足の施術を行うドクター

足の裏が痛い、足の裏が痛いのとあわせて痛み以外の症状も感じるので心配している。そのような方は自己判断せずに、病院受診して原因をハッキリさせた方が良いかもしれません。

今回は足の裏が痛い場合の原因・病気の可能性・治療方法などをお伝えします。



足の裏が痛い・・?5種類の病気の可能性と治療方法とは


1)足の裏が痛い2つの種類と症状の違い

(1)主に足を動かしたときに、足の裏に痛みを感じる場合

その痛みは、骨、筋肉、筋膜に起因している可能性が高いと思われます。

(2)何もしてなくても足の裏に痛みを感じたり、痛みに加えてしびれやほてりをともなう場合

その痛みは、内科系や循環器系の病気に起因している可能性が高いと思われます。

2)症状が続く場合に考えられる5種類の病気

(1)足底筋膜炎

足の裏の組織である足底筋膜が炎症を起こす病気です。足の指の付け根付近からかかとにかけて痛みを生じます。

走りを要求されるスポーツのし過ぎや、本来健康目的で行っているウォーキングのし過ぎ、毎日歩く量が多い方の歩き過ぎなどが原因になることが多いと言われています。

(2)痛風

血液中の尿酸値が高くなると発症する病気です。足の親指の付け根付近が痛くなります。男性が発症しやすいと言われています。

何もせず風が吹いただけでも痛むという例えから、痛風という病名が付いたと言われています。

(3)扁平足(へんぺいそく)

足の裏の土ふまずがあまりなく、足の裏がほぼ平らな状態を言います。足の裏全体に痛みを生じる場合があります。

(4)モートン病

足のつま先が長時間圧迫されたり、足のつま先に長時間負荷がかかると発症する可能性がある病気です。足の裏が痛いのに加えて、しびれやほてりを感じる場合があります。

ハイヒールを履く女性が発症しやすいと言われています。

(5)糖尿病性神経障害

糖尿病の合併症の1つです。足の裏が痛みに加えて違和感を生じる場合があります。

3)症状チェック!どのような症状が現れると病気を疑うべきか

(1)歩いたり走ったりすると足の裏が痛い

足底筋膜炎の疑いがあります。

(2)歩こうとし始める時に足の裏が痛いまた・歩く足を着地させる時に足の裏が痛い

足底筋膜炎の疑いがあります。

(3)何もしてないけど足の裏の親指の付け根が痛い・または足を少し動かすだけでも痛い

痛風の疑いがあります。

(4)強い痛みではないが足の裏に痛みを感じる・痛みとともにアキレス腱やくるぶしも痛い

扁平足の疑いがあります。

(5)足の中指や薬指の裏付近に痛みを感じる・加えてしびれやほてりを感じる

モートン病の疑いがあります。

(6)足の指の裏に痛みやしびれを感じる・加えて足の裏に虫が這っているような感じがする

糖尿病性神経障害の疑いがあります。

konzentrierte ärztin

4)症状が気になる場合にすべき検査方法とは

診療科目について、初診で何科にかかるべきかは症状によって迷うところですが、

第1選択は整形外科または一般内科を選ぶとよいでしょう。初診の診察内容によって、より専門の医療機関を紹介される場合があります。

(1)血液検査

血液検査の数値から、足の裏が痛い症状の原因がしぼりこめることが多く、有効な検査方法です。

(2)エコー検査

足の裏の痛い症状にもよりますが、レントゲン検査よりも、足底筋膜の詳しい状態がわかる場合があります。なお、足の裏の痛みに対してレントゲン検査も多く用いられると思います。

レントゲン検査では、主に骨の異常はわかりますが、病気の発見という点では、レントゲン検査は有効とは言えません。

5)症状が気になる場合にすべき治療方法とは

(1)薬物療法

内服薬や外用薬を用いる治療方法です。足の裏の痛い原因がどのような原因であっても、医師の診察や処方による薬であれば、有効に働く場合が多いです。

足の裏が痛い原因にもよりますが、痛みに対して対処するだけの(根本解決にはならない)薬物療法もあれば、原因となる病気を根本的に直す目的の薬物療法もあります。

(2)温熱療法

足の裏が痛い原因にもよりますが、足の裏や下半身を温めることで、足の裏が痛い症状の治療に有効な場合があります。

なお、理学療法は足の裏が痛い原因によっては、かえって逆効果になる場合があるので、医師に慎重に相談することをお勧めします。

手術についても同様で、手術しても足の裏の痛みが再発することや完治しないこともあるので、医師から手術を勧められた場合は、メリットとデメリットを医師に詳しく聞くことをお勧めします。

Doctors who have medical records and doctors have a tablet

6)治療後の2つの予後とは

(1)安静

症状や治療方法にもよりますが、医師より安静を求められることが多いです。安静にすることで、足の裏の痛みの再発を予防できます。

極力歩かない(=足の裏に負荷がかからない)ことを医師から求められる場合もあります。

(2)リハビリ

足の裏の痛みの症状や原因にもよりますが、治療後の状態が落ち着くと、リハビリによって歩行を再開して足の裏に痛みがないかを確認したり、足の裏に負荷のかからない歩き方の指導を受けたりする場合があります。

7)足の裏が痛い症状への予防ポイント

(1)適度に休養を取る

足の裏が痛い症状にもよりますが、多くは適度に休養を取ることが、予防ポイントとなります。足底筋膜炎やモートン病なども、適度に休養し、足を休めたりラクにすることで予防ポイントとなります。

痛風や糖尿病性神経障害なども、身体全体を休養させる(睡眠をきちんと取る)ことで、血液の値が改善に向かうこともあり予防ポイントとなります。

(2)食事内容に気をつける

足の裏が痛い症状にもよりますが、食事内容に気をつけることは足の裏が痛い症状への、予防ポイントと言えます。

特に痛風や糖尿病性神経障害などの予防は、生活習慣病を予防する食事内容(動物性の肉や脂分を控え、野菜を多めに接種する)にすることで症状の予防につながります。



今回のまとめ

1)足の裏が痛い2つの種類と症状の違い

2)症状が続く場合に考えられる5種類の病気

3)症状チェック!どのような症状が現れると病気を疑うべきか

4)症状が気になる場合にすべき検査方法とは

5)病状が気になる場合にすべき治療方法とは

6)治療後の2つの予後とは

7)足の裏が痛い症状への予防ポイント