鼻をかむ女性

花粉症や風邪で鼻水が止まらない人は少ないかと思います。そんな鼻水ですが、色がいつもと違う経験をした人はいませんか。今日はそんな鼻水の色でも緑色の鼻水についてお話をします。鼻水の症状が頻繁にある人は是非参考にしてみてください。



鼻水が緑色になるのはなぜ?放っておけない2大原因とリスク


1)種類はあるの?鼻水の2つの種類と症状の違い

(1)水っぽい

水っぽく透明または白い鼻水が出る場合があります。鼻の奥に痛みを感じる場合多く、炎症としては初期症状から中期症状といわれることがあります。鼻水は出しても出しても出し切った感覚がない特徴があります。

(2)ねばねば

鼻が詰まりが強く、鼻をかんでもすぐにまた詰まった感覚をもちます。色があり、疸よりも粘りが強いものが多いです。鼻の奥からくさいに多いを発しはじめる場合もあります。

2)鼻水が緑色に!考えられる2大原因とは

(1)風邪

通常の鼻かぜよりも長期的に症状が続いた場合、鼻から緑色の鼻水が出る場合があります。これは風邪のウィルスや細菌により鼻の奥が炎症しているためでます。色が濃くなることで体がウィルスや細菌を出そうとする防衛機能が強くなっていることを示し、風邪も治りかけの場合が多いです。

(2)鼻を強くすする

風邪ではなく、アレルギーや花粉症などで鼻をよく噛む人は強くすする癖があります。強くすすることで鼻の中の粘膜が傷つきやすく、炎症を起こし、緑色の膿をつくりだす原因となる場合があります。

3)自分でできることは?症状への3つの対処方法

(1)鼻うがい

鼻うがいは慣れていない人が多いですが、市販で売られている鼻うがい用の液体を使用すれば初心者でもすぐに行うことができます。鼻うがいで鼻の粘膜に侵入したウィルスや細菌を流すことで治癒を早めることができます。

(2)鼻水をためない

鼻をかみすぎて鼻の出口となる皮膚がただれる場合もありますが、それでも鼻水を中に溜めておくことは症状を悪化させる可能性があります。鼻が詰まった場合は早めにティッシュで鼻水を取り除くようにしましょう。

(3)病院にいく

鼻かぜはよくなるということで放置していると症状が悪化し、炎症が酷くなる可能性があります。5日間以上、鼻に異常がある場合は原因を調べるため、耳鼻科で診察を受けましょう。

Doctor and patient are discussing something, just hands at the table

4)病気チェック!どんな症状が現れたら病気を疑うべき?

(1)のどの痛み・熱

鼻の症状だけならず、喉が痛い、熱がある場合は風邪またはインフルエンザなどのウィルスや細菌の侵入が原因の病気の場合があります。原因菌によっては薬を飲まないと完治が難しい場合があるため、耳鼻科や内科を受診するようにしましょう。

(2)臭いにおいを感じる

通常の鼻水の症状ではにおいはしませんが、鼻の奥から異臭がする場合は病気の可能性があり、自然治癒は難しい場合があります。そのため、病院で検査をするようにしましょう

5)症状が続く場合に!考えられる病気とは?

(1)副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻水が緑色の症状が続く場合、考えられる病気は副鼻腔炎となります。この病気になると炎症からでる膿が頬、顔、目のまわりにある空洞部分に膿が溜まります。膿が溜まった状態になると蓄膿症となります。症状が悪化すると食べ物のにおいや味がしないなどの症状の特徴があります。

6)専門家で検査を!病院で行われる可能性のある検査方法とは

(1)鼻腔ファイバースコピー

胃カメラの検査と同様に、鼻に細長い管のようなカメラを挿入し、鼻の中の異常を調べます。ポリープや腫瘍なども適格に調べることができ、検査結果もすぐに知ることができます。耳鼻科で受けることができますが、規模の小さい病院で設備がない場合もあるため医師に確認をとりましょう。

(2)CT検査

エックス線検査なども行われますが、精密に調べることができるメリットがあるため、最近ではCT検査が主流になっています。X線をつかって調べる部位の断面を画像化することができ、炎症の有無以外にもその範囲や炎症度合いも調べることができます。結果はすぐにわかります。費用は1万円以上かかる場合もあるため、前もって医師に確認をしておきましょう。

Men are undergoing medical examination

7)病気が疑われる場合には?専門家で行う可能性のある治療方法

(1)薬物治療

鼻の中の炎症を止めるために炎症の原因となるウィルスや細菌を殺す抗生物質の投与と炎症止め、または免疫機能を向上する漢方薬などを服用し治療します。症状の度合いにより期間は1か月以上かかる場合も多く、医師に相談しましょう。

(2)洗浄治療

鼻腔内に蓄積した膿や体液を吸引し、鼻腔の中をきれいにし、空気を通しやすくします。麻酔で副鼻腔に針を通して抗生物質を含んだ生理食塩水を注入しつつ膿を吸い出します。治療時間は1時間以内の場合が多いす、費用に関しては症状によって方法に差がでるまで医師に確認をとりましょう。

(3)手術

手術は内視鏡手術と外科手術の2つどちらか実施する可能性が高いです。空気の流れをよくするために手術で膿を取り除くものと炎症している粘膜を取り除き膿を排出しやすくするものです。医師に内容を聞いた上でどのような手術をするかは理解するようにしましょう。

8)日常から改善を!緑色の鼻水への3つの予防習慣とは

(1)アレルギー予防

花粉症やほこりなどのアレルギー反応で頻繁に鼻をかむ人はそれが原因で炎症を起こしやすくなります。なるべく、アレルギー症状がでないよう医師に処方されたアレルギーの薬の服用、アレルギーの自覚がある人は病院で何のアレルギーなのかとそれ合った薬をもらうようにしましょう。薬以外にもヨーグルト等に含まれる乳酸菌はアレルギー反応を抑制する働きがあるとして注目されています。

(2)鼻を強くかまない

鼻をかむ動作を日常茶飯事に行う人は強くかみすぎて鼻腔にダメージを与えている可能性があります。炎症の原因となるので意識をして弱めにかむ、使用するティッシュを柔らかいものにするなどにして鼻をいたわるよういしましょう。

(3)乾燥させない

喉と同様、鼻も粘膜によって守られています。乾燥すること傷ができ、ウィルスや細菌が侵入しやすくなるため、マスクや鼻うがいなどで湿気を保つようにしましょう。鼻うがいは慣れていない人もいると思いますが、市販に鼻うがい用の液体がありそれだとしやすいので試してみましょう。



今回のまとめ

1)種類はあるの?鼻水の2つの種類と症状の違い

2)鼻水が緑色に!考えられる2大原因とは

3)自分でできることは?症状への3つの対処方法

4)病気チェック!緑色の鼻水とどんな症状が現れたら病気を疑うべき?

5)症状が続く場合に!考えられる3つの病気とは

6)病院で行われる可能性のある検査方法とは

7)病気が疑われる場合には?専門家で行う可能性のある治療方法

8)日常から改善を!緑色の鼻水への3つの予防習慣とは