肘の痛みを気にしている男性

どこかにぶつけたり、打った記憶はないのに肘の内側が痛い。もしかすると病気や何か原因がある可能性があります。肘の痛みにも幾つかの種類があり、今一度日常生活を改善したいものですね。今回はそんな肘の内側の痛みの原因や対処方法を紹介していきます。



肘の内側が痛い!気になる3大原因と病気の可能性とは?


1)症状を確認しよう!肘の内側が痛い場合の2つの種類と症状の違い

(1)力を入れると痛む

電車でつり革につかまっている時、重い荷物を持った時、手を握りしめた時などに痛みを感じやすくなります。日常生活では特に気になりませんが、ふとした瞬間に痛みを感じることがあります。

(2)日常生活でも強い痛みを感じる

何か肘に負担がかかる動作をしなくても強い痛みを感じる場合もあります。この場合は病気が深刻な場合もあるので、気を付ける必要があります。

(3)肘の内側を押さえると痛む

日常生活のなかではほとんど痛みを感じることはなく、肘の内側を押さえたりすると痛むことがあります。

2)何が原因?肘の内側が痛くなる3大原因とは

(1)使い過ぎ

PCやスマホを毎日長時間利用している場合は酷使していることが原因の場合があります。仕事などで利用する方が多くなってきている為、数時間に1度はストレッチなどをする必要があります。

(2)スポーツ

ゴルフ肘、野球肘、テニス肘と呼ばれることも多く、ゴルフや野球、テニスをしている人はそのスポーツが原因と考えられます。スポーツによって肘を酷使してしまう競技であれば、スポーツを行う頻度が高かったり、ハードな動きをしている場合には肘を痛めてしまっている可能性があります。

(3)関節の痛み

はっきりとした原因は解明されておりませんが、リウマチになると関節や骨、筋肉がこわばって起こす為、肘に症状があらわれることがあります。始めは手首や指の付け根などに症状が現れることが多いですが、症状が進行してくると肘にも症状がでてくる可能性があります。

3)応急処置を試そう!痛みへの対処方法とは?

(1)湿布を貼る

消炎作用のある湿布を使用することで、炎症を抑えることができます。湿布を貼っても痛みが続く場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

(2)サポーターを使用する

サポーターで肘をカバーしながら、日常生活を行うことで痛みが軽減されることができます。痛みが軽減されたとしても、スポーツなどは控える必要があります。また、医療機関でそれぞれの痛みに合わせてバンドなどを勧められる場合もあるので、医療機関を早めに受診するのもいいでしょう。

(3)ストレッチ

ストレッチをこまめに行うのも軽減する一つの方法です。どうしても仕事でパソコンやスマートフォンを利用しなければならない場合、少し痛くなってきたら、ストレッチするように心がけると痛みを軽減できます。

Doctor showing X rays to her patient

4)症状が続く場合は要注意・・考えられる4種類の病気とは

(1)関節リウマチ

関節の滑膜という部分に炎症がおこり、痛みと変形を引き起こす病気になります。高齢者に多く見られると思われがちですが、実は30代以降の女性や若い人にも良く見られ始めているので、必ずしも高齢者だけとは限りません。起床時に手指や肘がこわばるような症状が出てきます。原因は解明されていない病気になります。

(2)上腕骨外側上顆炎

テニス肘と言われている病気で、肘の外側にある骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎで炎症を起こしてしまう病気です。テニス肘とはいうものの、テニスをやっている人だけでなく、パソコンやスマートフォンを酷使する人でも起きる病気になっています。

(3)上腕骨内側上顆炎

ゴルフ肘と言われている病気で、上腕骨外側上顆炎に比べると発生頻度は比較的低いとされています。肘の内側の骨のでっぱりの部分が炎症を起こしてしまう病気になります。

(4)変形性肘関節症

肘関節の曲げ伸ばしで痛みと、動かす範囲に制限がかかってくるとこの病気の可能性があります。肘を使わなければ痛むことはありませんが、肘の変形がすすむと十分に曲げ伸ばしすることが難しくなってきたりします。そのため、日常生活に支障をきたす可能性がでてきます。

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

(1)中指伸展テスト

上腕骨外側上顆炎の原因になっている筋肉群の中でも特に短橈側手根伸筋が一番関係していると言われています。その筋肉が中指の付け根についている為、中指にストレスをかけることで上腕骨外側上顆炎かどうかをはっきりすることができると考えられています。整形外科を受診し、痛みの有無を見る検査になります。費用は約500円程度が相場になります。

(2)レントゲン

骨に異常がないかどうかを調べる検査になります。正面と側面から撮影をして、異常がないかを見ていきます。すぐに結果がわかり、費用は2,000円前後になります。

(3)MRI

筋肉の断裂、靱帯の異変などがないかどうかを調べる検査になります。レントゲンとMRIを検査して異常がなければ筋肉が硬くなっていることなどが原因と考えられます。費用は少し高めになってしまいますが、5,000円~6,000円程度が相場になります。

Doctor

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

(1)鎮痛剤の処方

ほとんどの場合が、飲み薬などで処方してくれます。痛みがひどい場合などには、鎮痛剤の注射などをする病院もあるようです。腰痛などでブロック注射というのを聞いたことがある人も多いと思いますが、それを肘に打つようなイメージです。箇所や範囲によって費用は変わってきますが、500円から4,000円程度が相場になります。

(2)サポーターやテーピング

これは渡されて自分でするという場合がほとんどになります。サポーターにも自分に合う合わないがあるので、自分に合ったサポーターを選ぶようにしましょう。テーピングも医師に教えてもらって痛みに合ったテーピング方法でテーピングすることで効果があります。

(3)ストレッチ

これもストレッチ方法を教わり、自宅で毎日行うといった治療方法になります。骨折や靱帯の異変でないような場合、ほとんどが時間療法になってしまうため、医師から何かを教わり毎日自分で継続して何かを行う必要があります。大きな整形外科などでは、リハビリ用の施設や部屋が用意されていて、診察とは別でリハビリを行えることもあります。

7)日常から改善を!肘の内側が痛い症状への予防習慣とは

(1)デジタル機器を使用しすぎない

パソコンでの作業がほとんどの人や、どうしてもスマートフォンを長時間使用してしまう人も最近では多いですよね。長時間使用するときは、こまめにストレッチや休憩を心がけるようにすると、予防になりますよ。

(2)サポーターを使用する

日ごろから肘を使うスポーツをする場合にはサポーターを使用することも予防方法の一つになります。一度痛みが出たりすることがあった場合には、治ったとしても再発する可能性が十分にあります。

(3)アイシングと水分補給

学生時代よく聞いたことのあるコールドスプレー、これはアイシングに最適なスプレーです。スポーツ店などで販売されていて手軽に購入することができます。また、スポーツ後はアイシングと一緒に水分補給することで、疲れの元となる乳酸をできるだけ早く体外に出すことができます。



今回のまとめ

1)症状を確認しよう!肘の内側が痛い場合の2つの種類と症状の違い

2)何が原因?肘の内側が痛くなる3大原因とは

3)応急処置を試そう!痛みへの対処方法とは?

4)症状が続く場合は要注意・・考えられる4種類の病気とは

5)専門家での検査を!痛みが気になる場合へ試したい検査方法

6)病気の場合には?行われる可能性のある治療方法

7)日常から改善を!肘の内側が痛い症状への予防習慣とは