カルテを確認している医者

湿疹は辛いかゆみだけではなく、赤く腫れ上がって見た目にも目立ってしまいます。慢性的に湿疹が続いている場合、早く何とかしたいと思っている方も多いことでしょう。ここでは、太ももに赤い湿疹が生じた際の原因と病気について解説していきます。



太ももに赤い湿疹ができた?湿疹の3つの原因と治療とは


1)そもそも湿疹とはなに?

簡単に言うと、湿疹とは皮膚の表面にできた炎症のことです。皮膚炎、ただれとも呼ばれます。皮膚疾患の中で最も発生率が高い特徴があります。湿疹は非伝染性なので他人には感染しません。また、何らかの外的刺激物が皮膚に触れて湿疹を起こすものを接触性皮膚炎と言います。

2)症状の解説!発疹の3つの種類と症状の違い

代表的な発疹の種類について以下に記載します。

(1)丘疹

皮膚が局所的に盛り上がったものを丘疹と言います。形状は半球状で、概ねサイズは1センチ程度です。

(2)びらん

皮膚表面の水疱などが破れて、内部の液体が漏れだし周辺皮膚がただれてしまう状態のことをびらんと言います。

(3)

班には紅斑、紫斑などがあり、色調変化のみの場合や、盛り上がって水っぽくなることもあります。

3)何が原因?太ももに赤い湿疹ができる3大原因とは

(1)バリア機能の低下

肌を引っかいたり傷をつけたりすると、角質が痛んでバリア機能が低下します。バリア機能は外部刺激から肌を守ってくれる役割があるのですが、このバリア機能が低下すると湿疹、かゆみを引き起こします。太ももとズボンで皮膚が擦れる、入浴の際にゴシゴシと身体をこするなどは肌に良い影響を与えません。ちなみに、太ももは皮膚が薄くデリケートな部位なので余計に湿疹ができやすいと言えます。

(2)アレルギー体質

ダニやハウスダストなどのアレルギー物質が体内に侵入すると、Th1、Th2という免疫細胞がこのアレルギー物質を身体から排除しようとします。しかし、アレルギー体質の人はTh2のみが活発に働き、IgE抗体を過剰に生産し、皮膚の炎症やかゆみを引き起こします。

(3)肌の乾燥

冬場は特に肌の乾燥に注意が必要です。冬になると身体は体温が奪われないように血管を収縮させます。すると、肌表面や身体の末端まで血液が行き渡らなくなり、必要な栄養を届けることに支障をきたします。その結果、皮脂の分泌が滞って肌が潤いをなくし、乾燥するようになります。また、ストーブのあたりすぎも肌が乾燥するので良くありません。

4)試せる処置はある?症状への対処方法とは

太ももに湿疹ができた場合、衣服との物理的な接触は避けた方が良いでしょう。通気性を確保できるラフな服装でとりあえずの対処にはなります。

※上記の処方はあくまでも対処方法となります。違和感が続く場合は、速やかに専門医へ相談をしましょう。

Doctors meeting

5)これって何かの病気の前兆?病気の判断基準とチェック項目

湿疹の他にも、皮膚がボロボロ剥がれ落ちる、唇が切れやすくなる、肌がひどく乾燥する、あるいは湿疹ができたところの対称部位に同じく湿疹が発症するなどの症状が現れたら病気の可能性があります。

6)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)脂漏性皮膚炎

脂漏性湿疹とも呼ばれます。皮脂腺の多い頭皮、顔、太ももの付け根に発生しやすいのが特徴です。脂漏性皮膚炎はマラセチアという真菌が引き起こしていると考えられています。

このマラセチアは普段は何も問題を起こすことはないのですが、ストレスや食生活の乱れによって数が増殖すると、身体に悪影響を与えます。具体的には皮脂の主成分であるトリグリセリドの分解によって遊離脂肪酸を大量に作り出し、皮膚を刺激することでかゆみや湿疹を生じさせます。

(2)皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹はその名前の通り、皮脂が少なくなることで皮膚が乾燥してひび割れ、湿疹を発症します。太ももの他に腰、肩、すねに病状が見られます。強いかゆみを生じる特徴があります。

(3)アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は慢性的な病気で、患部の湿疹が改善、悪化の間を行ったり来たりして慢性的に続いている状態を言います。患者は皮膚が乾燥しやすい、アレルギーになりやすい体質を保有していることが大半です。アトピーは遺伝によっても発症しやすいと言う報告も挙げられています。

7)専門家での検査を!気になる場合へ試したい検査・治療方法

(1)検査方法

・脂漏性皮膚炎

視診により診断できます。場合によっては真菌による感染症と鑑別するために顕微鏡を用いての検査も行います。

・皮脂欠乏性湿疹

ほとんどの場合、視診により皮脂欠乏性湿疹であることが判断可能です。

・アトピー性皮膚炎

血液検査を行い、IgE抗体、好酸球の数値でアレルギー体質かどうか、TARC値でアトピー性皮膚炎の重症度を診断します。

他には原因となるアレルギー物質と予測されるものを皮膚に貼り、2、3日後に皮膚が赤くなっているかでアトピーかどうかを判断するパッチテストがあります。

(2)治療方法

・脂漏性皮膚炎

有効な手だてとして、ステロイドを患部に塗り、炎症を抑えます。このステロイドは湿疹に作用するのみなので、増殖した菌には抗真菌剤で菌の数を減らす処置がとられます。

・皮脂欠乏性湿疹

こちらも脂漏性皮膚炎と同じく皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬を用いて治療にあたります。その他に、保湿薬、抗ヒスタミン薬で乾燥とかゆみを抑えます。

・アトピー性皮膚炎

ステロイドやタクロリムス外用薬、プロトピック軟膏で皮膚の炎症を抑えます。外用薬の量が適切でないと皮膚が黒くなるなどの異常が見られるので、医師の指示に従います。

8)生活習慣から予防を!湿疹への予防習慣とは

栄養が偏ると皮膚に悪影響を及ぼします。バランスの良い食事を心がけましょう。また、入浴で太ももを清潔に保ち、雑菌が繁殖しないようにすることも重要です。その際、太ももを力いっぱい洗うと肌に傷がついてしまいます。

なので、石鹸をネットで泡立ててなでるようにして洗うと良いでしょう。そして、タバコは肌の健康を維持するビタミンCを体内から奪っていきます。湿疹の予防には禁煙も必要です。



今回のまとめ

1)そもそも湿疹とはなに?

2)症状の解説!発疹の3つの種類と症状の違い

3)何が原因?太ももに赤い湿疹ができる3大原因とは

4)試せる処置はある?症状への対処方法とは

5)これって何かの病気の前兆?病気の判断基準とチェック項目

6)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

7)専門家での検査を!気になる場合へ試したい検査・治療方法

8)生活習慣から予防を!湿疹への予防習慣とは