オフィスのデスクで考えるナース

ヘモグロビンと言いますと、聞いたことはあるものの具体的な働きのイメージが湧かない人が多いと思われます。実際に血液中を流れる物質程度の認識で悪影響や良い影響の想像がつきにくいでしょう。

今回はヘモグロビンの基準値や増やす方法、予防方法をお伝えします。



即実践!ヘモグロビンを増やす3つの方法


1)ヘモグロビンとは何か

(1)酸素を送る重要な役割

病院検査の基礎知識では、ヘモグロビンに対して赤血球の大部分を占めている血色素と定義しています。酸素を体内の組織に運び、かわりに二酸化炭素を受け取って肺まで運んできて放出し、再び酸素と結びついて各組織に運ぶという重要な働きを担っていることも説明しております。

一言ですと、血液中で酸素を送る重要な役割というべき存在です。

(2)ヘモグロビンの正常値とは

(1)の参考資料同様に病院検査の基礎知識では、「ヘモグロビンの測定の仕方は血液を採取し、自動血球計数器にかけると、赤血球数、白血球数、などと一緒に測定されると説明しています。

基準値は男女、年齢によって差は見られますが基準値は男性 13.0~16.6g、女性 11.4~14.6gとなっており、男性の方が高い数値になっております。

年齢差から見ますと妊婦、高齢者は低い傾向にあり、幼児は低く 15 歳くらいで成人と同じになるとの説明がありました。

2)ヘモグロビン値が低い場合の3つの症状

ヘモグロビンナビによりますと主として挙げられる貧血以外にも例を挙げて説明しております。ここでは 3 つほど言及いたします。

(1)動悸・息切れ

酸素を運ぶ役割が枯渇され酸欠状態時になり、それを防ぐために血流が早くなります。その結果呼吸が早くなり息切れや動機などの懸念があります。主として酸素不足によって起こるもので、生命の維持に支障が起こる心配も出てきます。

(2)皮膚が青白く変化

顔や皮膚などが青白くなる恐れがあります。ヘモグロビンは赤い色素であるが、低下するとその巡る量も少なくなるため変色してしまいます。口の中や爪などの細部へ及ぶ恐れもあります。

(3)貧血・酸欠状態

ヘモグロビンの不足は同時に鉄分不足の恐れもあり、それは食堂の粘膜細胞の増殖にも影響があります。食道の就職に伴い固形の食べ物が飲み込みにくくなり嚥下機能の低下の恐れがあります。

貧血以外にも恐ろしい症状があり、酸欠状態が招く危険は数多く存在します。見た目では分からない症状もあるので単なる体調不良などと考えないことが必要と考えられます。

rztin bert einen lteren Patienten

3)ヘモグロビン値が低い原因

 ヘモグロビンナビではヘモグロビンが低い原因を 3 つ説明しております。各々言及いたします。

(1)鉄分不足

一つは鉄分不足が挙げられます。ヘモグロビンを構成する主たる材料は鉄でそれが不足すると作られなくなり値は下がります。

ほうれん草やレバーの摂取により解決は可能になります。インスタント食品などは鉄分が全くないのでそれを抑えることも大切です。

(2)女性の場合の生理

女性ですと生理の出血も一つの原因になります。正常値の下限より低くなった際には注意が必要です。血液中の鉄分が不足して、体内の蓄えであるフェリチンが使われるためにそうなります。

(3)出血を伴う疾患

一番危険な可能性として、出血を伴う疾患の恐れがあります。胃潰瘍や肝硬変が挙げられますし、消化器系のがんなども危険があります。

食生活の見直し後もヘモグロビンに変化が見られなかった際は疑う必要が考えられます。食生活の見直しや生理現象が主たる原因ですが、重病の可能性もありますので軽視せずに疑う気持ちと診断が大切と考えられます。

