考えている女性

かゆみがあったり、痛い水ぶくれは突然できると生活に支障をきたすこともありますね。放っておいて治りが遅くなるとシンアピになってしまうものです。今回は、足の指に水ぶくれが起きて痛い時の原因や考えられる病気、チリュ方法についてご紹介します。



足の指の水ぶくれが痛い・・!3大原因と適切な対処方法


1)気になる症状・・足にできる水ぶくれの3つの種類と特徴

(1)ウイルス性

ウイルス感染によりできる水ぶくれの代表される病気としては、水疱瘡が挙げられます。ウイルス性の水ぶくれが起こる時期としては、子どもの頃に足の裏や口の中にできることがありますので、発見された場合には早急に皮膚科を受診し、適切な治療を受けることをオススメします。

(2)緊満性水疱

この種類の水ぶくれは、水ぶくれの膜が厚くできており破れにくいという特徴があります。水ぶくれは、表皮と真皮の間にできるものとなっており比較的に深層にできる水ぶくれとなっており、皮膚炎を引き起こす原因となることがあります。

(3)弛緩性水疱

この種類の水ぶくれは、前述した緊満生水疱とは対照的に膜が薄く破れやすいものとなっております。また、皮膚の浅いところにできる水ぶくれとなっており水ぶくれができると表面が膨らむため発見をしやすいという特徴があります。

2)要チェック!足の指にできる水ぶくれの3大原因とは?

(1)靴擦れ

足の指にできる水ぶくれの原因の一つとして、靴擦れにより皮膚への刺激が水ぶくれとなって痛みやかゆみを生じさせることがあります。靴のサイズが合わず足がすれて起こる靴擦れですが、水ぶくれに触れることで痛みがあるのであれば靴擦れの可能性がありますので、早急に皮膚科を受診することをオススメします。

(2)水虫

足の指の水ぶくれがかゆみのみを発している場合には、足の指に水虫ができている可能性が高いとされています。また、足の指にかゆみを生じさせる要因として挙げられるあせもがありますが、あせもが発症している場合に、放置をすることによりカビの一種である水虫が繁殖しかゆみが出てきますので、その場合には皮膚科を受診することをオススメします。

(3)火傷

水ぶくれの原因として火傷が挙げられることがあります。火傷で水ぶくれができている場合には、皮膚の表面を火傷の傷口に細菌が入り込むことを防ぐためにできるものとなっていますので、潰して対処することは絶対に行わないようにしましょう。

3)応急処置を試そう!痛い水ぶくれへの対処方法

(1)流水冷却

水ぶくれが痛い場合に行うべき対処法の一つに、流水で傷口を洗い流して冷やすことが挙げられます。この応急処置に効果的な水ぶくれの種類としては、火傷となっており、水道水の流水で30秒~1分程を目安に洗い流すことで、傷跡として残らないような作用をしてくれるのでオススメとなっております。

(2)潰す

水ぶくれの応急処置の一つとして、潰すと治りが早くなるなどの民間療法があります。実際に、水ぶくれの傷に雑菌が残らないようにするためには効果的とされております。この場合の注意としては、潰すときには傷口を守っている水ぶくれの膜を失うことになるため、患部が完治するまで消毒をして絆創膏などでカバーをすることが大切なこととなっております。

(3)潰さない

経過観察の為にも、傷口を守っている水ぶくれを保持して自然に膜が取れるまで様子を見ることも正しい処置とされています。注意としては、日常的に清潔に保って迂闊に水ぶくれを破ることの無いように過ごし、靴擦れを起こした靴からスニーカーのようなきちんと履ける靴を使うようにして化膿などの二次感染に至る前に治すことをオススメします。

Men are receiving health diagnosis

4)症状が治まらない・・考えられる2種類の病気とは?

