会議を行う医者と女医

今日、生活習慣病の改善についてあらゆるメディアが取り上げられていますが糖尿病もその中の大きなテーマとして存在しています。

その中でもインスリンにスポットを当て、種類や、副作用治癒方法についてお伝えいたします。






5タイプのインスリン!3つの副作用とは


1)インスリンとは何か

(1)ブドウ糖を取り込む働き

DMTOWN によると、インスリンとは全身のほぼ全ての臓器細胞にブドウ糖を取り込ませる働きがあり、肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵等)が合成されるのを促進するものとあります。

膵臓のランゲルハンス島という組織にある b 細胞で作られ、食後に血糖が上がった際に膵臓がインスリンを分泌して、血液の流れを安定に保つのです。

(2)糖尿病予防の役目

つまり血流上に血糖を速やかに処理するということになります。糖尿病になるのを防ぐための役割を担っている存在がインスリンであります。


2)インスリンが必要な2つのケース

Lilly Diabetes によるとインスリンが必要な場合を2ケース説明しており、それぞれの場合で異なる療法などを言及しております。インスリンの目的が、血糖値を調整することはいずれも共通です。

糖尿病の患者場合は、すい臓からのインスリン分泌量の低下がしばしばみられ、注射などでインスリンを外部から補ってあげる必要があります。

(1)2型糖尿病

1つは生活習慣などから来る「インスリンの作用不足」が起こる2型糖尿病です。中年以降に多く、無症状の傾向が見られます。

食事療法や運動療法が基本になるが、飲み薬やインスリン注射の併用も場合によっては必要とされます。

高血糖の影響でブドウ糖が増大し膵臓を破壊し、インスリンの分泌量を削減させることで、多機能組織へのインスリン効果が削減されます。その改善が目的です。

(2)1型糖尿病

もう1つは生活習慣とは無関係に、すい臓のランゲルハンス島の b 細胞が壊れてインスリンの分泌ができなくなる1型糖尿病です。

ウイルス感染による免疫力の低下が原因であり若い年代に多く見られ、多飲・多尿の傾向が見られます。治療には、インスリンの分泌量がわずかなケースが多いためインスリン注射が不可欠です。


3)インスリンの5つの種類とは

糖尿病ネットによりますと、インスリン製剤を5つ挙げ各々のパターンや効用や持続時間などについての説明を記載している。いずれも用途としては血糖値を下げる働きであるが、違いを言及いたします。

(1)超速攻型

ノボラピッドやヒューマロが製剤名です。効果として 10 分~20 分で利き始め、およそ 3 時間~5 時間の持続力があります。

(2)速攻型

ノボリン R やヒューマリン R が製剤名です。食前 30 分前に注射して、1~3 時間後にピークが出て、5~8 時間の作用が続きます。

(3)中間型

ノボリン N やヒューマリン N が製剤名です。注射後 30 分~3 時間で効き始め、18 時間~24 時間の持続力があります。

(4)混合型

ノボリン 30R やヒューマリン 3/7 が調剤眼です。様々な薬を超伍しているため早く効くことと長時間の効果が持続します。

(5)特攻型

レベミルやランタスが調剤名です。注射して 1~2 時間で効き始めてほぼ 1 日中持続する効果があります。

上記がインスリンの様式であるが、糖尿病オールガイドでは薬のタイプの量や頻度は患者の血糖値などによって違うことも言及している。

また費用に関しても食事療法や運動療法だけの人でも診察だけで数千円かかりインスリン注射が必要な人では 3 割負担の場合でも月辺り 1 万以上かかる可能性があることも言及しています。

問診を行うドクター


4)それぞれのインスリンの3つの副作用とは

効果的に見えるインスリン療法でも危険な副作用が存在します。3点ほど言及いたします。

(1)低血糖

最も危険な事案として低血糖が挙げられます。飲み薬や治療薬など血糖を下げる投薬全般で起こりうる可能性があります。食事の量の減少や過度な運動で起こりえます。

震えや冷や汗の危険性もあります。その際にはブドウ糖やジュースの補給が必須で、しっかりした対処が必要です。事前に医者と相談し、注射や投薬の量を決めておくことも大切です。

