足の検査をしている医者

急に足の甲がつって動けなかったことはありませんか?ほんとにつらいですよね。でも対策については具体的に知らないことのほうが多いですよね。つる症状が続く場合は何らかの疾患のサインかもしれません。そんな方に足の甲がつる原因と対策を紹介します。



足の甲がつるのはなぜ?気になる5大原因と対処法とは


1)どんな症状が現れる?足の甲がつる場合の5つの代表的症状

(1)朝起きたときの一歩目に足の甲が痛い。

(2)歩いていると足の甲がだんだん痛くなってくる。

(3)小指と薬指の間ぐらいが痛い。

(4)じっとしていても痛い。

(5)足の甲がしびれている感覚がある。

2)なぜつってしまうの?足の甲がつる5大原因とは

(1)筋肉疲労

筋肉が疲労すると乳酸が溜まり、脳に送る電気信号に異常が生じます。すると筋肉の伸縮が上手くいかず、足の甲がつるのです。

(2)水分不足

運動で大量に汗をかいたり脱水症状が原因で足がつってしまうことがあります。体内の水分が不足することでカリウム・塩・カルシウムなどの筋肉を正常に働かせるイオンが無くなります。イオンが足りなくなると筋肉はけいれんを起こしやすくなります。こまめな水分補給を心がけましょう。

(3)栄養不足

栄養不足がこむら返りの原因になる場合もよくあり、筋肉を正常に働かせるのに必要なミネラル類のカルシウム・マグネシウム・カリウムが不足することでこむら返りを引き起こしやすくなります。バランスの良い食生活は日常的な予防になります。

(4)下半身の冷え

特に事務系の仕事をしている女性は、夏場のクーラーの効きすぎたオフィスなどで座りっぱなしだと足が冷えて血行不良になることによって、筋肉を緩めるための成分が不足し、筋肉が収縮しやすくなるので、こむら返りの原因になります。また座りっぱなしの状態から急に立ち上がったり、睡眠時に足がつったりするのは、冷えからくる血行不良が原因です。

(5)筋肉量の低下

運動不足や加齢により筋肉量が減ると血行が悪くなり、体内のめぐりも悪くなります。体内のめぐりが悪くなると、体のすみずみまで十分な栄養が運ばれないので、脳に信号を送る神経などが正常に働かなくなり、足がつりやすくなります。

Man having leg massage

3)試せる応急処置とは?つる症状への対処方法

(1)体の力を抜く

足がつると筋肉が硬直してしまうので、全身がこわばってしまいがちです。力を抜くようにリラックスさせましょう。

(2)ゆっくりストレッチ

痛みが治まったらゆっくりとストレッチをします。急にストレッチを始めると痛みをぶり返す場合があります。呼吸に合わせて無理なく伸ばし力を加えていきます。過度なストレッチと足首を回す程度にしましょう。

(3)ツボを押す

痛みが治まってきたら以下のツボを押してみましょう。委中(いちゅう)・承筋(しょうきん)・太衝(たいしょう)を押してみましょう。

(4)温める

血行不良が原因なのでお風呂に入った際に湯船に浸かり、冷え対策をしましょう。足湯も効果的です。

(5)食生活の改善

栄養バランスの偏りも関係してきます。ミネラルバランスとビタミンB1やタウリンの働きが欠かせません。普段の食生活を見直してみましょう。

(6)水分をよくとる

身体の電解質バランスを保つためには、水分の補給は不可欠です。特にスポーツをする方はナトリウムやマグネシウムなどを含むスポーツドリンクがおすすめです。また日常での水分補給は白湯がおすすめです。こまめな水分補給を心がけましょう。

4)症状が続く場合は病気の疑いが?考えられる4種類の病気

(1)閉塞性動脈硬化症

中年の男性に多いとされています。下肢の血液が詰まり血流が悪くなることが原因で足がつります。初期症状は下肢の冷えから始まり、次第に痛みを伴ってふくらはぎがつるこむら返りを頻繁に起こします。歩行困難になり、下肢の壊死を引き起こす可能性がありますので早めに病院を受診しましょう。

(2)椎間板ヘルニア

神経の圧迫により血液の循環を悪くさせ、足先への血流不足を招いて足がつるようになります。筋力の低下、足がつる、足のしびれ、などの症状があります。立っているだけでも辛いので普段の姿勢やゆがみには気を付けましょう。

(3)脊柱管狭窄症

腰の部分の脊柱間が細くなり、神経が圧迫される病気です。初期症状は残尿感や足がつったりします。高齢者が発症しやすいのが特徴です。

(4)橋本病

甲状腺機能低下による病気で、中年の女性に多い病気です。甲状腺ホルモンの分泌の減少により全身の倦怠感や肌荒れなど、血流障害が悪い時に足の指がつるという症状があらわれます。

group of happy doctors meeting at hospital office

5)治らない場合は専門家へ!病院で行うべき検査方法とは

(1)超音波

エコーといわれるもので、怪我をしている場合を特定します。整骨院などで見てもらえます。初診の場合、3割負担でおおよそ1000円前後です。

(2)レントゲン

骨折やヒビが入っていないかを検査します。初診の場合3割負担でおおよそ1000円前後です。

(3)血液検査

尿酸値や白血球の数値を調べます。痛風の場合は内科、皮膚炎の場合は皮膚科で診てもらいます。初診の場合治療費とあわせておおよそ5000円ほどかかるところが多いようです。

6)生活習慣から改善を!足の甲がつる症状への予防習慣

(1)運動の前後のストレッチ

運動の前にしっかりストレッチをして、筋肉をほぐしておくことが大切です。筋肉が緊張してこわばって硬い状態だと脳に信号を送る働きが乱れやすく、つりやすいと考えられます。

(2)水分・ミネラルなどの栄養補給

運動したあとはもちろん、夏場などの汗をかきやすいときは、水分補給をすることを心がけましょう。就寝中に足がつるという方も寝る前に水分補給を忘れずに。ミネラルをとれる食べ物として、カリウムを多く含むバナナや、マグネシウムを多く含むナッツ類などがおすすめです。ビタミンB1は糖質の代謝を助けて、疲労にも良いとされます。血行不良が原因で足の甲がつっている方ならビタミンEの摂取もおすすめです。モロヘイヤやカボチャに多く含まれます。

(3)冷やさない

毎日お風呂に入って体を温めることや寝る前にストレッチやマッサージをして血行をよくしましょう。疲労を貯めないためには大切です。

(4)適度な運動

普段から適度な運動により筋肉量を保つことが大切です。階段をのぼったり、軽いウォーキングも良いでしょう。年を取るにつれ筋肉量が減少するので、足の甲がつる方は膝から下のめぐりをサポートするふくらはぎの筋肉を中心に鍛えましょう。



今回のまとめ

1)どんな症状が現れる?足の甲がつる場合の5つの代表的症状

2)なぜつってしまうの?足の甲がつる5大原因とは

3)試せる応急処置とは?つる症状への対処方法

4)症状が続く場合は病気の疑いが?考えられる4種類の病気

5)治らない場合は専門家へ!病院で行うべき検査・治療方法

6)生活習慣から改善を!足の甲がつる症状への予防習慣