カルテを確認している患者

足先が熱くて眠れないや、突然に足先や足裏が熱くなり驚いたことがある人もいると思います。この足先や足裏が火照る症状をバーニングフィート症候群といい原因は様々あげられますが、その多くは血流が悪くなることが原因と考えられています。 



足先が熱い原因って?注意したい4大原因と病気とは


1)どんな症状が現れる?足先が熱い場合の症状とは 

足先が熱くなる症状には、燃えるように熱かったり、長時間火照る症状が続くなどがあり、痛みや痒みを伴う場合もあります。酷い時には夜に眠れなくなる程の痛みや痺れもみられることがあります。 

2)足先が熱いのはなぜ?考えられる4大原因とは 

(1) 冷え 

冷えると足先も冷たくなるイメージがありますが、冷えにより血流が悪くなり足裏や足先に血が溜まり熱を発し熱くなることもあります。主に自律神経やホルモンの乱れから起こるとされています。 

(2) 高血糖・高血圧 

血糖値や血圧が高くなると様々な病気を招きます。よく耳にするのが糖尿病ですが、糖尿病になると血がドロドロになり末梢神経にまで血が行き渡らなくなる血行障害がおこったりもします。そのために足に血が溜まり熱くなるのです。 

(3) 自律神経の乱れ 

自律神経とは活動力を担う交感神経やリラックス作用のある副交感神経のことをいい、これらが交互に働き身体のバランスを保っています。ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れにより自律神経の働きにも乱れが生じホットフラッシュと呼ばれる足の火照りやイライラ、過呼吸、情緒不安定などの症状が現れます。 

(4) 眠気 

人の体温は起きている日中より寝ている夜の方が低くなります。それは体温が高いままだと寝つきがよくないために人の身体が眠る準備として行う体温調整であり、末梢神経という要は手足から熱が放出されるため一時的に手足が熱を持ちます。 

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは 

(1) 冷やす 

ホットフラッシュや就寝前の火照りの場合には冷やしてみるのも良いでしょう。しかし、原因が冷えの場合には逆効果になるので気をつけなければなりません。 

(2) 足を休ませる 

長時間の立ち仕事などにより浮腫みが出て足先が熱い時には、一旦作業を中止して足を休ませるようにすると良いでしょう。 

(3) 靴を履き替える 

靴のサイズが合っていなかったり、ひもを強く締め過ぎていると、浮腫みや血行不良を引き起こしてしまいます。足先に火照りを生じさせる原因となるので、サイズが合った靴に履き替えたり靴ひもを結び直すなどして調整しましょう。 

※上記はあくまでも対処方法となります。症状が続く場合は、自己判断をせずに速やかに専門医へ相談をしましょう 

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは 

以下の症状が多数みられる場合にはなんらかの病気の疑いもあるので病院に行き診てもらうことをおすすめします。

足に浮腫みがある・血糖値が高い・痒みや痛みがある・ストレスや疲労が蓄積している・めまいやふらつき

足の裏

5)病気の可能性とは?考えられる6種類の病気

(1) バーニングフィート(灼熱足)症候群 

足先や足裏が熱くなる火照りの症状を総じてバーニングフィート症候群と呼びます。比較的新しい呼び方で原因は自律神経失調症や血行障害など下記の病気を含み様々あります。 

(2) 自律神経失調症・更年期障害 

ストレスや更年期障害により自律神経やホルモンバランスが乱れホットフラッシュや情緒不安定、悪寒、体重の増加、足のむくみなど様々な症状を引き起こします。 

(3) 血行障害 

冷えや病気による血行障害や長時間の立ち仕事による浮腫みからくる血行不良によってバーニングフィート症候群が引き起こされる場合もあります。 

(4) レストレックス症候群 

レストレックス症候群はむずむず脚症候群ともいい、就寝前や座っているときなどに、むずむずと何とも言えない不快感を覚える病気のことです。症状は火照りの他、痒みや痛みなどもあります。 

(5) 熱中症・熱射病 

熱中症や熱射病の場合、体温を下げようと体内にこもった熱を主に手足から発散させようとするため一時的に手足が熱く感じられます。 

(6) 糖尿病 

糖尿病は血糖値が高くなる病気で全身の血管に影響を及ぼし、様々な合併症も引き起こします。その中には糖尿病性神経障害と呼ばれる神経性の疾患がありバーニングフィート症候群もこれにより起こる場合があります。 

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法 

(1) 検査方法 

内科、心療内科、整形外科などを受診します。検査は血液検査や尿検査など原因である病気に合わせた検査が行われます。 

(2)治療方法 

足先や足裏が熱くなるバーニングフィート症候群はまず原因を突き止めることから始まり、原因が断定できたら各原因への療法を行っていきます。また普段の生活から見直し生活習慣を改善していくことも必要となります。 

7)日常から改善を!足先が熱い症状への予防習慣とは 

(1) 足ツボやマッサージ 

足ツボやマッサージは血行を良くし、全身の疲れも取るので足先が熱くなることへの予防となります。 

(2) 外出の際など暖かくする 

寒い日などは特に足先を温かくして出掛けるようにすることで足先が熱くなることへの予防以外にも全身を温かくポカポカさせる効果もあります。 

(3) 入浴は湯船 

しっかり湯船に浸かることで全身を温め血行を良くしリラックス効果も期待できます。 

(4) 糖質や脂質を控える 

普段から血糖値に気をつけ糖質や脂質を控えるようにすることで糖尿病の予防やダイエットにも繋がります。 

(5) タバコを控える 

タバコは血流を悪くし足先や足裏を熱くさせたり様々な病院の原因となります。ですから吸う量を減らしたり可能であるなら禁煙することをおすすめします。 



今回のまとめ 

1)どんな症状が現れる?足先が熱い場合の症状とは 

2)足が熱くて寝れない?考えられる4大原因とは 

3)自分でできることは?症状へ試したい対処方法とは 

4)これって病気?病気かどうかのチェック・判断基準とは 

5)病気の可能性とは?考えられる6種類の病気 

6)症状が続く場合は注意!試される可能性のある検査・治療方法 

7)日常から改善を!足先が熱い症状への予防習慣とは