男性患者の診察を行う医師

左胸がチクチクする痛みは、ストレスなどが原因の一過性のものから生命に関わるものまでと範囲が広く判断がつきにくいものがあります。今回は左胸の痛みのチクチクする原因・考えられる病気・検査法・治療法・予防についてお伝えをします。



左胸の痛みが気になる?チクチクする6大原因と対処法とは


1)どんな痛みが現れる?チクチクする場合の5つの症状

(1)手で押さえると痛みが強くなる

(2)手でさすると痛みが弱くなる

(3)安静時に痛くなる

(4)呼吸すると痛くなる

(5)女性の場合、乳房がチクチクする

2)なぜ痛くなる?左胸がチクチク痛みがする場合の6大原因

(1)自律神経の乱れ

自律神経は自分の意思でコントロールするのではなく交感神経と副交感神経によって体全体、各器官の活動を整える役割を担っています。過度のストレス、不安、疲労、冷え、運動不足、睡眠不足は自律神経を乱し様々な病気を引き起こします。

(2)長時間の姿勢の悪さ

ある臓器や神経を圧迫したり血流が悪くなることにより様々な病気を引き起こします。

(3)高血圧・動脈硬化

過度の飲酒、過度の喫煙、肉料理が多く高たんぱく高カロリーの偏った食事、運動不足などは肥満の原因となり、そこから高血圧や動脈硬化、糖尿病など引き起こし、それらが進むと心臓病など大きな病気につながります。

(4)遺伝

がんや先天性の病気が遺伝が原因の場合もあります。

(5)加齢

老化現象により各器官の低下が起こります。

3)症状が続く場合には注意?考えられる6つの病気とは

(1)心筋梗塞

ポンプの役割をする心臓に酸素と栄養分を送るのが冠動脈ですが、心筋梗塞はその冠動脈が血管の閉塞や狭窄等により詰まってしまい、心臓に酸素と栄養が届かなくなった結果、心筋の細胞が壊死するために発症します。心臓病の場合、心臓そのものが痛くなるというものではなく30分以上締めつけられるような痛みなどの症状が特徴です。しかし痛みの感じ方は人それぞれなので注意は必要です。

(2)狭心症

狭心症は、大まかに2種類あり、体を動かしたときに起こる「労作狭心症」、安静(睡眠中も)にしているときに起こる「安静狭心症」があります。いずれも原因としては冠動脈が狭くなることで、心筋が必要とする酸素が不足するために発症します。心筋梗塞と同様、心臓そのものが痛くなるというものではなく15分以内に痛みが治まるというのが特徴です。

(3)心臓神経症

心臓そのものに特に異常はないにも関わらず左胸にチクチクした痛みがあらわれたり、他にも動悸、いきぎれ、呼吸困難、めまいなどの症状があらわれ、ストレス、過労、不安によって交感神経が刺激され心拍数が増加するので、これらの症状が安静時あらわれたり、手で押さえると痛みが強くなることが特徴です。

(4)肋間神経痛

肋間神経を圧迫するために肋間に沿って痛みが走しります。呼吸をするとき、体を動かすとき、寝返りなどで体をひねるとき、くしゃみや咳をしたときに痛み、痛みは持続しませんが繰り返し頻繁に痛みます。

(5)乳腺症

妊娠や出産、月経や閉経などのホルモンのバランスの影響によって起こると考えられています。乳がんと似た症状ですが良性のため特に治療の必要がなく経過監査になります。

(6)乳がん

乳房は乳頭、母乳を作る乳腺(乳管、小葉、乳管洞)、これらを覆う脂肪から成り立ち、多くはこの乳腺から乳癌が発生します。症状としてはしこりなどですが、他に乳頭からの血の混じった分泌物やそのまわりのただれ、熱を持つ、腫れ、オレンジの皮のような肌になる、しこりなどの症状があらわれます。

At the doctors office

4)先ずはどんな処置をするべき?自宅でできる対処法とは

(1)リラックスする

(2)深呼吸

(3)姿勢を正す

(4)体を温める

心筋梗塞、狭心症、心筋炎など生命に関わる病気は自己判断はとても危険です。すぐに専門家に受診をしましょう。心臓神経症はとくに治療の必要はなくストレス解消などに努めます。

5)症状が治まらない場合は専門家へ!試される検査方法とは

症状に合わせて循環器科、神経科、心療内科、整形外科、婦人科などを受診します。

(1)血液検査

腫瘍マーカー検査などでは、血中のある物質の値が高くなることで癌や疾患があるかどうかを判断します。他の検査と合わせて総合的な判断をします。

(2)心電図

両手足や胸などに電極をつけ、心臓から流れる微量の電流の流れを図り乱れていないかを確認します。

(3)超音波エコー(心臓超音波検査、乳腺超音波検査など)

胸にジェルを塗りブローべという機器をあて、上下左右にすべらしモニターで部位の状態を確認します。

(4)マンモグラフィー

少ない放射線の量で透明の板で乳房をはさんで薄く伸ばしレントゲン撮影する検査です。

(5)胸部(乳房)MRI

強い磁石と電波を利用して、胸部(乳房)の断面を撮影する検査です。

(6)胸部(乳房)CT

胸部をX線で撮影し胸部(乳房)の内側を輪切りにして画像を映し出し、投影剤を注入する方法としない方法があります。

MRI machine is ready to research in a hospital

6)どんな治療が行われる?病院で行われる可能性のある治療方法

症状に合わせて循環器科 神経科、心療内科、、整形外科、婦人科などを受診します。疾患によって治療を何もせずストレスや疲労を軽減することによって治るものから手術によって腫瘍を取り除いたりします。心筋梗塞、狭心症などは薬物療法、カテーテルによる治療、外科治療があります。

(1)薬物療法

(2)カテーテルによる治療

(3)外科治療(手術)

心臓神経症は主にストレスや疲労、不安などから起こるため、ストレスや不安を取り除く精神療法などを用います。

(4)精神療法

肋間神経痛

(5)薬物療法

(6)鍼灸療法

(7)理学療法

(8)神経ブロック注射

乳腺症

(9)ホルモン療法

(10)薬物療法

乳がん

(11)外科治療(手術)

(12)放射線療法

(13)化学療法

(14)ホルモン療法


今回のまとめ

1)どんな痛みが現れる?チクチクする場合の5つの症状

2)なぜ痛くなる?左胸がチクチク痛みがする場合の6大原因

3)症状が続く場合には注意?考えられる6つの病気とは

4)先ずはどんな処置をするべき?自宅でできる対処法とは

5)症状が治まらない場合は専門家へ!試される検査方法とは

6)どんな治療が行われる?病院で行われる可能性のある治療方法