4)ヘモグロビンが低い状態を放っておくことのリスク

(1)貧血

貧血が一番可能性として高いですが、自覚症状が無い場合も多くあります。4 種類挙げられますが、程度が深刻な場合は診断が勧められます。

(2)10.0g下回ると危険

男女共通で 10.0g を下回った際には立ちくらみやめまいの危険性がかなり増します。その際には数値に対して敏感になり細かい注意が必要になります。

主たる原因は貧血ですが、ひとえに貧血といっても幅が広いです。それなので放置は危険が伴います。絶対に避けることが必要です。

5)ヘモグロビンを増やすためにオススメの3つの食材

(1)レバー

鉄分豊富としても知名度が高いレバーです。豚、鶏のレバーが取り分け鉄分が多いので勧められています。プリン体が高い食材でもあるので過剰摂取には注意は必要です。

(2)ほうれん草

鉄分に加えてビタミン C も豊富な、ほうれん草があります。野菜の中では含有量が高く調理法も幅が広いので重宝されます。100g あたり 3.7mg とかなり多くの鉄分があります。

(3)ココア

カカオ豆を使用するココアも鉄分は豊富です。飲みやすさにも加え食物繊維や亜鉛も含有されています。ミネラルも豊富なために健康にも良いです。

(4)その他鉄分を多く含む食品

鉄分を多く含む食材は他にもひじき、レンコンなどがあり調理法によってさらに摂取が期待できるので枯渇しない状態も保つことが大切です。

Doctor nutritionist writing case history in the office. Young woman dietitian prescribing recipe.

6)専門家でできるヘモグロビンを増やす為の2つの療法

自身では出来ないことも専門家や病院などで依頼をしてヘモグロビンを増加させる手法はあります。ヘモグロビンが少ない原因と病気のページより2つ改善策を言及します。

(1)投薬療法

1つはフェロミア錠を使った投薬療法です。鉄の補給を促進させるもので 1 に当たり 2~4 錠を2回に分けての内服をするやり方です。場合によっては点滴で錠剤を入れる場合もあり、貧血の程度によって変化はします。

(2)輸血

もう 1 つの手段として輸血です。鉄剤では時間がかかってしまうためもう一つのやり方です。ヘモグロビンを生み出す骨髄幹細胞が問題となっている場合は骨髄輸血の可能性まで幅を広げます。直接取り入れるためかなり重度な場合の策になります。

医院での手法もいくつかありますが、そこまで到達する以前に予防は大切と考えられます。

7)ヘモグロビンを増やす為に自分でできる3つの対処法

前項では、専門家の手法を挙げましたが個々で出来る部分を遵守する方が傷も浅いと考えます。

(1)食生活の見直し

基本ですが、食事の見直しが一番の近道と思われます。貧血の改善同様に鉄分が効果的でレバーなどが最重要です。それ以外にはシジミや乳製品、緑黄色野菜も効果的です。

(2)効果的にオーガニックサプリメントの摂取

医院に通わずとも個人で調べてサプリメントの摂取という方法があります。鉄分や葉酸が効果的であり、血液を増やすために必要な栄養素になります。加熱によって成分が減少してしまう場合には効果的です。

(3)適度な有酸素運動

他の病気にも連想しますが、有酸素運動があります。酸素が取り入れられ赤血球中にあるヘモグロビンと結合して運搬機能がアップされます。負担をかけない程度の度合いを守るようにして、体調管理も必要とされます。

しっかりと食事を取り、運動をすることで安定した血液が保てるようにすることが大切です。勿論睡眠などの管理にも食事など同様大切になります。



今回のまとめ

1)ヘモグロビンの減少は貧血に直結する

2)貧血は自覚症状が少ないので危険が必要な場合もある。

3)ヘモグロビンの増加に対しては、しっかりとした食事療法などが必須である。

4)逆に多すぎても悪影響はあるので適性値を意識する必要がある。

ヘモグロビンの減少は、貧血以外にも危険な病状が隣り合わせであるため注意が必要ですが、予防として基本的な生活習慣の改善が大切となります。