(1)水虫

水ぶくれができて真っ先に思い浮かぶものとして、水虫が挙げられるかと思われます。水虫とは、カビの一種に分類され水泡状の物体が足指の間や足裏にできかゆみや場合によっては痛みを伴う症状が現れることがあります。基本的に水虫のカビは移動することができないため、症状が広がることはありませんが皮膚組織の中へと侵入しリンパ液を体外へ放出して健康な皮膚組織に病気を発症させる原因となりますので、早急に皮膚科への受診をオススメします。

(2)掌蹠膿疱症

この病気は掌や足の裏に膿のある水ぶくれが慢性的に生じるものとなっております。感染症が原因というわけではなく、特定の原因がいまだに発見されていない水ぶくれとなっております。この病気が起こりやすい特徴の人としては、病巣感染症や喫煙をされている方などに多く発生するというものがあります。症状としては、赤みを持った水ぶくれが足の裏の特に土踏まずの部分に多くできるという直腸があります。

5)気になる場合は受診を!専門家でできる検査方法とは

(1)顕微鏡検査

水虫は先述したとおり、カビの一種とされているため水ぶくれを一度割ってから膿や傷口の表面の成分を顕微鏡で詳しく見ることで、カビ菌の有無を判断します。また、水虫以外が原因とされる病気であってもカビ菌がないことを確認するために行うことがあり、ほとんどの皮膚科で受けることが可能となっております。

(2)表皮観察検査

この検査方法は、皮膚の表面に荒れや汗疹がないかを検査するものとなっており、皮膚科を受診することで患部を魅せる際に医師が確認するため、異常があればそれに応じて貼薬や塗り薬を処方し対処することが可能となっております。

Stethoscope in hands

6)病気と診断されたら?行われる可能性のある治療方法

(1)ガーゼ補強

水ぶくれの治療方法として最も有効なものが、潰さず経過を見ることとされています。それをサポートするためにガーゼで、水ぶくれの表面を覆い完治するまで、清潔に保つことが重要なこととなっております。また、水虫の場合には靴下などが擦れることでかゆみや痛みを生じさせることがありますので、ガーゼを常に重ねておくことでそのような症状を緩和することが可能となっております。

(2)外用薬治療

この治療方法は、かゆみを生じさせる水ぶくれが発生した際に諸症状を抑える役割を持つ炎症止めに有効なものとなっております。植物性軟膏を塗ることで、炎症を和らげて皮膚を掻くことによる二次感染を予防することが期待できます。自己判断は大変危険ですので、水ぶくれを確認した場合には早急に皮膚科を受診し、適切な治療法を施してもらうことをオススメします。

7)生活から改善を!足の指の水ぶくれへの3つの予防習慣

(1)靴に気を付ける

水ぶくれの原因とされる靴擦れが起こらないように気を付ける点について、ご紹介させていただきます。靴のサイズが合わない靴を履いていると、土踏まずやつま先及び指の間などが擦れて水ぶくれとともに軽い傷となって痛みを引き起こすこともあるため、余裕を持った靴選びを行うことをオススメします。

(2)蒸れたらすぐに交換

靴下に湿気が溜まることにより足が蒸れ、水ぶくれのような荒れにつながることがあります。またストッキングなど、足を全部覆いつくすようなタイプのものを使用している場合には、靴下以上に湿度調整ができなくなるため、水ぶくれができている期間にはそのようなタイプの装着は避けることをオススメします。日頃より、足を清潔に保つため汗ばむ日などは定期的に履物を脱いで湿度を下げることを心がけましょう。

(3)睡眠習慣

睡眠習慣は、身体の調子を整えるとともに身体のけがなどを癒す目的がありますので、じっくり睡眠を摂ることで水ぶくれを完治させることを目指しましょう。また、毛布などで足まで覆うことで蒸れて水ぶくれを刺激することがありますので、寒い季節でない限り足を出して睡眠を摂ると予防にもなりますので、オススメとなっております。



今回のまとめ

1)気になる症状・・足にできる水ぶくれの3つの種類と特徴

2)要チェック!足の指にできる水ぶくれの3大原因とは?

3)応急処置!痛い水ぶくれへの対処方法

4)症状が治まらない・・考えられる2種類の病気とは?

5) 気になる場合に・・専門家でできる検査方法

6) 病気と診断されたら?行われる治療方法

7)生活から改善を!足の指の水ぶくれへの3つの予防習慣