胸に聴診器をあてて診察を行うナース

あなたは、日常生活の中で胸の痛みを感じて胸を押すと、より胸の痛みを感じ何かの病気を発症してしまったのではないかと不安になったことはありませんか。今回の記事では、胸を押すと痛い原因や胸の痛みから考えられる病気などについて紹介します。






胸を押すと痛いのはなぜ?3大原因と考えられる病気とは


1)種類はあるの?胸の痛みの3つの種類と症状の違い

(1)左胸の痛み

左胸の痛みの症状の他に左腕、左あごなど左側に痛みやしびれの症状が集中して出ることがあります。症状が長く続くようであれば、心臓に関わる病気を発症している可能性があるといわれています。また、精神的にストレスなどを多く抱えている状態の時にも左胸の痛みといった症状が出ることがあります。

(2)右胸の痛み

右胸が痛む場合は胆嚢の病気である胆嚢炎や胆石の可能性があるといわれています。

(3)真ん中の胸の痛み

胸の真ん中が痛む場合は、消化器系の臓器が集まっていることから消化器の内臓から痛みがきている可能性があるといわれています。

2)胸を押すと痛い!考えられる3大原因

(1)病気

内臓に病気があることで、痛みの症状が出ていることがあります。胸の痛む部位によっては、原因となる病気が心臓であるなどの違いがあるようです。

(2)怪我

肋骨が骨折していることなどが原因となって、胸の痛みを発症することがあります。

(3)生理周期

女性であれば生理に伴う乳腺の発達によって、胸の痛みの原因となることがあります。

3)自分でできることは?胸が痛い症状への対処方法

(1)安静

病気などで胸の痛みが出るようなら、安静にして少し様子を見ることが対処法としてあります。胸が痛む病気によっては安静にすることで、痛みが和らぐこともあるのでその時に痛む場所や痛みの続く時間などをきちんと観察することが対処方法としてあります。

(2)深呼吸

精神的な不安やストレスなどで息苦しさや胸が痛むことがあるので、深呼吸をして精神的に落ち着くことが胸の痛みの対処法として有効なことがあります。

(3)横になる

胸の痛みの他に意識が無くなることがあれば、血液循環に問題があることで意識がなくなっていることがあります。血液循環の問題により脳にダメージが掛からないようにするためにも、脳と心臓の位置を水平にすることが対処法として有効なことがあります。

(4)衣服をゆるめる

胸の痛みの他に息苦しさの症状があれば、衣服をゆるめて楽にしてあげることが対処法として有効なことがあります。

(5)少量の水分補給

少量の水分補給は身体の緊張を和らげて、胸の痛みを楽にすることがあるようです。

(6)病院へ

胸の痛みの病気の中には、緊急性が高いものもあります。痛みがあまりに強いや痛みが増す、20分以上痛みが継続するといった症状や冷や汗、意識が朦朧とするといった症状が見られれば病院にて適切な処置をしてもらうことが対処法として有効です。また、救急車を呼んで病院へ向かうほうが応急処置をしてくれるので対処法として有効です。

Women are receiving medical attention

4)病気の可能性とは?症状が続く場合に考えられる6種類の病気

(1)狭心症

狭心症は、心臓にある血管が動脈硬化などの何らかの原因によって狭くなり、血の流れが悪くなることで一時的な心筋の虚血状態になることです。冠動脈が狭くなっている状態で、胸を押すなどをすると心筋が虚血状態になり症状として胸の痛みなどの症状があらわれます。

(2)心筋梗塞

心筋梗塞は冠動脈が完全に塞がることで、心臓の心筋に血液が流れなくなっている状態です。心筋梗塞は狭心症の一歩手前の症状なので、胸を押すなど心臓に負担がかかってしまうと胸の痛みを感じます。

(3)心臓神経症

心臓神経症は心臓に病気などの異常が無いにもかかわらず、精神的な不安や緊張などから左の胸部痛やめまいなどの症状を発症します。心臓神経症の症状は、鈍痛を長時間感じて手で押すと胸の痛みが増すといった特徴があります。

(4)肋間神経痛

肋間神経痛は、肋骨に沿って走っている肋間神経が何らかの原因によって痛みの症状が出ます。肋間神経痛の痛みの出方の動作や姿勢は、胸が圧迫されると痛むなど人によって違いがあります。

