Fotolia_139398006_Subscription_Monthly_M

人間にとって必要な栄養素は様々なものがありますが、ガンマリノレン酸もそのうちの一種です。これは体内で生成することができないので、食べ物などから摂取する必要があります。

ここでは、ガンマリノレン酸の効果と摂取時の注意点などをご紹介します。



ガンマリノレン酸とはなに?注目の3大効果と摂取の注意点


1)そもそも「ガンマリノレン酸」とはなに?

(1)必須脂肪酸の一種

γ(ガンマ)リノレン酸とは、1887年に発見されたリノレン酸の一種であり、私たちが生きていくために欠かせない栄養素である必須脂肪酸の一つです。必須脂肪酸はビタミンFとも呼ばれます。

体内の他の脂肪酸を使用して合成ができないという性質があります。また、必須脂肪酸はオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の2系統に分かれていて、ガンマリノレン酸はオメガ6脂肪酸に分類されます。

(2)植物性油に多く含まれている

ガンマリノレン酸はカシス種子油、月見草油などの植物性の油に豊富に含まれています。ガンマリノレン酸は直接食べ物から摂取する他に、体内のリノール酸からも変換されます。

リノール酸は体内で代謝されるとガンマリノレン酸に変化するのですが、だからと言ってリノール酸を過剰摂取すると、ガンマリノレン酸への変換がストップする可能性もあります。他にもアルコール、コレステロール、砂糖などの甘いものを摂取しすぎることによってもガンマリノレン酸への変換が止まってしまいます。

2)ガンマリノレン酸にも種類がある?特徴の違いとは

リノレン酸の一種であるガンマリノレン酸は複数の種類があります。アルファリノレン酸、ベータリノレン酸などがそれに該当します。

一例として、アルファリノレン酸は体内に摂取されるとDHAやEPAに変換され、血の流れを良くする、ガン、アレルギー症状の抑制効果があるなどの働きがあります。

名前は発見された順にアルファ、ベータ、ガンマとつけられており、アルファリノレン酸が一番目に、ベータリノレン酸が二番目、ガンマリノレン酸が三番目に発見されたことを表しています。

3)要チェック!ガンマリノレン酸が多く含まれる食べ物とは?

(1)にしん

(2)鶏卵

(3)からすみ

(4)わかめ

(5)サンマ

それぞれ100グラムあたりにつき、にしん60ミリグラム、鶏卵64ミリグラム、からすみ130ミリグラム、わかめ30ミリグラム、サンマ30ミリグラムのガンマリノレン酸が含まれています。

Japanese rolled eggs

4)ガンマリノレン酸に期待できる3大効能とは

(1)プロスタグランジンの生成

ガンマリノレン酸はプロスタグランジンの材料になります。プロスタグランジンとは抗炎症物質のことで、具体的には血圧、血糖値の調整作用、血管、気管支の拡張、血液を凝固させる、など重要な役割を担っています。

また、プロスタグランジンはアトピー性皮膚炎の治療や関節リウマチの予防、治療に効果があるという報告もあります。

(2)肥満予防

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸はラード、バターなど、常温で固体になっているものを指します。反対に、不飽和脂肪酸は常温で液体になる性質があります。

不飽和脂肪酸の一種であるガンマリノレン酸の継続的な摂取により、中性脂肪増加の抑制、善玉コレステロールの減少抑制、そして代謝の活発化が期待できるため、肥満の予防に効果があると言われています。

(3)肌荒れ・ニキビ対策

ガンマリノレン酸は肌の水分量を適切に調節し、乾燥を防ぐ効果があります。

肌は真皮と表皮に分けることができ、このうち表皮は外界に接している方から角質層、顆粒層、有棘層、基底層と呼ばれます。基底層で作られた細胞は次第に角質層まで押し上げられ、最終的には肌から剥がれ落ちていきます。

肌が新陳代謝を繰り返し新しい表皮に入れ替わっていく一連の流れをターンオーバーと言いますが、このターンオーバーが正常に機能しないと肌荒れやニキビの元になります。

ターンオーバーが正常に働かない原因はガンマリノレン酸の不足による水分調節障害です。これにより丈夫な細胞を作ることができずにトラブルが引き起こされます。しかし、ガンマリノレン酸の摂取により、ターンオーバーが正常に行われるようになり、外部刺激に耐性のある肌を作ることができます。

※鶏卵にはニンジン、牛肉、わかめには玉ねぎ、マグロ、サンマには大根、ショウガなどを組み合わせて摂取すると良いと言われています。

5)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは?

ブドウ糖などを微生物によって発酵させ、純度の高いガンマリノレン酸を製造し、それを摂取すると効果的にガンマリノレン酸の補うことができるという報告があります。

6)知っておこう!ガンマリノレン酸の摂取での注意点とは?

ガンマリノレン酸の一日の摂取目安量は150ミリグラム以上とされています。

膵臓から分泌されるインスリンが各細胞に必要とされるだけ作用しないことをインスリン抵抗性といいますが、このインスリン抵抗性のある人がガンマリノレン酸を摂取すると睡眠障害やアレルギーと言ったマイナスの効果が現れるので注意する必要があります。

※食品からガンマリノレン酸を摂取しようとしても、概ね大量には食べにくいものが多いので効率的な摂取が見込めません。なので、摂取しやすいサプリメントの利用もおすすめです。



今回のまとめ

1)そもそも「ガンマリノレン酸」とはなに?

2)ガンマリノレン酸にも種類がある?特徴の違いとは

3)要チェック!ガンマリノレン酸が多く含まれる食べ物とは?

4)ガンマリノレン酸に期待できる3大効能とは

5)どんな摂取が効果的?効果的な食べ方・飲み方とは?

6)知っておこう!ガンマリノレン酸の摂取での注意点とは?