カルテを確認する医師

コレストロールと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。悪玉コレステロールの増加は、様々な生活習慣病、または重大な病気の原因となることがあります。

今回はそんなLDLコレステロールが高い原因・考えられる病気の可能性・対処方法などをご紹介します。



LDLコレステロールが高い7大原因!対処方法とは


1)コレステロールの数値とは

まずコレステロールは、人体の細胞の膜を構成するために必要な材料です。また、ホルモン(副腎皮質ホルモン、性ホルモン)、胆汁酸(消化液)の材料にもなります。性差、年齢に関係無く総コレステロール値の正常値は220mg/dl以下です。日内変動においては、値のプラスマイナス10%以内と言われています

LDLコレステロールは、コレステロールの運搬役を担うたんぱく質の一つです。悪玉コレステロールと言われています。

2)LDLコレステロールが高い7大原因とは

(1)食品の種類

揚げ物やスナック菓子などの脂っこい食品の過剰摂取でLDLコレステロールは上がります。一方、野菜や海藻類の摂取が少ないことでもLDLコレステロールは上がります。

(2)肥満

肥満の方は中性脂肪が増加しています。インスリンの働きが低下して、中性脂肪が更に増加するという負のスパイラルを招き、結果としてLDLコレステロール値が上がります。

(3)ストレス

ストレスが他の病気に深く影響していることが知らされているようにコレステロールにもそれがあります。長時間や強度のストレスにさらされると、交感神経が刺激されて副腎皮質ホルモンの分泌が活発になります。これはコレステロールの材料として作られるため結果的に血中のLDLコレステロールを増やします。

(4)タバコ

タバコは、健康に良くない事で知られていますが、コレステロールにも悪影響を与えます。タバコに含まれるニコチンが中性脂肪の合成を促しLDLコレステロールを増加させます。また、タバコの本数が増えるほど、それに比例してLDLコレステロールは増えると言われています。

(5)お酒の飲み過ぎ

過度にアルコールを摂り過ぎると、中性脂肪が増えてしまいHDLコレステロールが減少して、LDLコレステロール値が上がります。

(6)加齢

コレステロールは加齢とともに溜まっていきやすいです。これは、加齢によって代謝が落ちてくるためで、体外に脂肪を放出する力が衰えるからです。

(7)遺伝

家族からの遺伝でLDLコレステロール値が高くなる事があります。これを家族性高コレステロール血症といいます。両親もしくは父親・母親のどちらか一方からLDLコレステロール値が高くなる遺伝子を受け継いで発症します。

3)LDLコレステロールが高い場合の2つの症状とは

(1)肝機能の低下

肝臓はLDLコレステロールの影響をかなり受けるところで、生活習慣の乱れなどで更に肝機能が弱ってしまいます。

(2)血栓が出来やすい

体内で蓄積されたLDLコレステロールは、血流や血管壁などに溜まる事でコブのようになっていきます。これらが原因で血栓が出来てしまい、血液の流れが滞る事があります。

Doctor analyzing problem of her patient

4)LDLコレステロールが高い状態を放っておく4つのリスクとは

(1)動脈硬化

動脈硬化とは、文字通り「動脈が硬くなる」ことを言います。動脈が硬くなると、しなやかさが失われてしまい血液がうまく送り出せなくなります。結果的に心臓に負担をかけてしまいます。

(2)狭心症

狭心症は心臓の血管が狭くなって血流の量が減ります。心筋が一時的に虚血状態になりますが、まだ血流があるので発作は2~5分、長くても10分程度で治まります。安静にして、落ち着くことが大事です。

(3)心筋梗塞

心筋梗塞は、心筋への血流が完全にストップしてしまう状態です。狭心症とは違って血流が途絶えてしまいますから、心筋の細胞は酸素不足で壊死してしまいます。最悪のケースの場合、心臓が止まって死亡します。

(4)脳梗塞

脳の血管に障害が起きる病気が脳梗塞です。血の固まりが詰まって血栓となって血液が流れなくなり脳の障害を引き起こします。脳梗塞には脳の血管自体に血栓が出来るものと、脳以外の場所で出来た血栓が血液の流れに乗って脳内の血管で詰まる場合の2種類があります。

5)LDLコレステロールを下げる2つの食材とは

(1)魚介類

魚にはEPAやDHAという多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。あじやいわし、さば、さんまといった青魚に特に多く含まれています。1日1食は食べるように心掛けましょう。

(2)食物繊維の多い野菜

食物繊維は胆汁酸の原料となりLDLコレステロールを下げる効果があります。ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、にんじんなどがあります。

Enjoying family dinner

6)LDLコレステロールを下げる3つの飲み物とは

(1)緑茶

緑茶に含まれるカテキンにLDLコレステロールを下げる効果があります。1日200mgのカテキン3回摂取すると良いでしょう。

(2)オレンジジュース

オレンジに含まれるイノシトールが血中のコレステロールを正常にしてくれる作用があります。果汁100%のオレンジジュースを1日200~300ml摂るといいでしょう。

(3)豆乳

豆乳の大豆タンパクにLDLコレステロールを下げる効果があります。ただし、大豆イソフラボンの過剰摂取で女性ホルモンが乱れるため飲む量には気をつけましょう。

7)高コレステロール予防の5つの生活習慣とは

(1)健康診断

コレステロール値が上がっても無症状のことが多いので、定期的に健康診断をすることをおすすめします。

(2)禁煙

禁煙することで、中性脂肪、LDLコレステロール値の増加を防げます。また、喫煙は様々な病気に関わっているので止めておきましょう。

(3)運動

コレステロール値を確実に下げるなら、有酸素運動が良いでしょう。ウォーキング、水泳、自転車こぎが適しています。

(4)食生活

動物性の脂肪分が入った食事を減らすことが大事です。例えば、おやつを洋菓子などのクリーム系から、和菓子のあんこに変えるという工夫があってもよいでしょう。

(5)睡眠

睡眠不足によるコレステロール増加を抑えるには、1日7時間程度の睡眠を取ることが必要だと言われています。現代社会では、難しいと思われますがなるべく7時間取るように心掛けましょう。



今回のまとめ

1)コレステロールの数値とは

2)LDLコレステロールが高い7大原因とは

3)LDLコレステロールが高い場合の症状とは

4)LDLコレステロールが高い状態を放っておく4つのリスクとは

5)LDLコレステロールを下げる2つの食材とは

6)LDLコレステロールを下げる3つの飲み物とは

7)高コレステロール予防の5つの生活習慣とは