首をかいている女性

ふと気が付いたら首に湿疹ができていてかゆい。そんな事態に陥った時にはあわてずに、まずはどんな疾患の可能性があって、その原因はなんなのかを探ってみましょう。

今回は首の湿疹の原因・考えられる病気の可能性・症状・対処方法などをご紹介します。






首の湿疹の5大原因!症状・治療方法とは


1)首の湿疹の4つの種類と特徴 

(1)かさかさと乾燥しているタイプ 

皮脂膜や角質層が何らかの原因で剥がれて、カサカサに乾燥することによって、かゆみや湿疹が現れることがあります。 

(2)季節性のもの 

花粉症というと一般的にはくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが主な症状ですが、首にかゆみや湿疹を訴えるケースもあるそうです。また、花粉が原因で下痢になったりすることもあるそうですよ。 

(3)皮膚がべたべたしているタイプ 

首の回りを不潔にしていたり、汗を拭かずに放置していたりすることで、かゆみが出たり、湿疹ができるケースです。 

(4)ゾウの皮膚のようにガサガサになっているタイプ 

アレルギー反応によって首に湿疹ができていることが考えられます。ネックレスなどの金属アレルギーや、アトピー性皮膚炎などのケースがあります。 

2)首の湿疹の5大原因 

(1)乾燥 

首の表皮がカサカサに乾いてしまうと、かゆみや湿疹が出やすくなります。 

(2)洗剤 

洗剤に入っている化学物質によって、首を洗ったときに皮脂膜や角質層がはがれおちてしまうことがあります。 

(3)汗 

夏場になって暑くなってくると誰でも汗をかきますが、特に汗っかきの人や、こまめに汗を拭わないで放置している人などは、あせもの湿疹が出やすくなります。 

(4)アレルギー 

花粉症や金属など、さまざまなアレルゲンによって首に湿疹が現れることがあるそうです。 

(5)不衛生 

首の回りを洗わずに不潔にしていることによって、細菌感染を起こして湿疹が出ることがあります。 

3)首の湿疹への3つの対処方法 

 (1)保湿 

乾燥肌が原因で痒くなっているような場合には、特にお風呂上がりに保湿クリームなどを用いて、お肌の潤いを保つようにするとよいでしょう。 

(2)洗浄 

不潔にしていることで湿疹が出ているような場合には、とりあえず患部を洗浄して、清潔に保つことが大事です。 

(3)薬 

湿疹が出ている時には、病院で処方された飲み薬や塗り薬でかゆみを抑えるとよいでしょう。 

ただし、思い当たる節がないのに首に湿疹が出ているような時には、自己判断せずに医療機関を受診して、専門家の意見を仰ぐようにしましょう。 

Woman with migraine in doctor's office

4)首の湿疹が続く場合に考えられる4種類の病気 

(1)アトピー性皮膚炎 

アレルギーが原因で皮膚に炎症や湿疹が出る疾患です。現在のところハッキリとした原因は分かっていませんが、食習慣を改善することで症状が軽減するケースが見られることから、生活習慣が要因と考えられているようです。 

(2)金属アレルギー 

装飾品に含まれている金属によってアレルギーを引き起こして湿疹が出るようなケースです。 

(3)あせも 

大量に汗をかいてそれをこまめに拭わなかったりすると、プツプツと細かい湿疹が出てきます。大人よりも、乳幼児に多くみられます。 

(4)乾燥性敏感肌 

皮脂膜や角質層など、お肌を守ってくれるバリアーがなくなることで乾燥が進んだ場合に、乾燥性敏感肌になることがあります。衣服やマフラーなどが触れることでかゆみが増してしまいます。 

5) 気になる場合にすべき3つの検査方法 

首の湿疹が続くような場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。検査費用は皮膚科によってまちまちなので、ホームページで調べたり、電話で問い合わせるとよいでしょう。 

(1)血液検査 

アレルギーによる湿疹が疑われる場合には、アレルゲンを特定するために血液検査が行われることがあります。 

(2)パッチテスト 

アレルギー反応がすぐにではなく、ゆっくりと現れるような場合に、このテストが行われます。何に反応しているのかを、原因物質を塗布したシールを貼って確認します。 

(3)視診 

皮膚科のお医者さは当たり前ですが、お肌のトラブルに関してはプロなので、症状を見ればある程度の予測はつきます。 

Closeup on medical doctor woman writing in clipboard

6)気になる場合にすべき4つの治療方法 

(1)内服薬 

湿疹が細菌感染によって起こっているような場合には、抗生物質を服用して、細菌の除去をおこないます。 

(2)塗り薬 

湿疹のかゆみが強いような場合には、塗り薬を用いてかゆみを抑えることがあります。 

(3)光線療法 

薬だけではよくならない時や、湿疹の面積が広がった場合などに、紫外線を照射して治療する方法がとられることがあります。 

(4)生物学的製剤 

上記のような方法で症状が改善しないような患者さんには、バイオテクノロジーを用いて開発された生物学的製剤が用いられることがあります。 

7)首の湿疹への3つの予防ポイント 

(1)入浴習慣の見直し 

首周りを不潔にしていて湿疹が出ているような場合には、しっかりと汚れを落として清潔に保つことが大事です。 

(2)洗剤の見直し 

化学物質が入った洗剤は肌への刺激が強いので、赤ちゃん向けの洗剤や、自然由来の成分の入った洗剤を使うようにすると良いでしょう。 

(3)保湿 

空気が乾燥してくると湿疹が出やすくなるような人は、お肌を保湿するのはもちろんのこと、部屋の空気も乾燥しないように、加湿器などを用いて工夫しましょう。 






今回のまとめ 

1)首の湿疹の4つの種類と特徴 

2)首の湿疹の5大原因 

3)首の湿疹への3つの対処方法 

4)首の湿疹が続く場合に考えられる4種類の病気 

5) 気になる場合にすべき3つの検査方法 

6) 気になる場合にすべき4つの治療方法 

7)首の湿疹への3つの予防ポイント