女性患者の診察を行っている医者

耳たぶの付け根にしこりが出来た場合のほとんどが粉瘤や肉芽など良性のものが多いといいます。ですが、時には悪性の腫瘍の場合も考えられるので症状が改善しない場合や繰り返される場合には自己判断はせず早い段階で病院に行き診てもらうことが大切です。 



耳たぶの付け根にしこりが?確認すべき3大原因と病気とは


1)しこりとはそもそもなに?しこりのチェック項目とは

しこりとは筋肉や皮下組織が凝り固まって出来るものをいいます。また皮下組織が袋状になりそこに垢や皮脂が溜まり固まることでしこりのようになる場合もあります。しこりでチェックしておきたい項目としては良性か悪性かということが一番最初に知っておきたい項目となります。 

2)どんな症状が?耳たぶの付け根のしこりの代表的な症状とは

耳たぶの付け根のしこりの代表的な症状といえば痛みのない粉瘤やピアスなどによる肉芽と呼ばれる症状が代表的なもので、痛みがある場合には粉瘤や肉芽が炎症を起こしていたり時には悪性の腫瘍の場合も考えられます。 

3)何が原因?耳たぶの付け根のしこりの3大原因とは

(1) 粉瘤 

アテロームとも呼ばれる良性腫瘍のことで皮下組織の一部が袋状のものを形成し、そこに老廃物が蓄積してしこりとなります。粉瘤が雑菌により炎症を起こしヘソが破れ老廃物が膿のように出てくるとクサイ臭いがするのが特徴です。また、粉瘤は基本的に害のあるものではありませんが根治を目的とするのであれば形成外科による切除手術が必要となります。 

(2) ピアスによる肉芽 

ピアスをしていると人体は異物と間違え廃除しようと炎症を引き起こします。しかし金属であるピアスは廃除されず留まるので今度は異物を隔離しようという働きが起こり肉芽を形成します。 

(3) 風邪やインフルエンザ 

風邪やインフルエンザにかかることで炎症を起こしリンパに腫れなどが生じる場合があります。この症状の代表的なものにおたふく風邪があります。また風邪やインフルエンザのせいだと思っていたら悪性のリンパ腫だったなんてこともありますので気をつけましょう。 

4)試せる応急処置とは?症状への対処方法とは

(1) ピアスを変える又は外す 

肉芽の対処としてピアスを樹脂製に取り替えたり外して穴を一度塞ぐなどを試してみると良いです。 

(2) 糖質・脂質を控える 

通風の場合には糖質や脂質を控えダイエットをするなど生活習慣の改善が求められます。また血流を良くするためにストレッチや運動をするのも良いです。 

(3) 化膿させないよう清潔にする 

粉瘤にしても肉芽にしても化膿すると悪化するので入浴時にしっかり洗い、入浴後はよく拭くようにしましょう。 

(4) ストレスを溜めないように休む 

ストレスによって老廃物が溜まりやすくなったり、様々な影響を与えるのでしこりが出来ている時は少しでも休憩を取るようにしましょう。

empty nurses station

5)これって病気なの?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

粉瘤や肉芽などのように基本的には害のないしこりもありますが悪化し炎症を起こすなど下記の症状がみられる場合には病院に行きましょう。 

赤く腫れあがる・しこりが繰り返し出来る・しこりがなかなか治らない・痛みがある・大きくなっている・尿酸値が高い・肥満 

6)症状が続く場合は注意!可能性のある5種類の病気とは

(1) リンパ節炎 

主に風邪やインフルエンザなどの細菌が原因で起こる耳下のリンパ節炎ですが場合によっては悪性腫瘍の可能性もあるため、安易に考えずに病院へ行くことをおすすめします。 

(2) 逆流性耳下腺炎 

おたふく風邪の別名で潜伏期間の14日程度を経て発症します。悪化すると難聴を引き起こす場合もあるので早めに病院に行った方がいいでしょう。 

(3) 耳下腺腫瘍 

耳下腺炎やリンパ節炎などの炎症が悪化したりすることで発症する場合もある耳下腺に出来る腫瘍のことで、大きく良性と悪性に分けられます。悪性はもちろん腫瘍の場所や大きさによっては良性でも手術が必要な場所もあります。手術は難しく顔面麻痺の症状が残ることも多いようです。 

(4) 通風 

通風は尿酸値が高くなることで尿酸が結晶化してしこりとなる場合があり、血流の悪い足先や耳に多いといいます。通風は痒みを伴う場合もあるのでチェックしてみましょう。 

(5) 悪性腫瘍 

粉瘤やリンパ節炎だと思い放置していて、実は悪性の腫瘍だったなんてことも稀にあるようです。自己判断はせず一度病院に行き診てもらうようにすることで早期発見にも繋がります。また悪性腫瘍の場合には血液内科がスムーズで良いようです。 

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1) 検査方法 

皮膚科や形成外科、血液内科などを受診することでスムーズに診てもらうことが出来るようです。検査はMRI検査や血液検査などが行われ悪性か良性かなどがわかります。 

(2) 治療方法 

・粉瘤/肉芽 

粉瘤は小さな内には害がなく放置しておいても良いのですが根治を望む場合には手術により皮下組織の袋を取り除かなければなりません。また炎症が起こっている内には手術は出来ず炎症が治まってから手術となります。 

次に肉芽はピアスホールを一度塞いだり、しこりを小さくする薬を注射するなどの治療が行われたり、程度によっては手術もあります。またクエン酸がいいという人もいますが、これは症状を悪化させる場合もあるのでおすすめしません。 

・リンパ節炎/耳下腺炎/耳下腺腫瘍 

リンパ節炎や逆流性耳下腺炎は自然治癒で治ることがほとんどで悪性のリンパ腫でなければ心配いりません。耳下腺腫瘍は悪化することで顔面麻痺が残ったりもするので早期受診が求められます。 

・悪性腫瘍 

耳下腺腫瘍同様、早期発見が望まれます。早ければ早いほど処置も小さく短く済むかもしれないので粉瘤やリンパ節炎などになった時には、まず病院で検査を受けると良いです。 

・通風 

通風は一度発症してしまうと治らない病気ですので治療法も対処療法となります。インシュリンの注射や血行障害によるリウマチなどの薬なども処方されたりします。その他にも食生活の改善や生活習慣の改善も促されます。 

8)生活習慣から改善を!耳たぶの付け根のしこりへの予防習慣とは 

(1) 入浴時には耳もしっかり洗い、拭く 

普段から入浴時には耳もしっかり洗い、入浴後にはしっかり拭き取ることで清潔に保ち老廃物が出るのを防げます。 

(2) 食生活の改善 

食生活が乱れ糖分や脂質を取り過ぎると皮脂が増え老廃物となるだけでなく、肥満となり通風にもなり易くなるので食生活を改善することで無駄なしこりの予防になります。 

(3) 生活習慣の改善 

寝不足や夜ふかしはストレスを溜める原因にもなるので早寝、早起き、適度な運動、更にリラックス出来る時間を作るなどの生活習慣の改善も必要となります。



今回のまとめ 

1)しこりとはそもそもなに?しこりのチェック項目とは 

2)どんな症状が?耳たぶの付け根のしこりの代表的な症状とは 

3)何が原因?耳たぶの付け根のしこりの3大原因とは 

4)試せる応急処置とは?症状への対処方法とは 

5)これって病気なの?病気かどうかのチェック項目と判断基準とは 

6)症状が続く場合は注意!可能性のある5種類の病気とは 

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法 

8)生活習慣から改善を!耳たぶの付け根のしこりへの予防習慣とは