女性の足の診察を行う医者

日常生活でふと気付くと膝の裏が痛い症状が現れたことはないでしょうか。膝の痛みは足の不調だけではなく、体全身と関係しています。幾つかの疾患の可能性もあります。

今回は膝の裏が痛い症状・原因・治療方法などをご紹介します。






膝の裏が痛い6大原因!治療・予防方法とは


1)膝の裏が痛い場合の5つの症状とは 

(1)運動すると痛む 

スポーツをやっている児童などが、膝の裏の軟部組織(筋肉・腱・靭帯)などをいためることで起こります。 

(2)正座をすると痛む 

膝の裏に炎症や腫脹があると、正座をするのがつらくなります。 

(3)何もしていなくても痛む 

リウマチなどが原因で膝が痛むようなケースです。 

(4)階段の上り下りで痛む 

加齢によって膝の関節が変形し、あわせて筋力も低下しているような場合に起こります。 

(5)膝の裏が腫れて痛む 

下肢静脈瘤などが原因となるケースです。 

2)膝の裏が痛い症状の6大原因 

(1)運動のしすぎ 

筋肉痛になるほどの激しい運動や、繰り返し継続して膝に負担をかけることによって、膝の裏の痛みが起こることがあります。 

(2)加齢 

年をとると、人によっては膝の関節が変形してきます。内側に痛みが出ることが多いのですが、外側や膝の裏に痛みを訴えることもあります。 

(3)リウマチ 

原因ははっきりと分かっていませんが、自己の免疫以上によって、膝の関節を攻撃することによって発症します。 

(4)静脈瘤 

下肢の静脈の弁が正常に機能しなくなることによって、静脈に瘤のような血だまりができます。痛みをともなうこともあります。 

(5)外傷 

サッカーやラグビーなどの、激しい接触をともなう競技によるケガで痛みが出るケースです。 

(6)筋力低下 

膝を支える筋肉が弱くなってくることによって、膝の裏に痛みが出ることがあります。 

kompetente ärztin arbeitet patientenakte auf

3)膝の裏の痛みが続く場合に考えられる3種類の病気 

(1)変形性膝関節症 

高齢者によく見られる疾患で、比較的女性に多いようです。膝の関節が変形して骨棘が現れることによって痛みが現出します。膝に水がたまる、という場合はこの疾患が疑われます。 

(2)関節リウマチ 

原因不明の自己免疫疾患です。はじめは手の指の第2関節に現れますが、次第に全身の関節を侵しはじめます。両側に現れるのが特徴です。 

(3)下肢静脈瘤 

なんらかの原因で下肢の静脈の血液循環が滞ることによって、静脈に瘤のような千田マリができ、足がむくんだり痛みをともなうことがあります。 

4)膝の裏が痛い症状への4つの対処方法 

(1)休養 

運動のし過ぎで痛みが出ている場合には、一時的に運動を中断して回復させることが大事です。特に部活をしている児童は、試合に出たいあまり無理をすることがよくあります。「休むのも練習のうち」と指導者や親が諭すことも大事です。 

(2)冷却 

運動中のケガや、炎症を起こして腫れているような場合は、一時的に冷やすことによって炎症の拡大を防ぎ、痛みを緩和することが可能です。 

(3)保温 

慢性の膝症状の場合には、お風呂などでしっかりと温めることによって、回復機能を高めることが大事です。 

(4)湿布や痛み止め 

痛みが強く耐え難いような時には、一時的に湿布や痛み止めを服用するのも良いでしょう。 

ただし、上記の方法は一時しのぎにしか過ぎません。膝の裏に痛みが出たら、自己判断せず、まずは医療機関を受診するようにしましょう。早期の治療が早期回復への近道です。 

5)膝の裏が痛い症状への4つの検査方法 

(1)レントゲン 

膝の骨の状態を調べて、変形や骨折がないか、骨棘が出てないかを確認します。3割負担で1,000円程度のところが多いようです。通常は整形外科で診てもらいます。 

(2)徒手検査 

整形外科や整骨院で行う、整形外科的な検査法です。関節の動きや可動域を確認します。3割負担の場合、治療費込みで初診1,200円程度のところが多いようです。 

(3)リウマチ検査 

関節リウマチの場合にはRA検査や炎症反応の検査など種々の検査を行います。費用は一般的に5,000円から7,000円ほどのようです。リウマチに詳しい専門医がいるリウマチ科を受診するのがよいでしょう。 

(4)静脈瘤の検査 

下肢静脈瘤の場合には、超音波検査や空気容積脈波検査をおこないます。保険適用されますが、病院によって費用はまちまちです。血管外科を受診するとよいでしょう。 

Male medicine doctor hand holding stethoscope head

6)膝の裏が痛い症状への4つの治療方法

膝の裏の痛みは原因もさまざまなら、症状の程度、年齢もさまざまなので、治療期間や治療費は個人差が大きいです。担当のお医者様に相談すると良いでしょう。 

(1)整形外科的治療 

低周波やマイクロ波、緩衝波などの電気治療や、温めたり冷やしたりする罨法、湿布や包帯、テーピングなどの処置をします。整形外科や整骨院で診てもらいます。 

(2)投薬治療 

関節リウマチの場合には抗炎症剤や、免疫機能調整剤、下肢静脈瘤の場合には利尿剤や症状に応じた薬が用いられます。それぞれリウマチ科や血管外科を受診します。 

(3)静脈瘤の治療 

下肢静脈瘤の治療は、弾性ストッキングをはいて血流を促進したり、静脈瘤に直接薬剤を注入して固めたり、レーザー手術を行ったりします。血管外科などで診てもらえます。 

(4)手術 

関節リウマチによる関節破壊が進行し、日常生活に支障をきたした場合や、静脈瘤が深刻な場合に手術が行われることがあります。それぞれリウマチ科や血管外科を受診します。 

7)膝の裏の痛みへ未然にできる予防ポイント 

(1)休養をしっかり取る 

運動によって痛みが出ている場合には、しっかり身体の回復期間を設けてあげることが大事です。特に年少者は自分で判断できないので、コーチや周りの大人が指導することが必要です。 

(2)筋トレ 

変形性の膝関節症の場合には、膝を支える周囲の筋力強化が欠かせません。 

(3)ダイエット 

肥満が原因で膝の裏に負担がかかっている場合には、体重を減らすことで膝にかかる負担を緩和しましょう。 






今回のまとめ 

1)膝の裏が痛い場合の5つの症状とは 

2)膝の裏が痛い症状の6大原因 

3)膝の裏の痛みが続く場合に考えられる3種類の病気 

4)膝の裏が痛い症状への4つの対処方法 

5) 膝の裏が痛い症状への4つの検査方法 

6) 膝の裏が痛い症状への4つの治療方法とは 

7)膝の裏の痛みへ未然にできる3つの予防ポイント