資料を確認しているドクターと患者

こんなところにしこりなんてあったかもわからないなんて人の多い耳の後ろ。さりげなく触ったらあれ?ってなる人もいるかもしれませんね。今回はそんな耳の後ろのしこりについて・原因・ 症状・ 病気の可能性・ 治療方法などを紹介してます。



耳の後ろにしこりが?3大原因と試したい対処方法とは


1)そもそもしこりとはなに?他の似ている症状との違いとは

しこりと言うとがんなどの病気を想像してしまう人も多いと思います。ですが、実は悪性のしこりというのはそう多いわけではありません。一般的には皮膚の上から触って、何か塊のようなものは総称してしこりと呼ばれているようです。しこりに似た症状としては腫れている状態と非常によく似ています。またリンパ腺上に水が溜まっている場合もしこりによく似た症状となります。違いは自分で触るだけでは判断するのが難しいため、少しでも気になれば医療機関を受診し、エコー検査などで診てもらうことをお勧めします。

2)どんな症状が現れる?耳の後ろにしこりができる場合の症状とは

(1)風邪の症状

風邪の症状をともなって、耳の後ろにしこりができる場合には熱などでリンパ腺が腫れている可能性が高いです。熱が出ていたり、扁桃腺が腫れている場合には風邪の症状を伴っていると言えるでしょう。

(2)触ると痛い

良性の場合触ってもあまり痛みがないのが特徴です。それに比べて悪性のしこりの場合、触ると痛みがわかります。腫れや炎症が起こっているようではないのに、痛みがある場合には悪性の腫瘍の場合もあるので、注意が必要です。

(3)痛みがない

痛みはなくしこりのみが確認できる場合があります。これは良性の腫瘍である場合が多く、特にこれといった症状が出ないのが特徴です。体の他の箇所も何も影響はないので、気付きにくいとも言われています。

3)どうしてできるの?しこりができてしまう3大原因とは

(1)風邪

風邪をひいたり、疲れがたまってしまうと、リンパ腺が腫れるため、しこりができやすくなってしまいます。また、風邪をひいたりして体が弱っていると、細菌が体内に入りやすく、耳の後ろ以外にも不調がおこりやすくなってしまいます。

(2)ストレス

ストレスが溜まると、老廃物が耳の後ろに溜まってしまうとしこりになると言われています。悪性の腫瘍ではないので、心配しすぎることはありませんが、膿んでしまったりすると痛みが出てくることも多いです。

(3)ピアス

最近ではあまり大きなピアスをしている人や重たそうなピアスをしている人は見かけることが少なくなりましたよね。ピアスの重さや形によっては耳への負荷がかかったり、穴の大きさが合っていないと炎症がおこり、しこりができやすくなってしまうようです。

Doctor at work

4)試せる応急処置はあるの?しこりへの対処方法とは

(1)冷やす

炎症ぎみで腫れを伴っている場合は冷すと効果がある場合があります。ただし、逆に筋肉が凝り固まってできているしこりや、老廃物が溜まっている場合には逆効果になってしまいます。風邪をひいていたり、しこりの原因が自身ではっきりとわかっている場合に試すようにしましょう。

(2)軟膏などの市販薬を試す

炎症などをおこしていても、抗生物質が入っている軟膏を塗ると、少し症状がおさまることがあります。軟膏などを塗っても1週間程度は効果が出ないので、病院へ行く時間がない場合には市販薬で様子を見てみてもいいでしょう。長期間塗っていても効果がない場合や、病院へ行く事ができる場合は、必ず受診することをおすすめします。

(3)装飾品を外す

ピアスやイヤリングを付けている人は一旦つけるのをやめるようにしてみましょう。装飾品には目には見えていなくても細菌がついていることもありますし、付けはずしの際に指がどうしても穴になっている弱い部分に触れてしまいます。しこりがある場合には新しいピアスホールを開けたり、大きいサイズのピアスを試したりしないようにしましょう。

5)これって病気なの?病気かどうかのチェックと判断基準とは

(1)痛みがある

悪性の腫瘍である場合の特徴の一つとして痛みがあるということがあげられます。もちろん膿が溜まったりして炎症が起きると痛みがある場合もありますので、痛みがあると必ず病気であるとは言い切れません。

