パソコンを使って説明をしているドクター

皆さんは耳の中にできものができたことはありませんか、鼻や口の中はできものができた経験がある人も多いとは思いますが耳の中はあまり聞いたことがない人も多いと思います。そんな耳の中のできものについてその原因と対処法についてご紹介をします。



耳の中のできものはなに?気になる3大原因と対処方法とは


1)できものにも種類がある?できものの2種類と特徴

(1)痛みがあるもの

耳にできものができ、ふと耳を触った際に痛みを感じる場合があります。耳を綿棒などで掃除する際にも痛みを伴い、中には日増しに形が変形するまたは大きくなってくる場合があります。

(2)痛みがないもの

痛みがなく違和感があり触ってみると膨らんでいるまたは腫瘍がある場合があります。この場合は痛みはありませんが、気になって触ってると中から液体物が出る、炎症を起こし、痛みを伴う場合があります。耳の中ではなく、耳の外にできている場合もあります。

2)なぜできものが?耳の中にできものができる3大原因とは

(1)粉瘤

別名でアテロームとも呼ばれており、人によっては頻繁に起きます。新陳代謝により老廃物が耳の皮膚に溜まることでおきる膨らみを粉瘤といいます。この粉瘤は良性のため、放置していてもなおります。耳の中だけでなく耳たぶの箇所にもできることがあり、触るとやわらかい感触です。触りすぎることで炎症を引き起こすことがあります。

(2)ニキビ

若い世代に多く、新陳代謝が活発の時またはホルモン分泌の関係で顔と同じく耳にも出来る場合があります。顔のニキビと同様にさわると痛みがあるとむやみにさわると中の膿がでます。体質によってはどの世代にも出来る可能性があります。

(3)病気

ウィルスの感染や耳の病気でできものができる場合があります。気づきにくいものも中にはありますが、大抵強い痛みを引き起こすものがほとんどです。原因と病気によってはできものの他に熱、出血、頭痛、難聴などの症状が出る可能性があります。

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

以下は一時的な対処方法であり、原因によっては効果が一切ない場合もあります。すぐに耳鼻科で診察を受け、症状の原因を突き止めましょう。

(1)清潔にする

イヤホン等、耳の中に挿入するものはまず清潔にするようにしましょう。アルコールなどで消毒、またはティッシュで耳の中の汚れを取り除くのも1つの手ですが、痛みがひどい場合やきれいでないティッシュを挿入することで逆に症状を強くしてしまう場合もあるので注意をしましょう。

(2)安静にする

違和感や、痒み、痛みがあってもむやみに耳を触ることはやめ、病院で診察をしてもらうまで安静にするようにしましょう。イヤホン等などを耳に挿入することは控え、耳に刺激を与えないように寝る際も上向きで寝るようにしましょう。

(3)冷やす

炎症が起きている場合や目まいが酷い場合は冷やすことで一時的に症状を和ませる場合があります。しかし、炎症が起きていない場合や長時間冷やすことで逆に耳周辺の血行機能が低下する場合があるので冷やす場合は様子をみながら長くても10分ぐらいにしましょう。また、冷やす場合は直接氷の入った袋をあてるのではなく、タオルを使用するようにしましょう。

症状が3日以上続き、痛みが治まらない場合は基本的に病気を疑い、医療機関で検査をするようにしましょう。また、難聴、目まい、強い痛み、熱などで日常生活に支障が出る場合はすぐに医療機関に行くようにしましょう。

group of happy doctors meeting at hospital office

4)病気の可能性とは?考えられる3種類の病気

(1)とびひ

伝染性膿痂疹ともいわれる「とびひ」は耳の皮膚に黄色ブドウ球菌やレンサ球菌等の細菌が感染することで発症します。特徴としては水ぶくれやかさぶたができ、ここからでる液体にふれることで他の患部や他人にまで移してしまう可能性もあります。水泡が破れてその水泡が広がるタイプと水泡が破れてかさぶたになる2つのタイプがあります。かさぶたになるタイプでは発熱する場合もあります。

(2)外耳道炎

耳かきや綿棒などで掃除をしすぎるあまり、耳の中に傷ができてしまい、そこから細菌が侵入し、炎症、膿がたまったできものができる場合があります。難聴の症状はないものの激しい痛みを伴います。頭痛の症状が出る場合もありますが、耳の痛みが強く日常生活に支障が出る場合がほとんどです。

(3)耳の癌

かなり稀ですが、耳の中に癌が発生する場合もあります。主な症状としては難聴、痛み、圧迫感などがあり進行することで吐き気や顔面の麻痺などの症状につながります。癌の場合は進行性の為、早い段階で医療機関での処置が必要となります。

5)症状が続く場合は注意!耳の中のできものへの検査・治療方法

(1)検査方法

‐問診・触診

耳の異常の場合は専門医が問診によって原因を調べる場合もあります。症状を患者から聞き、実際に耳の中を外から見ることで判断できます。必要があればMRIやCT検査をする場合もあります。

‐生体検査

できものがある患部を取り、検査することで原因を調べます。ウィルス、細菌だけでなく癌の場合もこの検査で調べることができます。結果を調べるのに1週間以内でわかるのがほとんどです。

(2)治療方法

‐抗菌薬の服用

原因が細菌の侵入の場合は抗菌薬を服用することで治療を行う場合があります。炎症止めなども服用の場合もあり、症状によって異なるため、服用期間や薬の副作用などは服用前に医師に確認するようにしましょう。

‐患部の切除

非常に稀ではありますが、耳の中に癌ができてしまった場合はその患部を切除する場合もあります。切除するのは体への負担もあるため医師にそのリスクを聞いたうえで治療を受けるようにしましょう。

6)日常生活から予防を!症状への予防習慣とは

(1)清潔にする

ここでいう清潔にするのはむやみに耳掃除をするのではなく、耳の中に入れるイヤホンをきれいにする、プールで水が入ったらすぐに出すといったことです。耳の中の皮膚は外に面する皮膚とは違い弱いため、外部からの刺激で傷ができやすい、細菌に感染しやすいといえます。

(2)耳掃除は多くても1週間に1度

耳掃除が毎日習慣になっている人はやりすぎによって傷ができないように注意が必要です。耳は外部からの侵入者を外に出すための機能を持っていますがあまりにも掃除するとその機能が低下する場合もあります。1週間に1度を目安に行うようにしましょう。また、掃除する場合はお風呂上りがよく、中だけではなく耳の外もティッシュで皮脂をふき取ることをするようにしましょう。



今回のまとめ

1)できものにも種類がある?できものの2つの種類と特徴

2)なぜできものが?耳の中にできものができる3大原因とは

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは

4)病気の可能性とは?考えられる3種類の病気

5)症状が続く場合は注意!耳の中のできものへの検査・治療方法

6)日常生活から予防を!症状への予防習慣とは