Female doctor holding a stethoscope in his hand, two doctors and patient are on the background

ふとした時、胸に今まで感じたことのない違和感をもったことはありませんか。胸の異常は心臓や肺の異常を示し、命に関わる病気にかかっている可能性があります。今回は胸に感じる違和感の原因・考えられる病気・検査方法・治療方法をお伝えします。






胸の違和感の3大原因!病気の可能性・治療方法とは


1)胸の違和感の3つの種類と症状の違い

(1)息苦しい

通常通りに息をするのがしんどくなります。運動もこれといってしておらず、じっとしているだけなのに息苦しさを感じることがあります。

(2)痛み

胸に軽い痛みを感じます。特に大きくすると痛みが少し強まったりします。症状によっては鋭い痛みが長時間続く場合があります。

(3) 動機

心拍数があがり、胸の鼓動が胸を触らなくとも感じるような症状です。常に緊張状態となり、睡眠が困難になります。筋肉が緊張状態になり、肩こりの症状が悪化する場合もあります。

2)胸の違和感の3大原因とは

(1)精神的な異常

自律神経と心臓の動きは強く関連しています。強いストレスを感じる、または睡眠が全然とれていないと神経の働きが悪くなり心臓の調子が悪くなります。慢性的に神経に異常があると常に心臓に負担をかけている状態になり、他の心臓疾患につながる可能性があります。

(2)呼吸器系の異常

胸には心臓の他に多数の臓器があり、主に気管支、肺、食道などがあります。これらの臓器に異常がある場合には胸が痛、違和感をもつことがあります。

(3)心臓の異常

上記(1)でも述べた通り、心臓の動きが通常よりも早いまたは遅いことで胸に違和感をもったり、慢性的に負担がかかることで痛みを伴ったりする可能性があります。

3)胸の違和感で考えられる4種類の主な病気

 (1)狭心症

狭心症は運動した際に心筋に十分な血液や酸素を届けることが難しくなり、胸に痛みを伴います。多くの人は痛みというより不快感や重圧感を訴える人が多いようです。痛みがあっても安静にすることで症状はおさまりますが30分以上痛みが続く場合は心筋梗塞の可能性があります。

(2)不整脈

通常、心臓は一定のタイミングで体全身に血液をポンプのように送っていますが、それが一定でなくなった場合は不整脈といいます。心臓のこのポンプの機能に異常がでることでめまいや息切れ、胸の痛みを引き起こします。

(3)心筋梗塞

上記で説明した狭心症と同様に血液や酸素が心筋に届けられずに発症します。悪化すると心筋が懐死し、命を落とす危険性もあります。運動したまたは急に寒いところに移動したりすると胸が痛みます。狭心症が悪化すると心筋梗塞になります。

(4)エコノミークラス症候群

長時間同じ姿勢(特に座る)を続けることで血流がうっ滞し、手や足の静脈の血栓(血のかたまり)ができ、それにより肺動脈がつまることで発症します。発症すると胸やけや発熱を生じ、悪化すると呼吸困難に陥ります。

Doctor listening to patient

4)胸の違和感の場合にできる3つの対処法

胸の違和感は心臓や肺に異常をきたしている場合があり、違和感を持った場合は直ちに医者に診てもらいましょう。基本的に内科で診断してもらいます。

(1)安静にする

心臓や肺への負担が原因で胸に違和感を持つ場合があります。いったん安静にして、痛みが治まってきたら医師にみてもらいましょう。

(2)呼吸を整える

自律神経の乱れが原因の場合があります。口から空気を最後まで吐き出し、鼻で空気を吸い込むことを5~6回繰り返して呼吸を整えましょう。

(3)薬の服用

医師または専門家に相談の上、必要であれば痛み止めや漢方薬を服用することで症状を和らげることができます。

5)胸の違和感が続く場合にすべき検査方法とは

(1)造影CT

腕の静脈に造影剤を注入して、肺動脈に到達するタイミングに合わせてCTを取って調べます。手軽でかつ正確に調べることができます。費用は4,000~9000円ほどで問診や触診と同時に行われることがほとんどです。

(2)胸部レントゲン

会社や学校などの健康診断で撮ったことがある人がほとんどですが、X線を使ったレントゲンの中で最も簡単な検査といわれています。異常がある箇所には白い影として映ります。

(3)心臓MRI

医療関係者の中ではCMRとも呼ばれている検査、超音波を使用して心臓の状態を調べます。MRI検査の費用は10,000円ほど必要になる場合があります。

MRI machine is ready to research in a hospital

6)胸の違和感が続く場合にすべき治療方法とは

(1)手術

不整脈や狭心症など血流がうまく流れないような異常がある場合は手術によって血液をとめる原因となる血栓などを取り除く手術が必要となります。手術の方法や時間、費用は原因によって異なるため、医師としっかり相談し手術内容とそれに伴う副作用を知った上でうけましょう。

(2)薬の投与

血液の流れを止める原因となる血栓を予防、または動脈硬化を抑える薬を服用します。しかし、心筋梗塞など症状が悪化した状態だと薬で根本的な治癒は難しい。期間、費用ともに症状により異なるので医師に確認しましょう。

(3)カテーテル治療

血流がコレステロールにより詰まり、狭くなるのを防ぐために手首や足の付け根からカテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入して、血管を拡げます。薬物の投与と同時に行われることが一般的です。カテーテル治療は入院する場合が多く、一回の治療で数日入院も含めて20万~30万ほどかかる場合があるため、事前に費用は確認しましょう。

7)胸の違和感へ未然にできる3つの予防習慣

(1)適度な運動

日々の生活の中に、ジョギングやジムなど毎日続けられる程度で取り入れていくことが大切になります。運動は血行促進以外にもストレス解消にもなるため、無理をせずリラックスした状態で行うことが必要です。また心臓が弱いと医者から言われているまたは自覚がある人はラジオ体操など少しずつ体を動かすようにしましょう。

(2)食事の方法

毎日、規則正しく野菜メインな健康的な食事を摂取することはもちろんだが、それ以外に夜9時以降の食事をしないこと、一回の食事に30分以上かけて食べ過ぎないようにすることが必要です。

(3)湯船につかる

湯船につかることで精神的、身体的、両方の側面の疲れをいやすことができます。ただし、熱いお湯だと逆に心臓への負担を増加させてしまうので40度以下のお湯に10分~15分ほどつかることをお勧めします。






今回のまとめ

1)胸の違和感の3つの種類と症状の違い

2)胸の違和感の3大原因とは

3)胸の違和感で考えられる4つの主な病気とは

4)胸の違和感の場合にできる3つの対処法

5)胸の違和感が続く場合にすべき検査方法とは

6)胸の違和感が続く場合にすべき治療方法とは

7)胸の違和感へ未然にできる3つの予防習慣とは