唇を鏡で確認をする女性

唇にできものができてしまうと、つい触ってしまったりしがちでなかなか治らなかったりしますよね。顔のできものは痛みと同時に、人目もとてもきになってしまうものです・・。そんな唇のできものの原因や病気の可能性について紹介していきます。



唇のできものは放っておけない?4大原因と病気の可能性とは


1)種類はあるの?唇のできものの5つの種類と症状の違い

(1)赤く腫れあがる

口周りに湿疹や皮膚炎などが発生し、唇が赤く腫れあがり、痛みを伴う場合、口唇炎の可能性があります。体調が最近おもわしくなかった人や、刺激物を続けて食べていた人などは口唇炎で赤く腫れあがっている可能性があります。

(2)赤い水ぶくれ

唇周辺に赤い水ぶくれができた場合、痛みやかゆみを伴う場合がほとんどです。また唇の周辺に多数の水泡ができたり、リンパ節が腫れる症状がでる場合もあります。この場合、口唇ヘルペスの可能性が非常に高いとされています。

(3)亀裂を伴う傷

口の両端または片方の端に亀裂や傷などができ、口を開けると痛むという症状があります。この場合口角炎の可能性が非常に高く、食べ物を食べると亀裂が入ってしまったり、非常に痛む場合があります。

(4)白いできもの

唇の内側に白いできものができている場合、口内炎の可能性が高いです。ピリピリ痛んだりする症状も見られます。

(5)いぼのようなできもの

唇の外側にできものができ、痛みやかゆみがない場合、パピローマウィルスが疑われます。ほとんどが良性ではありますが、まれに悪化すると大きくなったりする場合があります。

2)知っておこう!唇のできものの3大原因

(1)体調不良

免疫力が低下することにより、ウイルスや細菌が体内に入りやすくなってしまいます。特に口は外部との接触の多い部位になるので、感染しやすくなってしまいます。

(2)刺激物

熱いもの、辛いもの、リップクリーム、口紅などが唇に接触することで、唇のできものができてしまう場合があります。特に口内炎や口角炎はなりやすいといわれています。

(3)食生活の乱れ

ビタミンB2やB6は口の中の粘膜を守る役割があって、不足すると乾燥したりカサカサしたりして、できものができやすくなってしまいます。ストレスや体調が悪いと、消化器の状態も悪くなってしまうため、唇が荒れたりしてしまいます。

患者の診察をする医師

3)応急処置を!唇のできものへの4つの対処方法

(1)刺激物を避ける

熱いものや辛いものは唇のできものの症状を悪化させてしまう恐れがあります。刺激物を避け、味の薄い食べ物を食べるように心がけてください。

(2)保湿剤

乾燥を防いで、唇を保湿してあげることで、症状が軽減できたり、再発の防止につながります。ワセリンなどの保湿剤は保湿効果が高く、刺激物が少ないので、おすすめです。

(3)清潔に保つ

唇にウィルスや細菌が入らないように、清潔に保つのも効果的です。マスクなどで外的なものの侵入を防ぐと、悪化させないようにすることができます。ご飯を食べた後などは、こまめに口周りを洗うことも大切です。

(4)触らない

ついついできものがあると触ってしまう人が多いと思いますが、実は指や手には雑菌や細菌が多く潜んでいます。また、触ってしまうと亀裂が入ってしまったり、つぶれてしまう恐れもあるので、できるだけ触らずに過ごすようにしましょう。全ての方法において放っておいても治らない場合や、いつものできものとの違和感がある場合は早めに医療機関を受診するようにしてください。

4)症状が続く・・考えられる6種類の病気とは

(1)口唇炎

体調不良や刺激物を食べたことが原因で発生することが多く、唇が赤く腫れあがってしまい痛みを伴います。リップや口紅でも起こることがあり、何か新しいものを唇に触れさせたという心当たりがある方は口唇炎の可能性があります。

(2)口唇ヘルペス

唇周辺に赤い水ぶくれができます。痛みやかゆみを伴うことがほとんどで、日本人は口唇ヘルペスになりやすいと言われています。

(3)口角炎

名前の通り、唇の両端にできるもので、口を開くときに亀裂が起こったり出血することがあります。唇の両端が赤くなっていると口角炎の可能性があるので、比較的わかりやすいのも特徴です。

