足の施術を行う整体師

足の指のしびれの大半は、血管が圧迫されたことによって生じる血行不良が原因となって発症します。しかし、足の指のしびれが長く続く場合、麻痺などの症状を伴っている場合は糖尿病や脳梗塞など、もっと重篤な病気が原因となっている場合があるので、注意が必要となります。



この足の指のしびれはなに?3大原因と病気の可能性とは


1)なぜしびれる?足の指のしびれの3大原因

(1)血行不良

なんらかの理由で血行が阻害されると、足の指などにしびれを感じることがあります。わかりやすい例でいうと、長時間正座をしたときなどがこれに該当します。大半は短時間で自然に回復しますが、長時間に渡ってしびれが取れない場合は早めに医師の診察を受けるようにしてください。

(2)神経障害

末梢神経が圧迫されて手足の指先にしびれが生じることがあります。どの部分がしびれているかによって、どの末梢神経が圧迫されているのかが判定できます。脊髄に障害が起き、指先のしびれの原因になることもあります。頸椎の変形、椎間板ヘルニアなどが原因となって神経が圧迫され、しびれが生じる場合もあります。

(3)脳などの疾患

脳梗塞や脳血栓が原因となってしびれが発生することがあります。こうしたしびれは慢性的であり、麻痺などの症状を伴っていることも多いです。手足や口がうまく動かない、長い期間にわたってしびれを感じ続けるなどの症状があった場合は早めに医師の診断を受けてください。

2)試せる処置はあるの?しびれへの対処方法とは

(1)マッサージ

しびれた部分をマッサージすることによって血行を促進し、しびれの症状が出る時間を短縮することが可能です。

(2)ストレッチ

しびれた部分を自分で動かせるようならば、そのままストレッチを行うのも効果があります。

(3)患部を温める

患部を温めることによって、血行を促進させます。

3)症状が続く場合は注意!しびれから考えられる6種類の病気

(1)脳梗塞

手足の麻痺(しびれや無感覚)で、片手、片足、片側手足、四肢など、脳梗塞が出来た部位によって、症状のあらわれ方が違ってきます。手や口に感覚障害があらわれた場合を「手口感覚症候群」と呼ぶ場合もあります。脳内の血管がつまることで脳細胞に血液が送られなくなり、脳細胞が壊死することによって起こります。

(2)閉塞性動脈硬化症

足の冷えとしびれからはじまり、歩いているときに次第にしびれ・痛みが増して歩行困難になっていきます。歩いているときの痛みは休憩によって改善され、また歩きはじめると痛み出します。動脈が硬化することで血流に障害が発生することが原因となります。喫煙習慣がある人の発症が顕著で、足だけに症状が現われた場合でも全身の各部位で動脈硬化が起こっている可能性が高いといわれています。

(3)パニック障害

極度の不安の前に手足のしびれを感じたり、不安感の後にしびれを感じることがあります。パニック障害の症状は多様であり病状が一定しないため、自己判断は難しいですが、強い不安感や恐怖感を伴うしびれの場合はパニック障害が原因であるとも考えられます。一旦発症すると繰り返し発症するようになる傾向がありますが、ストレスが少ない生活習慣などを心掛けることで改善された例もあります。

(4)糖尿病性ニューロパチー

手足の先にピリピリしたしびれがあらわれ、徐々に体の中心方向へとしびれが移行していきます。しびれが左右対称に起こるものを「多発性ニューロパチー」、左右バラバラに発症するものを「虚血性ニューロパチー」といいます。糖尿病の悪化による代謝障害が原因であり、末梢神経が侵されるために発症します。虚血性ニューロパチーは動脈硬化が原因となり、手足先の神経細胞に充分な血液が送られなくなることで発症します。どちらの場合も神経細胞の壊死が起こるため、早期に治療を行わないと下肢の切断などが必要になる場合があります。

(5)頸椎の変形・椎間板ヘルニア

加齢による頸椎の変形、椎間板ヘルニアなどが原因となって神経を圧迫し、足の指先などがしびれるこことがあります。

(6)モートン病・外反母趾

モートン病とは、靴が合わないなどで足の神経を圧迫して、足のしびれや痛みが起こる場合の病名になります。また女性に多いですが、合わない靴をはいて外反母趾になったときも、足の親指のあたりがしびれたり痛くなったりします。

Doctor and surgeon reading notes

5)まずは専門家へ受診を!しびれが続く場合にすべき検査方法

足の指のしびれのみが長く続く場合には、まずは整形外科で診断を受けてください。

(1)整形外科

ただし、麻痺などの症状も併発している場合は、そのまま神経内科かあるいは脳神経外科で診察を受けてください。足の指のしびれの原因となる疾患には多様な種類がありますから、そこでの診断結果によっては

(2)脳神経外科・神経内科(脳梗塞、脳血栓など)

(3)循環器科・心臓血管外科(閉塞性動脈硬化症など)

(4)内科・精神科・心療内科(パニック障害など)

(5)内科・神経内科(糖尿病性ニューロパチーなど)

などの専門医を紹介されることがあります。その後の治療にあたっても、担当した専門医の方針や指示に従ってください。

6)日常生活から改善を!足の指のしびれへの予防ポイントとは

(1)閉塞性動脈硬化症

適度な運動とバランスのよい食生活を心がけることによって、閉塞性動脈硬化症をある程度予防することができます。

(2)糖尿病

糖尿病には遺伝性1型と後天的な原因によって発症する2型とがあります。このうちの2型は、規則正しい生活をし、食生活を整え、必要以上のカロリーを取らないようにすることで予防することができます。

(3)椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアに関しては、普段から運動をする習慣をつけ、特に腹筋と背筋を同時に動かすことによって予防することができます。

(4)外反母趾やモートン病

足に負担をかけない靴に替えたり靴に足底パッドを敷くといった簡単なことが予防につながります。



今回のまとめ

1)足の指のしびれの大半は、血管が圧迫されたことによって生じる血行不良が原因になります。しかし、糖尿病や脳梗塞など、もっと重篤な病気が原因となっている場合があるので注意が必要です。

2)足の指のしびれは、血行不良、神経障害、脳などの疾患が原因となって生じます。

3)血行不良が原因の場合、マッサージをする、ストレッチをする、患部を温めるなどの方法によりしびれが回復する場合があります。

4)足の指のしびれは、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、パニック障害、糖尿病性ニューロパチー、頸椎の変形、椎間板ヘルニア、モートン病、外反母趾などが原因となって発症することがあります。

5)こうした重篤な病気が原因となっている場合があるので、足の指のしびれが長く続くときは早めに医師の診断を受けましょう。