(2)大きい

大きさも悪性かどうかの判断に重要なチェック項目になってきます。5cmを超える大きさになっている場合には悪性腫瘍の可能性があります。また、悪性の場合、しこりが大きくなるスピードがとても速いので、急速に大きくなる場合には病気の可能性があります。

(3)固い

良性のしこりである場合、しこりを押すと動く程度の柔らかいものになります。ですが、悪性になると、しこりは固く押しても動かないぐらいの固さになります。

6)症状が続く場合に・・可能性のある3種類の病気とは

(1)粉瘤腫

粉瘤腫は角質や皮脂などの老廃物が蓄積されてしまうため、しこりとなってしまうと言われています。小さいできもの程度の大きさのうちは切除手術も簡単にできる為、早期に切除してしまう人も多いようです。良性の腫瘍とはいえ、放置しておくと老廃物がさらに蓄積されてしまうため、炎症が起こったりしてしまいます。

(2)耳下腺腫瘍

耳下腺は唾液を生成する役割を持っています。この部分にできる腫瘍としては粘表皮がん、線様嚢胞がんなどのがんである場合があります。

(3)リンパ節炎

リンパ節が腫れて炎症をおこすことをリンパ節炎と呼びます。耳の後ろにはリンパ節と血管が合流する箇所があると言われており、何かあるとリンパが溜まりやすくなってしまいます。リンパ節が炎症を起こしたりすると腫れたり、リンパ液の流れが悪いと水が溜まったりします。

Doctor and surgeon looking at a computer

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)エコー検査

まずはしこりの原因を知るためにエコーで検査をする場合がほとんどです。エコー検査では2,000円~3,000円程度の費用で、すぐに結果を確認することができます。

(2)MRI検査

エコー検査で原因が究明できなかった場合に、MRI検査を勧められることがあります。こちらはエコー検査より検査時間が少し長くなりますが、費用も5,000円~6,000円程度で調べられます。

(3)切除手術

小さなしこりの場合で良性の場合には切除手術で切除してしまうことを勧める医師も多くいます。大きくなってくると切除ができなくなったり、症状が悪化する場合もありますが、小さいうちだと費用も1万円未満で手術できることがほとんどです。小さいうちに切除してしまうと老廃物なども溜まりにくくなります。

(4)抗がん剤治療

悪性腫瘍でがんと診断された場合には抗がん剤での治療が一番になってきます。箇所によってはすぐに切除できない腫瘍の場合、抗がん剤での治療をしていき、大きくしないようにして、時期を見て手術を行うことがほとんどのようです。費用がかなり高額になることも多く、薬によっては1錠で2,000円~3,000円する薬もあるようです。

8)生活習慣から改善を!耳の後ろにできるしこりへの予防習慣

(1)ストレスをためない

ストレスがたまると、筋肉が凝り固まったりして、血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。肩こりや首のこりにもつながり、しこりができやすくなってしまうため、しこりだけでなく、様々な体の不具合がでてきてしまいます。働いている人だとストレスが溜まることも多いですが、自分なりのリラックス方法を身に着けるようにしてみましょう。

(2)ストレッチをする

こちらもストレス同様筋肉が凝り固まらないようにするためです。特に肩や首のストレッチをお風呂上りなどにすると効果的です。

(3)プリン体の少ない食生活

尿酸値が高いと言われたことのある人は痛風になる可能性があります。痛風になってしまうと耳の後ろにしこりができやすいと言われています。痛風の痛みは骨折よりも痛いとも言われている為、ならないように日ごろから予防することが大切です。



今回のまとめ

1)そもそもしこりとはなに?他の似ている症状との違いとは

2)どんな症状が現れる?耳の後ろにしこりができる場合の症状とは

3)どうしてできるの?しこりができてしまう3大原因とは

4)試せる応急処置はあるの?しこりへの対処方法とは

5)これって病気なの?病気かどうかのチェックと判断基準とは

6)症状が続く場合に・・可能性のある3種類の病気とは

7)専門家での検査を!症状が気になる場合へ試したい検査・治療方法

8)生活習慣から改善を!耳の後ろにできるしこりへの予防習慣