ドリンクを飲む女性

「最近血圧が高い。」よく聞くこのフレーズですが、実際どんな病気の脅威があるかご存知ですか。できれば重い病気にはなりたくないもの。

今回は、簡単に実践できる、血圧を下げる飲み物や血圧を下げる手軽な食べ物をご紹介します。






1日1杯の摂取!血圧下げる飲み物5選とは


1)「高血圧」・「低血圧」の定義とは

(1)そもそも「血圧」とは

血圧とは、「心臓から全身に血液が送り出されることにより血管壁にかかる圧力」のことです。

(2)血圧の数値基準

血圧の基準は、日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2009」によると以下のように定められています。

 [成人における血圧値の分類(分類:収縮期血圧〈mmHg〉、拡張期血圧〈mmHg〉)]

至適血圧 :    <120 かつ <80

正常血圧 :    <130 かつ <85

正常高値血圧 : 130~139 または 85~89

Ⅰ度高血圧 : 140~159 または 90~99

Ⅱ度高血圧 : 160~179 または 100~109

Ⅲ度高血圧 :  ≧180 または ≧110

収縮期高血圧(独立性) : ≧140 かつ <90

(3)「収縮期血圧」と「拡張期血圧」

収縮期血圧とは「心臓が収縮して血液を送り出す際に動脈壁に与える圧力」で、血圧が最も高くなることから最高血圧とも呼ばれます。

拡張期血圧とは逆に「心臓が拡張し体を流れる静脈血が心臓に戻るときに動脈の血液が動脈壁に与える圧力」で、最低血圧とも呼ばれます。

(4)「高血圧」・「低血圧」の説明

高血圧の基準は収縮期血圧140mmHg/拡張期血圧90mmHg以上であり、さらにⅠ度~Ⅲ度と3段階に分かれています。正常高値血圧は「高血圧の一歩手前であり、注意が必要」とされている範囲です。

(独立性)収縮期高血圧は収縮期血圧だけが特に高く、動脈硬化の進んだお年寄りに見られます。低血圧についての基準は療機関などにより差があり、「収縮期血圧が100mmHg以下」や「(同)110~85mmHg以下」としているところなどバラつきがあります。

症状としては、体の倦怠感や気力の喪失、めまい、頭痛、耳鳴り、不整脈などが挙げられます。

(5)高血圧には2種類ある

高血圧には、はっきりとした原因のある「二次高血圧」と、原因のよく分からない「本態性高血圧」があります。一般的に言われる高血圧は後者であり、日本人の高血圧症の90%以上を占めます。

以下では、原因のよく分からない「本態性高血圧」の症状や対処法についてご説明します。

2)高血圧で起こる症状

(1)肩こりやめまい

高血圧自体の症状は自覚症状がなく、気付かないことがほとんどです。症状があらわれるのは血圧が高くなりはじめた初期段階で、頭痛や肩こり、めまい、手足のしびれ、動悸、耳鳴りといった症状が見られます。

(2)悪化すると激しい頭痛や嘔吐も

その後血圧が上昇し続けると、急激な血圧上昇により激しい頭痛や嘔吐を起こることもあり、このような症状があらわれてくると、脳梗塞や脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎疾患といった病気を発症しやすくなります。

診察を行うドクター

3)高血圧の人に共通する5つの生活習慣

(1)食塩の過剰摂取

食塩が腎臓の尿中ナトリウムを排出する能力を上回ってしまうと、血液中にナトリウムがたまり、水分を蓄えてナトリウム濃度を調節しようとする働きによって循環血流量が増加し血圧の上昇につながります。

(2)肥満

心臓への負担をかけ、血圧を上昇させ、全身の動脈硬化を進めます。

(3)ストレス・睡眠不足

精神的ストレスや過労、睡眠不足は血圧を上げる大きな要因となります。

(4)喫煙

タバコに含まれるニコチンや一酸化酸が血圧を上げ、動脈硬化を進めます。また、ニコチンが副腎を刺激することで血圧を上げるホルモンが分泌され、さらに交感神経を刺激し血圧が上昇します。

(5)アルコールの過剰摂取

アルコールの摂取により、血管の収縮反応が高まり、心臓の心拍を速め、腎臓からマグネシウムやカルシウムが失われることにより血圧が上昇すると考えられています。

また、お酒でのカロリー摂取による肥満や、塩分の多いつまみを一緒にとることなども高血圧に影響します。

4)高血圧を放っておく5つのリスク

高血圧を放置すると、様々な合併症を起こす可能性があります。以下はその一例です。

(1)動脈硬化

高血圧が長く続くと臓器の細い動脈の内壁が厚くなり、内腔が狭くもろくなります。血液の流れが悪くなり、様々な臓器に影響をもたらします。

(2)狭心症

冠状動脈が動脈硬化やけいれんのためにほそくなり、一時的に血液が流れなくなります。3分以内程度の発作的な胸の痛みが起こります。

(3)心筋梗塞

冠状動脈の血液がとだえ、心臓が動かなくなります。突発的な前胸部の激痛が30分以上継続。顔面蒼白になり、腹痛、嘔吐を伴うこともあります。命にかかわります。

(4)脳卒中

脳卒中とは、頭蓋内出血、脳梗塞、一過性脳虚血、高血圧症性脳症などの総称です。

突然発作が起こりますが、脳梗塞の場合、視力低下や言語障害、手足のしびれ、目まいといった一過性脳虚血の症状が前もって起こることがあるので、症状に気づいたらすぐに受診することが重要です。

