鼻水をかんでいる女性

鼻水が詰まるわけではなく、流れ出てきてしまう。水っぽい鼻水はアレルギーが疑われますし、気になってしまいますよね。症状が続く場合には何らかの疾患の可能性も考えられます。今回はそんな気になる鼻水が水っぽい症状についてご紹介します。






鼻水が水っぽい・・?考えられる原因と3つの対処方法!


1)症状の解説!鼻水の3つの種類と特徴の違い

(1)水っぽく透明な鼻水

花粉症の季節によくダラダラ鼻水の人を見かけますよね。本人が止めようと思っていても抑えることができずダラダラと垂れてくるのが特徴です。鼻水以外に身体の倦怠感などは少ないのが特徴です。

(2)粘り気のある黄色い鼻水

風邪の後に副鼻腔炎を起こしている場合によく見られる鼻水です。少し臭いがある場合もあります。また、頭痛、発熱などが伴う場合も多くあります。鼻水だけでなく、喉からの感染の場合も粘り気のある鼻水が多いです。

(3)少し粘り気のある白い鼻水

一般的な鼻水で、風邪やウイルス感染時に見られるものです。咳がでたり、咽頭痛、上気道炎症なども併せて見られることがあります。鼻をかんでも量は少ない場合がほとんどです。

2)何が原因?鼻水が水っぽい場合の3大原因とは

(1)花粉

いわゆる花粉症の時期にみられる症状です。「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれ、春など花粉が多く飛び散る季節に発症します。アレルギー性鼻炎の発症原因はリンパ球が異物となるアレルゲンと戦うために、水分を鼻の中から流しだすためです。体質によって、本来なら害にはならないのに過剰に反応してしまうため、排除しようとします。

(2)ホコリ

(1)の花粉と同じアレルギー性鼻炎の一種です。ハウスダストやダニに反応してしまう為、花粉と異なって「通年型アレルギー性鼻炎」と呼ばれます。一年中、自分の居場所の環境によって発症してしまうためです。

(3)鼻風邪

鼻風邪をひくと、水っぽい鼻水が初期症状として出ます。原因は花粉やホコリなどのアレルギー性鼻炎と同じで、リンパ球が風邪の菌と戦うためです。アレルギー性鼻炎と異なるところは、発熱やのどの痛みなども伴って症状が出ることです。

Doctors have a discussion

3)応急処置!水気のある鼻水への対処方法

(1)温める

小鼻のあたりをホットタオルなどで温めると鼻水が通りやすくなります。ホットタオルで温めると、同時に加湿の効果もあるので、鼻が炎症起こしている場合などでは効果的です。アレルギー性鼻炎の場合は花粉やホコリが体に入らないよう、マスクなどでしっかり防ぐことも大切です。

(2)出し切る

鼻風邪の場合、鼻水が出ているのは細菌やウイルスが原因の場合がほとんどです。細菌やウイルスを鼻水によって体の外へ排除しようとしているので、無理に止めない方が治りがよくなります。

(3)優しくこまめにかむ

鼻水が出てくると気になってしまいますが、強くかむと粘膜を傷つけてしまいます。ローションティッシュなどは高価ですが、普通のティッシュより保湿効果が高いので、鼻水をかむ時にはおすすめです。小さい子供の場合は、吸引器を使用することがおすすめですが、やりすぎると中耳炎になってしまったりしまいます。なかなか止まらない場合には早めに耳鼻科を受診するようにしてください。

4)症状が続く場合に・・考えられる病気とは

(1)アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎では花粉、ハウスダスト、ダニ、動物の毛など、本来では身体に害のないものに過剰反応を起こしてしまう病気です。アレルギー性鼻炎には通年型と季節性があります。これは上記で説明したとおり、アレルゲンと戦うためにリンパ球が水分を鼻からだすためとされています。本来は害のないものにも過剰に反応してしまうため、身体の中から排除しようとして、結果水っぽい鼻水を大量に出してしまいます。また、アレルギー性鼻炎の特徴として、起床時や就寝時にひどくなる傾向があります。

(2)風邪

風邪の場合でも、初期の段階では水っぽい鼻水が出ます。これはアレルギー性鼻炎と同様で、リンパ球の作用によるものです。風邪の初期症状であれば、発熱、喉の痛み、関節痛なども一緒に感じる場合が多いです。また、風邪の場合は、日にちが経つにつれて水っぽいものから粘り気のあるものに変化していきます。いつまで経っても粘り気がなく、水っぽい鼻水が大量に出る場合はアレルギー性鼻炎を疑った方が良いと思います。

Female doctor holding a stethoscope in his hand, two doctors and patient are on the background

5)専門家で行われる対処法は?行われる3つの治療方法

(1)抗ヒスタミン剤の服用

アレルギー性鼻炎の症状を緩和させる薬になります。第一世代、第二世代に種類が分かれていて、現在では効果が高く副作用の少ない第二世代のものの使用を勧める医師がほとんどです。だいたい3ヶ月ぐらい治療にかかり、費用は1ヶ月で2,000円前後が相場となります。

(2)減感作療法

アレルゲンのエキスを少しずつ注射して、身体を慣らしてゆくという療法です。アレルギー体質自体を改善させるための治療法になります。治療に最低2~3年かかってしまうところがデメリットですが、治療を受けた方の70%以上が症状が軽減したという報告があります。月に1回、1~2年ぐらいの期間は治療が必要で、1種類だと400円~600円前後が相場となります。

(3)下鼻甲介粘膜切除術

メスで鼻の粘膜を切除する外科手術による治療法です。1時間程度の手術で、説明や注意などを含めても3~4時間程度ですが、3日間程度は自宅療養が必要です。費用はおよそ20,000円前後ですが、2~3年に1度程度の頻度で鼻水が軽減されるので最近ではされる方が増えてきています。ただし、手術となりますから、医師と事前にしっかり相談することをおすすめします。

6)日常生活から改善を!水っぽい鼻水への予防ポイント

(1)身体を温める

体温を上げることで免疫力が高まります。温かい飲み物を飲んで身体を温めることが効果的です。鼻風邪の場合は、抗菌作用や消炎作用のある緑茶、紅茶、生姜茶などがおすすめです。ペパーミント、カモミールなどのハーブ類も鼻づまりに効果のあるハーブなので寝る前に飲むとおすすめです。

(2)日ごろからマスク着用

細菌やウイルスは乾燥していると身体にはいってくる傾向にあります。マスクを着用することで、乾燥を防ぐことができ、症状が悪化するのを防いでくれます。寝るときにも症状が悪化することが多いので、マスクを着用して寝るのもおすすめです。

(3)漢方の服用

小青竜湯や葛根湯などの漢方を服用すると、鼻水の症状が軽減します。他に持病があったり、薬を服用していると服用できない場合もあるので、漢方を購入する前に一度かかりつけ医に相談してみましょう。






今回のまとめ

1)症状の解説!鼻水の3つの種類と特徴の違い

2)何が原因?鼻水が水っぽい場合の3大原因とは

3)応急処置!水気のある鼻水への対処方法

4)症状が続く場合に・・考えられる2種類の病気とは

5)専門家で行われる対処法は?行われる3つの治療方法

6)日常生活から改善を!水っぽい鼻水への予防ポイント