デスクで疲れている男性

皆さん昼間に突然とてつもない睡魔に襲われることはないですか。特にお昼前やお昼後、さらにひどい人は朝起きてからしばらくずっと眠気がおさまらない人もいるかと思います。

実は、この眠気には血糖値が関係していることが多々あるのです。今回は眠気と血糖値の関係性、予防方法をお伝えします。






血糖値と眠気の2つの関係!予防方法とは


1)血糖値と体の関係

では、低血糖や高血糖といわれる人の数値やどのような症状や病気にかかりやすくなるかなどのリスクとはいったい何なのでしょうか。

(1)血糖値の正常値とは

空腹時の血糖値が80~110mg/dlで、食後2時間後の数値が80~140mg/dl未満のことを正常な数値としています。

また、食後140mg/dlを超えるようであるなら高血糖、食前に70mg/dl以下なら低血糖とされています。

(2)高血糖の5つのリスク

・糖尿病による合併症

・動脈硬化

・心筋梗塞や脳卒中

・高齢による認知機能への影響

・糖尿病性網膜症

他にも疲れやすく、常に喉が渇いたような状態になったりなどします。

(3)低血糖の5つのリスク

・認知症、脳卒中

・手足の震えや動悸

・重度になると自律神経の機能低下

・失神、昏睡(特に高齢者)

・集中力の激減

また、高齢者が低血糖になることは多く、一度転倒してしまったり骨折などでしばらく動けないことなどがあると寝たきりになる原因としてあげれれています。

2)血糖値と眠気の2つの関係性

血糖値は上がりすぎても下がりすぎても眠気はきます。その関係性としては以下のことがあげれます

(1)高血糖と眠気

血糖値が高いと眠くなる理由としては、インスリン=休息ホルモンが関係しています。このインスリンは食後体内より分泌されるのでこのインスリンが眠気と関係しています。

血糖値が上がりやすい食べ物を過剰に摂取したりするとこのインスリンにより眠気がきてしまうのです。

(2)低血糖と眠気

血糖が低くても眠気はきます。これは、体の中で糖質などが不足しますと肝臓で糖質の合成が行われこの状態で脳が唯一のエネルギーとしてしまいますので体は脳を休ませようとします。

結果、眠気がきてしまうのです。

Woman sleeping on the job

3)日常生活からできる血糖値改善の4つのポイント

(1)血糖値を下げる8つの主な食材

血糖値を下げるには以下の食材がおすすめです

1.緑黄色野菜

2.きのこ

3.大豆製品(豆腐や納豆)

4.お酢

5.オリーブオイル

6.烏龍茶

7.あさり

8.青魚

主にビタミンやミネラルを多く含む食材が有効で、脂質が少ないものがおすすめです。さらに、食べる順番は野菜から多く取ることで胃の中に吸収される量も変わります。

さらに大事なのは一回の食事に30分かけて良く噛んで食べることで体の中の吸収の仕方やインスリンの分泌が変わります

(2)血糖値を上げるための4つの主な食材

血糖値を上げるための食材は以下の通りです

1.果糖(果物)

2.穀物など(白米・玄米・小麦粉類)

3.イモ類(じゃがいも、かぼちゃ)

4.チョコレートなどの菓子類

糖分を含むものは吸収率がよくいきなり血糖値があがったりするため過剰摂取はせず、本の一口だけにしておくといいでしょう。

(3)血糖改善のための運動

低血糖の人も高血糖の人も軽い運動は必要です。

おすすめの運動としてはスクワットを一日10分程度するのをおススメ!していますが無理なく毎日適度にどこでもいつでもやることが重要です。

運動することによって新陳代謝が上がり、体温の上昇、リラックス効果、さらには糖の吸収からエネルギーに変わりますので仕事への効率アップも望めます。

(4)睡眠による血糖コントロール

睡眠も血糖に関係していることがあり、毎日しっかり5時間以上寝る人と不規則な生活で寝る時間がバラバラな人とを比較すると毎日しっかり寝て朝6時頃に起きる人の方が血糖値は正常なのです。

脳は深夜より朝回転すつほうが効率がよく、吸収も良いのです。

また、朝きちんと朝食をとると、一日のエネルギーになるので低血糖の人も高血糖の人も摂取すべきなのです。

果物などの糖分を含む食品も朝食べると脳へのエネルギー源になるのでおすすめします。






今回のまとめ

1)血糖値と体の関係

2)血糖値と眠気の2つの関係性

3)日常生活からできる血糖値改善の4つのポイントとは

いかがでしたでしょうか。低血糖の人も高血糖の人も眠気だけではなくさまざまな症状が仕事などへの支障を来すのです。

ほんの少し自分の普段の生活を見直すだけで改善できるものなので大きな病気にかかったり糖尿病によるインスリンの投薬治療などなると医療費も馬鹿になりません。

遅くなる前に自分で一度見直してみましょう。