(4)口内炎

唇の裏に違和感を感じるとできていることがよくあります。白いできもので、ピリピリ痛んだりします。唇を噛んでしまったことで、できることが多く、唇を噛んだ後にできものができていると口内炎の疑いがあります。

(5)パピローマウィルス

白いできものが唇の外側にできます。良性のイボと言われていて、かゆみもないことがほとんどです。

(6)口唇がん

がんと言われるとびっくりしてしまいますが、ステージにかかわらず手術で切除することが可能です。喫煙や飲酒が原因と考えられていて、できものをこすったりしても除去できない場合は口唇がんの可能性があります。

Doctor and surgeon looking at a computer

5)気になる場合は専門家へ!行うべき検査方法とは

(1)問診

どの検査方法でも内科、口腔外科、耳鼻咽頭科で診てもらえることがほとんどです。問診で最近変わったこと、いつ頃からできているか、そういった内容を回答し、回答から医師が何の病気かを導いてくれます。ほとんどが問診と視診で原因を特定して、治療方法を決めてもらうことが可能です。

(2)視診

(1)の問診と一緒に視診をしてくれる医師がほとんどです。

唇のできものは見た目でどういったできものかがわかる場合が多いため、がんなどの病気ではない場合は問診と視診で終わることがほとんどです。問診、視診含めて1,000円程度であることがほとんどです。

(3)血液検査

これは(1)(2)で口唇ヘルペスと診断された場合にウイルスの抗体を調べる為、検査を行うことがあります。費用は3,000円程度が相場となっています。

(4)生検

口唇がんの可能性がある場合に、この検査方法で調べる場合があります。細胞や組織を採取し、病理医が顕微鏡で観察する検査方法になります。費用は10,000円前後がほとんどです。

6)病気の場合には・・行われる可能性のある治療方法

(1)ステロイド剤の服用

口唇炎、口角炎などの症状の場合はステロイド剤を投与されることがほとんどです。口周りになるので、弱い薬になりますが、1週間程度服用を続けると治ることがほとんどです。容量にもよりますが、1,000円未満で処方してもらえます。

(2)抗ヘルペスウィルス薬の服用

口唇ヘルペスの場合に処方されます。抗ヘルペスウィルスが一番効果的で、症状によっては一緒に抗生物質や鎮痛剤を処方される場合もあります。容量にもよりますが、2,000円未満で処方してもらえます。

(3)除去手術

良性腫瘍や口唇がんの場合、除去手術で腫瘍部分を切除します。手術自体短い時間で終わることができます。費用は切除部位の大きさにもよるので、医師に相談してみてください。

(4)抗アレルギー薬の服用

口の中でアレルギー反応が起きていると判断された場合に処方してもらえます。容量にもよりますが、2,000円未満で処方してもらえます。

7)日常生活から改善を!唇のできものへの予防習慣とは

(1)生活習慣の改善

喫煙、飲酒などは唇に対して刺激の強いもので、できものができやすくなってしまいます。ひどくなった場合は口唇がんになる可能性も強くなってしまいます。また、ビタミン類を摂るようにしたり、ハチミツなどの摂取で免疫力を向上させることも予防につながります。

(2)唇の保湿

唇が乾燥していたり、ガサガサになっていると、そこを狙ってウィルスや細菌が入ってきてしまいます。日ごろからリップクリームやワセリンなどを使用して唇の保湿に努めるようにしましょう。

(3)清潔に保つ

唇はとても敏感な場所で、清潔に保つことが何よりの予防になります。食事後に歯磨きをするついでに、口周りも清潔に洗うことが効果的です。






今回のまとめ

1)種類はあるの?唇のできものの5つの種類と症状の違い

2)知っておこう!唇のできものの3大原因

3)応急処置を!唇のできものへの4つの対処方法

4)症状が続く・・考えられる6種類の病気とは

5)気になる場合は専門家へ!行うべき検査方法とは

6)病気の場合には・・行われる可能性のある治療方法

7)日常生活から改善を!唇のできものへの予防習慣とは