女性患者の問診を行っている医者

耳はデリケートな器官であるため、細菌などの脅威に常にさらされています。耳にトラブルを抱えると、不快なだけではなく、快適な日常生活を送る妨げになってしまいます。ここでは、耳の前が腫れる場合の原因と病気のリスクについて解説していきます。



耳の前が腫れるのはなぜ?3大原因と病気のリスクを解説


1)そもそも耳の前とは?どんな症状が現れる?

耳の前とは耳介前面のことを指します。耳介は音を集めることを主な働きとしている器官で、耳介の形はどこから音がしたのかを判別するために、でこぼこした形をしています。耳介の異常には腫れ上がる他に痛み、発熱などがあります。

2)考えられる原因とは?耳の前が腫れる症状の3大原因

(1)先天性のもの

人によっては、生まれながらに耳の前に小さな穴ができていることがあります。これは遺伝的な要因によるもので、胎児の時、耳介が形成される段階で穴が生じます。この部分が炎症を起こすことによって耳の腫れを引き起こします。

(2)耳の圧迫

耳介を強くこすりつける、打ち付けるなどをすることによって対象部位の皮膚の下に血液、浸出液が溜まるようになり、腫れてきます。柔道やボクシング、レスリングなどの耳にダメージを負いやすいスポーツを行っている人に多く見られます。

(3)細菌感染

耳の前が腫れる原因の主だったものとして、細菌による感染が挙げられます。細菌には例えばグラム陰性菌、緑膿菌などがあります。感染によって炎症、腫れを引き起こし、症状の進行と共に発熱、痛みが発生してきます。

3)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

耳の前が腫れた時は出来るだけ患部には触れないようにしましょう。ヘッドホン、耳かきも耳に触れることになるので控えましょう。

※違和感が続く場合は、速やかに専門医へ相談をしましょう。耳の腫れ、炎症、痛み、発熱、浸出液が出るといった症状が現れた場合、何らかの病気の可能性があります。

Women are receiving medical attention

4)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

(1)先天性耳瘻(ろう)孔

耳の前にできた小さな穴から溜まった分泌物が溢れ出てきます。穴に菌が感染すると炎症を起こし、痛みを伴います。また、先天性耳瘻孔は女性に多く見られる病気です。

(2)耳介血腫

耳介の圧迫によって引き起こされる病気です。症状として、耳の前が腫れ上がり、次第に黄色透明になっていきます。患部に触れると症状が悪化するので、できるだけ安静にしておきます。

(3)耳介軟骨膜炎

耳介の軟骨や軟骨膜が炎症を起こしている状態を耳介軟骨膜炎と言います。症状は患部の腫れや変形、熱感、痛みなどがあります。耳介軟骨膜炎を放置しておくと軟骨の壊死に繋がるので注意が必要です。

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

・先天性耳瘻孔

視診で耳に小さな穴を見つけたら、先天性耳瘻孔かどうかが診断できます。形成外科、または耳鼻科で診てもらえます。

・耳介血腫

問診、視診によって耳介血腫かどうかを判断します。場合によっては腫れている部分の液体の採取、血液病理検査を行います。

・耳介軟骨膜炎

触診、視診によって耳介軟骨膜炎であるかどうかを診断します。耳介軟骨膜炎は耳鼻科で診てもらえます。

(2)治療方法

・先天性耳瘻孔

病気が初期状態であれば、抗生物質、消炎剤を用いて治療を行います。ちなみに先天性耳瘻孔の穴が発見されても、無症状であれば放置しておいても大丈夫です。痛みや膿が継続して出てくるようであれば手術による治療が必要になります。手術は麻酔をして耳にできた穴を取り除きます。

・耳介血腫

腫れている部位に針を刺して(穿刺)、溜まった液体を取り除きます。取り除いた後は患部を圧迫し、空洞ができないようにします。合わせて消炎剤の内服も行われます。通常、1回の穿刺では治らず、これを複数回繰り返すのが一般的です。

・耳介軟骨膜炎

広域スペクトラム抗生剤や消炎鎮痛効果のある薬を使用して治療にあたります。炎症が重度の場合は、ステロイド、局所注射も選択肢に入ってきます。

6)生活習慣から改善を!耳の前が腫れる症状への予防習慣とは

耳を汚れた手などで触るとそこからバイ菌に感染する可能性が高くなるので、耳周りは清潔にいておくことを心がけます。また、耳かきのやりすぎは耳に傷がついて細菌感染のリスクが増すので控えるようにしましょう。



今回のまとめ

1)そもそも耳の前とは?どんな症状が現れる?

2)考えられる原因とは?耳の前が腫れる症状の3大原因

3)試せる処置はあるの?症状への対処方法とは

4)症状が続く場合は注意!可能性のある3種類の病気とは

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査・治療方法

6)生活習慣から改善を!耳の前が腫れる症状への予防習慣とは