分程度で治まることもあれば、数十秒痛みが出たと思うと、急に治り、また数十秒経つと痛む、といった症状を繰り返す人もいます。一度痛みが治まっても、思い出したようにまた痛むこともあります。ひどい人は何年もそうした痛みが続きます。

2)胸の下が痛い場合の2大原因

痛みの原因としては下記が考えられます。

(1)胆のう、胆管、腎臓などの泌尿器

(2)ろっ骨

等の器官に何らかの病気や異常が起こっている可能性が高いでしょう。

3)症状が治まらない場合に・・考えられる4種類の病気

(1)肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)

ろっ骨に沿って、胸部・腹部に通る神経を肋間神経といいます。その神経に何かしらの異常が起こる、神経痛の一種です。原因はまだ解明されていませんが、ストレスなどの原因があげられます。胸に突き刺さるような激痛や筋肉痛に似た症状が起こります。多くの場合前触れもなく、突然痛みが起こります。

(2)腎結石

腎臓は血液をろ過し、尿を作る器官です。その腎臓の中で、自分の体内の栄養分が砂利のように結晶化してしまう病気です。

(3)胆のう炎

胆のうは、肝臓で作られた胆汁を蓄えておく器官です。胆石や細菌により、胆汁の流れが滞ることで胆のうに炎症が起き、痛みや発熱、吐き気を引き起こす病気です。

(4)胆石症

肝臓は体内の老廃物などを胆汁に変えて体外に出す役割を担っています。しかし、その胆汁が胆道の中で結石化しまう病気を胆石症といいます。脂肪過多などが原因で、コレステロールが石のように固まってしまうのです。

Doctor and surgeon reading notes

4)病院で行われる4つの検査方法とは?

肋間神経痛の疑いがある場合、整形外科を受診します。その他の泌尿器に関しては消化器外科または消化器内科を受診します。

(1)血液検査

白血球などに、炎症反応による異常値が出ていないか検査します。料金は病院にもよりますが3000円が相場。結果は、大きな病院では1時間、小さな病院では1週間ほどで出るのが目安です。

(2)MRI(磁気共鳴影像法)

MRIの画像からは、症状に対してより詳細な情報を得ることができます。胆のうの大きさや、結石の有無を確かめるために行います。肋間神経痛の場合は、骨の変形や腫瘍の有無を確かめることができます。20分ほど機械の中で検査を受けます。結果が出るまでは約1週間。  料金は約7000円負担となります。

(3)レントゲン検査

この検査では大体の臓器の形、大きさの判断をすることができます。腹部の他の病気と区別することもできます。2方向で1000円程、所要時間は約10分です。

(4)知覚検査

肋間神経痛の場合は、道具を使って知覚神経に刺激を与え、感覚に異常がないかを調べる検査が行われることもあります。

5)病気の場合に・・専門家で行われる2つの治療方法

(1)薬物治療

薬物により、胆汁の分泌促進を図り、胆石を改善します。痛みがひどいときには鎮痛剤が使用されます。また、肋間神経痛は、痛みを抑える鎮痛剤が主に使われ、湿布もよく用いられます。痛みがひどい場合には、神経ブロックと呼ばれる局所麻酔を注射します。多くの人が何年も症状に苦しめられるため、定期的な通院が必要になります。

(2)手術

腎結石、胆のう炎、胆石症の場合は回復手術、または腹腔鏡下手術で胆石を取り除きます。腹腔鏡下手術は3、4日ほど、開腹手術は約一週間で退院できます。

Closeup on medical doctor woman explaining something

6)生活習慣から改善を!胸の下の痛みへ4つの予防習慣

(1)食習慣

肋間神経痛には、ビタミンB12が含まれた肉類や魚類を積極的に摂りましょう。胆石がたまらないよう、コレステロールや脂肪の多い食事を避け、納豆、さつまいも、ひじき、鶏ささみ、白身魚などを食事に取り入れましょう。決まった時間に食事を摂ることも大事です。またカロリーの摂りすぎにも注意が必要です。

(2)生活習慣

ストレスは万病のもと、といいます。余計なストレスがたまらないよう、毎日をゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

(3)睡眠習慣

質の良い睡眠を心がけることで、病気になりにくい体になります。毎日6,7時間の睡眠をとりましょう。お風呂に入った後に布団に入ると眠りにつきやすくなります。

(4)運動習慣

神経痛は、背中の筋肉をつけることで痛みが緩和する場合があります。ストレスにならない程度に背筋を伸ばすなど、軽めのストレッチなどをしましょう胆石症などは、運動をすることで善玉コレステロールが増え、胆汁の流れがスムーズになります。週3回程度の20分ほどの軽いウォーキングを心がけましょう。






今回のまとめ

1)どんな症状?胸の下が痛む場合の5大症状

2)胸の下が痛い場合の2大原因

3)症状が治まらない場合に・・考えられる4種類の病気

4)病院で行われる4つの検査方法とは?

5)病気の場合に・・専門家で行われる2つの治療方法

6)生活習慣から改善を!胸の下の痛みへ4つの予防習慣