(2)肥満

そして肥満の恐れもあります。食事制限をせずにインスリンの注射だけに頼って血糖を下げると肥満に陥る可能性があります。

(3)動脈硬化

動脈硬化の恐れも肥満同様に懸念されます。食事療法を疎かにするリスクはかなり高いものがありますのでしっかりとした注意が必要になります。


5)インスリン治療の期待できる効能

インスリンコンテンツによるとインスリンの効能に対して大きく 2 点あげております。各々に対して言及いたします。

(1)血糖値の安定化

一つは血糖値の安定です。繰り返しになる部分はありますが、たんぱく質や糖質の投与により血流にも効果が表れます

(2)肝臓機能の向上

肝臓などの機能に対する効果です。ブドウ糖などがインスリンの効果により各機能に運ばれることで安定して機能が働くことが出来ます。

上記よりインスリンコンテンツの言葉を参考にしますと、インスリンは摂取した栄養分を必要な部分に取り込んで蓄える働きを持っています。

この働きを同化作用といいますが、人体に一番重要であります。この同化作用が働かなければ、人はまともに動くことが出来ず餓死の危険性もあり得ます。

Female doctor making notes


6)インスリン治療の3つの注意点

インスリン治療の上で、注射、飲み薬共に同様の注意点がいくつか挙げられます。

(1)分泌量の確認

血糖値は食事の内容や時間のずれや運動量によっても変動するため、その判断でインスリンを増量させることは危険になります。医師との相談や分泌の再現性の確認が大切になります。

(2)ソモジー効果

過剰なインスリン投与で低血糖が起きた後に、インスリンを増やすホルモンが分泌され、その影響で血糖が上昇する現象でソモジー効果と呼ばれます。その際には通常の高血糖の対処とは真逆になるという注意があります。

(3)低血糖の確認

インスリンの増量後でも血糖値が改善されない際や血糖値の変動の幅が多い際には、食間や昼過ぎの血糖値を測定して低血糖が無いかの確認が大切です。


7)最新のインスリン治療とは

心臓病センター榊原病院のページでは、最新のインスリン治療としてインスリンポンプ療法を紹介しております。メリットとして少量ずつの注入が可能で、場面調整が効くことと携帯電話程度の大きさで操作方法も簡単であることです。

注射の痛みも無く、投与履歴も残ります。費用として毎月辺り 5000 円程度の上乗せで、感じ方は個人差があると思われます。

精密機械であるため扱いを丁寧にする必要があります。日本メドトロニックでは、装置に慣れるには個人差があることも言及しております。


8)インスリン治療前に未然にできる2つの予防ポイントとは

根本的な話では、インスリン注射や服薬をせずに健康な身体でいることが大切です。糖尿病コラムでは 1 型の改善は難しさがあることにも触れています。

2型では適切な対応で完治できることも触れています。それを踏まえて2つ言及します。

(1)摂取したい食事

規則正しい食生活を送ることが大切で、三食バランスと腹八分が大切です。糖尿病の予防として山芋、じゃがいも、かぼちゃ、椎茸が効果的です。

(2)有酸素運動

有酸素運動(体操や遅めのジョギング)の必要性もかなり大切です。食後 1 時間前位が血糖値上

昇のピークであるためこの時間に行うことが効果的です。運動でブドウ糖は 15 分以上消化に費やすためそれ以上の必要性は高まります。

これらは糖尿病予防以外にも繋がる話ですので意識的に行動することが大切と考えられます。






今回のまとめ

1)インスリン治療は大切であるが、それに頼りすぎず予防をしっかり行うべきである

2)身体に変化があっても過剰な摂取は急激に行わず医師との相談が大切である。

3)同様に副作用が起きた際も医師にしっかり伝えることが大切である

4)糖尿病の予防としては生活習慣病の予防に通ずるものがあります。

若年層でもなりうる病気なので合併症にかからぬように健康的に体を保つことが大切であると考えられました。同時に最新の治療の進化にも驚かされました。