唾液の検査を行う医者

唾液の分泌量は通常1日1~1.5リットル程度だとされています。それにもかかわらず、普通よりも唾液の分泌量が多いというのはどういうことでしょうか。なにかの病気のサインかもしれません。そこで、唾液の分泌量が多い原因・症状・病気の可能性をご紹介します。



唾液が多い3大原因!病気の可能性・治療方法とは


1)唾液の3つの役割とは

(1)抗菌

唾液に含まれるリゾチームには抗菌作用があり、外から侵入してくる最近を防いでくれます。これは生体防御機能が働いているということであり、様々な細菌感染を予防してくれます。

(2)口内を清潔にする

唾液は口の中を洗い流してくれており、清潔を保つ役割を果たしてくれています。唾液の分泌量が少ないと、虫歯や口臭の原因になります。

(3)味覚

口に運んだ食べ物は唾液に溶けこむと、舌の味蕾という味覚を感じる場所に届きます。しかし、唾液がないと、潤滑作用がなくなり、舌がこすれて味蕾がなります。甘み、辛み、旨味などの味覚を感じることができるのは、唾液があるおかげと言うことができます。

2)セルフチェック!唾液の適正な状態とは

(1)唾液の粘度

正常な唾液の粘度はサラサラしています。しかし、ストレスなどで交感神経が優位になり、ネバネバとした唾液に変化します。分泌量も減り、喉も乾きやすくなります。

(2)唾液の分泌量

口の乾きがひどくなることや、細菌が体に入りやすくなるなど、体に悪影響を及ぼしかねません。

3)唾液が多い3大原因

(1)虫歯

口内に何らかに異常がある場合、清潔を保とうとして唾液の分泌量が増えます。口内炎も例外ではありません。虫歯があるうちは唾液の分泌量は増え続けたままなので、早めに歯科医院に行きましょう。

(2)自律神経の乱れ

唾液を作る唾液腺は、交感神経によってコントロールしています。交感神経は自律神経であるため、そこが乱れると唾液の分泌量が増えることもあります。自律神経が乱れる原因にはストレスや緊張があります。

(3)消化器官の異常

唾液は食べ物の消化吸収を助ける働きがあります。そのため、唾液がたくさん分泌されるということは、弱っている消化器官を助けるためである可能性があります。消化器官が弱くなる原因は、暴飲暴食や辛いものなどの刺激物の摂り過ぎなどが考えられます。

Doctors have a discussion

4)唾液が多い症状への2つの対処法

(1)ストレスを溜めない

自律神経を整えるために、睡眠時間やリフレッシュする時間を作ることが大切です。仕事や勉強を過度に長時間するのは避けましょう。

(2)バランスのとれた食事を摂る

消化器官を正常にするためにも、栄養バランスのとれた食事を毎日たべることが大切です。お酒も毎日飲むのはなく、適度に楽しみましょう。香辛料の使いすぎにも注意が必要です。

5)唾液が多い症状が続く場合に考えられる2種類の病気

(1)唾液過多症

妊娠中のつわりによく起きるとされています。妊娠で消化機能が低下して体内の水分の代謝が悪化することで唾液が多く出ることがあります。これは、体内の水分を吐き出すためだと言われています。別の理由には、妊娠による副腎皮膚ホルモンのバランスがくずれることで、唾液が多くなる場合があります。

(2)自律神経失調症

自律神経失調症はストレスや寝不足、疲れなどで自律神経が悪くなり、唾液腺を動かす交感神経を狂わせ唾液の分泌量を多くします。また、生理はホルモンの分泌があるため、自律神経が崩れて唾液の分泌が多くなるときもあります。自律神経失調症は女性8割と言われています。

6)気になる場合にすべき検査方法とは

(1)耳鼻科・内科で診てもらう

原因は多くあるので、とりあえず唾液の分泌が多い場合、耳鼻科か内科に通うことになります。耳鼻科では唾液分泌過多症を詳しく調べるために分泌量を図ります。量が多いと感じるだけで実際に少ないのは仮性、本当に多いのが真性と区別されます。分泌量を測るためには、無味無臭のガムを10分ほど噛むというガムテストを行います。

(2)心療内科

自律神経からきているものは、心療内科で診てもらうことを勧めします。診療内では、内科の要素を含め、精神的なストレスや疲れの回復の早期治療を助けてくれます。

Doctor and surgeon reading notes

7)気になる場合にすべき治療方法とは

(1)薬物治療

副交感神経を抑えるアトロピンという薬が唾液を少なくするのに有効だと言われています。副作用が強い薬なので、自分の体に合ったものを心療内科で処方してもらいましょう。つわりによるものは、産婦人科で唾液を抑える漢方薬を処方してくれる場合もあります。

(2)安静にする

人間関係や仕事のストレスが原因の場合は、しばらく休み、リフレッシュすることも大切です。ストレスが重なると唾液が多くなるだけでなく、うつ病などに発展する可能性もあるので、無理は避けましょう。

8)唾液が多い症状への2つの予防習慣

(1)食事に気をつける

暴飲暴食を繰り返すと、消化器官が悪くなり、唾液の分泌が増えるため適度な量の食事をしましょう。アルコールの飲み過ぎにも注意が必要です。

(2)ストレスや疲れを溜めない

自律神経の乱れが生じるまでのストレスや疲れは、唾液の分泌量を増やすだけでなく、うつ病や神経症を引き起こす可能性が高くなります。早寝早起きを心がけることや、ストレスを溜めないように普段からリフレッシュを心掛けましょう。



今回のまとめ

1)唾液の3つの役割

2)セルフチェック!唾液の適正な状態とは

3)唾液が多い3大原因

4)唾液が多い症状への2つの対処法

5)唾液が多い症状が続く場合に考えられる2種類の病気

6)気になる場合にすべき検査方法とは

7)気になる場合にすべき治療方法とは

8)唾液が多い症状への2つの予防習慣とは