(5)腎臓の疾患

高い圧からくる緊張により腎血管が硬くなり、内腔が狭くなることで血流が不足、腎機能の低下、萎縮腎から腎不全、さらには尿毒症へと進行します。

この他にも、手足の麻痺や運動障害、意識障害など、多くの疾患が考えられます。

Doctor woman near shopping cart with food.

5)血圧を下げる飲み物5選!手軽においしく血圧下降

最近では、血圧対策ができる飲料が多く登場し、手軽に入手することができます。日常生活にプラスして血圧下降を目指しましょう。

(1)カルピス酸乳 アミールS/カルピス

血圧の上昇を抑えるラクトトリペプチドが配合されている、特定保健用食品です。砂糖・脂質ゼロでカロリーオフ。1日摂取目安量は1本(200ml)です。

(2)トマト酢 ライオン

酢には血圧を下げる効果があります。また、トマトには高血圧に効果のあるリコピン、塩分の排出を促すカリウムが含まれます。1日1本(100g)が目安です。特定保健用食品。

(3)ゴマ麦茶 サントリー

胡麻由来のたんぱく質を酵素で分解することで得られるたんぱく質分解物「胡麻ペプチド」が血圧上昇に効果を発揮します。こちらも特定保健用食品です。1日1本(350ml)が摂取目安です。

(4)はなまる健康茶 カンナ

こちらはティーバック入りのお茶で、ネットなどで購入することができます。高血圧の予防に効果のあるグァバ葉や杜仲茶、クコの葉など23種類もの植物を配合。ノンカフェインなので、普段のお茶代わりに飲んでもよいでしょう。

(5)お茶類

緑茶に含まれるタンニンには血圧を下げる効果があります。飲み方として有名なのは「緑茶と牛乳を一緒にとる」ということです。

牛乳を飲むことで、お茶に含まれるカテキンの血圧降下作用がゆるやかになり、持続するためです。

そば茶

杜仲茶

ルイボスティー

どくだみ茶

ゴーヤー茶

柿の葉茶

など様々なお茶に高血圧への効果が見られます。

6)血圧を下げる食べ物3選!食事にも一工夫

(1)青背の魚

イワシなど青背魚に含まれるDHAやIPAは血栓を溶かす働きがあります。

(2)イカ・タコ

血圧を正常に保つ働きがあると言われるタウリンが豊富に含まれます。

(3)バナナ

血圧の上昇を抑えるカリウムが多く、牛乳を組み合わせて摂取すると血圧を下げる働きがあります。

7)高血圧予防の3つのポイント

(1)減塩を心掛ける

厚生労働省の日本人のナトリウム(食塩相当量)目標量は、男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満としており、WHO(世界保健機構)では5g未満を推奨しています。

それに対し、厚生労働省の2013年の調査(2014年12月19日発表)では、成人における1日あたりの塩分平均摂取量は男性11.1g、女性9.4gという結果でした。

日本人の塩分摂取量は多い傾向にあり、一言で減塩と言っても難しいものです。そこで、実践のためにいくつかポイントをご紹介します。

・柑橘類やレモン、酢の酸味、しいたけやのりといった風味をうまく使う。

・煮物などは天然のだしをよく効かせ、甘味を抑えると食塩も少なくてすむ。

・めん類のつゆは飲まない。

・干物や漬物、佃煮は塩分が多く含まれるため、摂取量に注意する。

(2)肥満の防止

高血圧の大きな原因となる肥満を防止するため、エネルギーの過剰摂取に注意し、バランスのよい食事を心がけましょう。1日3食、主食・主菜・副菜をそろえるよう心掛け、偏りのない食生活が大切です。

(3)動物性脂肪を控える

動物性脂肪を控え、植物性脂肪を適量に摂取しましょう。肉の脂身やバターといった動物性脂肪は血液中のコレステロールを増やし、コレステロールが増えると高血圧につながります。

逆に植物性脂肪や魚油はコレステロールを減らす働きがありますが、摂取するのであれば適量を。

その他、ストレスや睡眠不足も高血圧の原因となります。疲れたらリフレッシュする、寝る時間を決めるなど、ストレスの軽減、睡眠時間の確保に努めましょう。






今回のまとめ

1) 「高血圧」・「低血圧」とは

2) 高血圧で起こる症状とは

3) 高血圧の人に共通する5つの生活習慣とは

4) 高血圧を放っておく5つのリスクとは

5) 血圧を下げる飲み物5選!

6) 血圧を下げる食べ物3選!食事にも一工夫

7) 高血圧予防の3つのポイントとは

 「最近血圧が」気になってきたら、「まだ大丈夫」と思わ、できることから実践しましょう。