(5)乳腺炎

乳腺炎は、乳房にある乳腺が何らかの細菌感染や詰まりにより炎症が起きる症状です。乳腺炎の症状として、胸を押すと痛むや熱を持つ、赤くなるといった症状がみられます。

(6)胸膜炎

胸膜炎は、肺を包んでいる胸膜に炎症症状が起きる症状です。胸膜炎の症状として、胸の痛みがありますが痛みは軽いものから強いものまであり、痛みの程度は個人差があるようです。

5)症状が続く場合に・・胸の痛みへの4つの検査方法

胸の痛みがある場合は、多くの内臓の病気の可能性が考えられるので総合病院にて検査を受けることがおすすめです。今回は狭心症が疑われる場合の検査を紹介します。

(1)心電図検査

心電図検査では、心臓内の電気の伝達を調べる検査方法です。狭心症であれば、心電図検査により心筋の虚血を示す特徴的な変化がみられることがあります。

(2)心臓エコー検査

心臓エコー検査では、超音波により心臓の動きを画像で確認する検査方法です。この検査では、心臓の収縮および弁の動き、心房・心室内の血栓の有無などを調べることができます。

(3)心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査では、冠動脈に造影剤を使用してレントゲン撮影を行ない狭窄があるかどうかを確認する検査方法です。

(4)心臓CT検査

心臓CT検査では、心臓カテーテル検査と同じように造影剤を使用して冠動脈の狭窄を画像で検査する方法です。心臓CT検査は、心臓カテーテル検査に比べて造影剤を静脈から点滴から注入するので身体への負担は少ないといわれています。

empty nurses station

6)病気の場合には?専門家で行う治療方法

狭心症の場合の治療方法を紹介します。

(1)薬物療法

薬物療法では、何種類かの薬の組み合わせによって投与されます。薬は、血管を広げる効果のある硝酸薬や交感神経を鎮めることで心臓の負担を軽減させるβ遮断薬などの薬が処方されます。

(2)経皮的冠動脈形成術

経皮的冠動脈形成術では、カテーテルを用いた治療が行われPTCAやステント留置といった方法があります。

(3)心臓バイパス手術

心臓バイパス手術は、血流が悪くなっている冠動脈の代わりに側副路を作る治療方法です。側副路であるバイパスに用いられる血管は、身体にある内胸動脈や足の静脈など他の部分の血管が用いられます。

7)日常生活から予防を!胸の痛みへの4つの予防習慣

(1)食習慣

食事で塩分・糖分および脂肪の摂り過ぎは冠動脈が硬くなり動脈硬化を引き起こす原因になるので胸の痛みの予防に良くありません。食事の栄養はバランスよく摂取して、偏った食事をしないことが胸の痛みの予防になります。

(2)生活習慣

生活の中で喫煙は、タバコに含まれる成分であるタールは肺や気管支に悪影響を与えニコチンも血圧や脈拍を上昇させるので心臓に負担を掛けるので胸の痛みの予防に良くありません。禁煙が胸の痛みの予防になります。生活でストレスを溜めていることも、冠動脈が硬くなり動脈硬化を引き起こすことがあるので予防に良くありません。生活で溜まったストレスをきちんと解消することが、胸の痛みの予防に効果があります。

(3)睡眠習慣

睡眠不足は、ストレスを感じやすくなるなど予防に良くありません。きちんと質の良い睡眠をとることが胸の痛みの予防になります。

(4)運動習慣

過度な運動は疲労骨折を招き、胸の痛みの原因になることがあるので予防に良くありません。運動は無理のない程度で行うことが、血流を促し胸の痛みの原因となる肥満を予防することができるので胸の痛みの予防になります。






今回のまとめ

1)種類はあるの?胸の痛みの3つの種類と症状の違い

2)胸を押すと痛い!考えられる3大原因

3)自分でできることは?胸がいたい症状への対処方法

4)病気の可能性とは?胸を押すと痛い場合に考えられる6種類の病気

5)症状が続く場合に・・胸の痛みへ検査方法

6)病気の場合には?専門家で行う治療方法

7)日常生活から予防を!胸の痛みへの4つの予防習慣