体調の悪い子供と電話をする母親

夏場を中心にニュースでも多く取り挙げられる脱水症状。気を付けて水分を摂っていても体は脱水になっている可能性があります。特に吐き気を伴う場合は注意が必要です。

今回は脱水症状と吐き気の原因・病気の可能性・対処方法をお伝えします。






脱水症状と吐き気が同時に・・!3大原因と対処方法とは


1) 脱水症状の3つの種類と特徴の違い

(1) 高張性脱水

水分が多く失われている水欠乏症の脱水であります。発汗や水分摂取の極端な低下などにより、水分が不足した状態です。乳幼児や高齢者に多く、血漿中のナトリウム濃度と決勝浸透圧が高い値になります。

(2) 等張性脱水

水分とナトリウムの欠乏がほぼ同じ割合で起こっている混合性の脱水の状態です。口が乾いている感覚があり、水分を摂取し、低張性脱水に変化しやすいです。

(3) 低張性脱水

ナトリウムが多く失われる電解質欠乏性の脱水です。下痢などにより水分の喪失もありますがナトリウムの喪失がそれ以上に著しい状態で血漿中のナトリウム濃度と浸透圧の低下を伴います。

2) 自己チェック!脱水症状の3つの初期症状

(1) 手が冷たくなる

脱水症状になると血流がわるくなるため体温が下がります。特に手などの末端神経の体温が低くなって先が冷たくなります。

(2) 体温上昇

(1)とは逆のケースで炎天下での作業の場合などは必然的に体が熱くなります。

(3) 口の中が乾きつばが出ない

唾液などの水分もなくなることから起こります。

3) 自己チェック!脱水症状の2つの中期症状

(1) 頭痛

目まいや立ちくらみが同時に発生する場合もあります。身体の機能にまで水分不足が影響していることが言えます。

(2) 吐き気

頭痛と共に吐き気にも襲われます。体内の水分量も大きく減少することで目まいなどが引き起こされる悪循環にもなります。

Woman with migraine in doctor's office

4) 自己チェック!脱水症状の3つの後期症状

(1) 痙攣

命の危険が伴う段階と言えます。コップ一杯の水で防げた身体が想像以上に危ない位置まで来てしまっています。身体が動けなくなり、そのまま入院などまで発展する恐れがあります。

(2) 意識が曖昧

特に高齢者の場合に多く、呼びかけに反応も無く会話が出来ないこともあります。一刻も早く対処が必要です。

(3) 体重が1割以上減少する

具体的な数値に個人差はありますが、目安として1割以上の減少は極めて危険と位置付けられます。特に肥満型の人は顔にも目に見える変化が表れます。

5) 脱水症状と吐き気の関係性とは

吐き気を伴う脱水症状にはケトンが関係していると言われています。尿の中にケトンが検出されると脱水症状と判断されます。

それ以外にも単純に水分不足による脱水症状の原因の一つとして吐き気が見られることや、中期症状としても吐き気が見られることがあります。

6) 脱水症状と吐き気が同時に!考えられる原因とは

(1) 発汗

気温と湿度によって、大量の汗をかきます。このような状態には体温調整が難しく脱水上場が引き起こされやすいです。特に炎天下での運動や仕事は吐き気を伴う可能性が高いです。太陽が照っていなくても注意が必要です。

(2) 下痢

風邪などにかかった時などは発熱により発汗と下痢が続くような状況で水分がどんどん出て行ってしまいます。腹痛が不安で水分補給をしないでいると嘔吐にまで発展します。

(3) 腎臓の機能低下

体内の水分量をコントロールが上手くいかないと尿の排せつや濃度に乱れが起きます。水分を溜めすぎることによって嘔吐の危険性が伴います。

Doctor listening to patient

7) 脱水症状と吐き気から考えられる3つの病気とは

(1) 高血糖圧

糖尿病などを含む、血液バランスの崩れが挙げられます。身体が血液中の糖分を排出し濃度を均等にしようとするため、大量の排尿があり必要な水分まで排出されてしまうものです。

(2) 腎機能障害

脱水と腎臓には密接な関係があります。水分調整をする腎臓機能が低下するのは危険なことです。高血圧の人は一層の注意が必要です。

(3) 循環器系への疾患

消化器系に何らかの疾患があり消化不良になっている場合は、水分が不足して脱水症状が出る可能性があります。

8) 症状が続いている・・試してみたい対処方法

(1) 輸液療法

水分や電解質などを点滴によって投与する療法です。輸血や血液成分の補充として有効な措置ですが、脱水時の療法としても行われています。

(2) スポーツドリンク

応急処置な意味合いとしては真水やお茶よりも塩分が含まれているスポーツドリンクの補給が有効です。病院で点滴を受ける前に防ぐためには大切な処置と言えます。

9) 日常生活から改善!脱水症状を予防するための3つの生活習慣

(1) 起床時の水分補給

寝ている間には水分は出っ放しです。朝起きた際には忙しいことが多いですが、一杯の水を飲む習慣をつけるだけで防止にはなります。乳幼児や高齢者は夜中に目覚めた際には同じように飲むことが進められます。

(2) 食事の見直し

塩辛いものをたくさん食べて、水をガバガバ飲むことは逆効果です。適度な量の塩分を補給し、適度な水分を心がけましょう。糖尿病や高血圧の防止にもなります。

(3) 適度な運動

発熱・発汗作用と抑制するシステムを日ごろから働かせましょう。炎天下に数時間も無理して行う必要はありません。身体の抵抗力を養うことも出来ます。勿論、その間にも水分の補給は行います。






今回のまとめ 

1) 脱水症状の3つの種類と特徴の違い

2) 自己チェック!脱水症状の3つの初期症状

3) 自己チェック!脱水症状の2つの中期症状

4) 自己チェック!脱水症状の3つの後期症状

5) 脱水症状と吐き気の関係性とは

6) 脱水症状と吐き気が同時に!考えられる原因とは

7) 脱水症状と吐き気から考えられる3つの病気とは

8) 症状が続いている・・試してみたい対処方法

9) 日常生活から改善!脱水症状を予防するための3つの生活習慣