カルテを説明する男性の医師

心臓がドキドキしたり、胸が苦しくなったりすると「もしかして心臓病?」と思ってしまいがちですが、むしろその可能性の方が低いです。

今回は不整脈の自覚症状のチェック項目をお伝えします。また原因・考えられる病気・対処法をご紹介します。






不整脈の7つの自覚症状!初期・中期・後期症状


1)不整脈の3つの種類と特徴 

(1)期外収縮 

心房性期外収縮と心室性期外収縮があり、脈が飛ぶのが特徴です。 

(2)徐脈 

洞不全症候群、房室ブロックがあり、脈拍が低下したり、一時的に止まるのが特徴です。 

(3)頻脈 

心房細動、発作性上室性頻拍、心室頻拍、心室細動、WPW症候群などに分類され、脈が急に速くなるのが特徴です。 

2)不整脈の7つの自覚症状!チェック項目とは 

(1)めまい 

(2)全身の疲労感 

(3)動悸・息切れ 

(4)吐き気 

(5)冷や汗 

(6)意識障害 

(7)胸部の不快感や痛み 

kompetente ärztin arbeitet patientenakte auf

3)不整脈の初期・中期・後期の3つの症状 

(1)初期 

不整脈のなかでも徐脈は特に症状が現れにくく、判別が困難なことが多いです。特に初期には無症状なことがほとんどです。頻脈や期外収縮の場合も、特に初期に限った症状というカテゴライズはされていません。 

(2)中期 

自覚症状が現れたらすでに後期です。過渡期的な症状といった物は特にないので、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。 

(3)後期 

あえて後期という項目を作っていますが、以下のような自覚症状があらわれた場合、ただちに医療機関を受診するようにしましょう。 

・急に意識が遠のいたり、失神したりする 

・脈拍数が1分間に40以下になり、体を動かす際に強い息切れを感じる 

・脈拍数が1分間に120以上になり、突然脈拍数が増え、突然終わる 

・脈拍が全く不規則になる 

・息苦しさや冷や汗が出る 

4)不整脈の6大原因とは

(1)加齢 

歳をとると10人に1人くらいの割合で、心房細動が起こる事があります。 

(2)心臓由来 

心臓病などによって起こるケースですが、どちらかというと少数派です。 

(3)遺伝 

徐脈の場合は遺伝によると考えられるケースがあるようです。 

(4)ストレス 

精神的ストレスによっても不整脈が起こると考えられています。 

(5)疲労・睡眠不足 

肉体的ストレスによっても不整脈が起こる事があります。 

(6)薬害 

5)不整脈への対処法とは 

自己判断で出来る対処法は危険なので避けましょう。自覚症状がある場合には、出来る限り早急に医療機関を受診するようにしましょう。下手をすれば命にかかわります。

Male medicine doctor hand holding stethoscope head 

6)不整脈が続く場合に考えられる9種類の病気 

(1)心房性期外収縮 

期外収縮の一つで、心臓にある心房に由来する不整脈です。 

(2)心室性期外収縮 

期外収縮の一つで、心臓にある心室に由来する不整脈です。 

(3)洞不全症候群 

徐脈の一つで、洞結節の異常によって起こるタイプの不整脈です。 

(4)房室ブロック 

徐脈の一つで、心臓の刺激伝導系の異常によって起こるタイプの不整脈です。 

(5)心房細動 

心房が全体としてまとまって収縮しないタイプの不整脈です。頻脈の一つです。 

(6)発作性上室性頻拍 

心房と心室の間で電気信号がぐるぐる回って起こるタイプの不整脈です。頻脈の一つです。 

(7)心室頻拍 

心臓に発生した、異所性の興奮によって起こるタイプの不整脈です。頻脈の一つです。 

(8)心室細動 

心臓の電気系統の以上によって起こるタイプの不整脈です。頻脈の一つです。 

(9)WPW症候群 

突然、脈拍数が増えて、また突然発作が治まるタイプの不整脈です。頻脈の一つです。 

7)不整脈が続く場合にすべき2つの治療法 

(1)ペースメーカー 

不整脈の兆候が見られた場合は、出来るだけ速やかに循環器科を受診するようにしましょう。不整脈の治療は目覚ましく進歩しているので、ほとんどの場合で治せるようになっています。 

徐脈の場合、保存療法は残念ながら出来ないので、ペースメーカーという、埋め込み型の小さな医療機器を鎖骨下の皮下に、手術によって埋め込みます。 

費用は総額300万円から350万円ほどかかりますが、高額医療自己負担限度額が適用されるため、個人の負担額は10万円程度です。 

(2)カテーテルアブレーション 

頻脈の場合には、カテーテルアブレーションといって、カテーテルを足の血管から入れて、頻脈の原因となっている心筋を一部焼くことによって、症状を防ぎます。 

治療費は200万円ほどですが、やはり高額医療自己負担限度額が適用されるため、個人の負担額は10万円程度です。 

8)不整脈へ未然にできる3つの予防ポイント 

(1)生活習慣の改善 

不整脈も他の病気と同様、ストレスが要因となるので、ストレスをためてしまうような生活習慣を見直すことが大事です。 

(2)睡眠 

身体の修復は寝ている間に行われます。質の良い睡眠を適切な時間とるようにして、体の回復力を高めましょう。また、休みの日だからといって、昼まで寝ていたりするのも、身体のリズムを乱しますので避けましょう。 

(3)食習慣 

生活習慣病になるような食生活は、全ての病気の遠因となります。暴飲暴食はもちろん、偏った食生活は早期に改善しましょう。 






今回のまとめ 

1)不整脈の3つの種類と特徴 

2)不整脈の7つの自覚症状!チェック項目とは 

3)不整脈の初期・中期・後期の3つの症状 

4)不整脈の6大原因 

5)不整脈への対処法とは 

6)不整脈が続く場合に考えられる9種類の病気 

7)不整脈が続く場合にすべき2つの治療法 

8)不整脈へ未然にできる3つの予防ポイント